おくすり.com

      L-リジン(育毛・ヘルペス予防)
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 
両方使ってます。半年ほどで効果は悪くないです。抜け毛は減りましたし、ミノキの効果か毛根もしっかりして薄かった後頭部を触ってもボリュームを感じます。

リジンについては個人的にリサーチして気になっていた栄養素で、くすりExさんからタイミングよくメールを受信して今回購入です。育毛以外にもメリットは高いと思いますので、毛髪への影響にこだわらず使ってみます。
20180302214012.gif 
★商品説明

【育毛・ヘルペス予防】L-リジンは必須アミノ酸の一種で、人体を構成するたんぱく質の生成に必要な栄養素で、【育毛】と【ヘルペス予防】に効果的と言われています。髪の成分であるたんぱく質も生成する作用により育毛に良い効果があることが分かり薄毛改善目的に使用されています。

有効成分:L-リジン1000mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

約20種類のアミノ酸が繋がったものがタンパク質で、身体の約20%を構成する重要な栄養素です。そのうち体内で作り出すことができない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といいます。

必須アミノ酸のひとつがL-リジンです。必須アミノ酸は食事など外部から摂取しなければ健康を保つことができません。

L-リジンは美容と健康に良い効果がたくさんあります。タンパク質の吸収を高めて身体を修復する作用があるため疲労やケガの回復効果があり、カルシウムの吸収も促進するので骨を丈夫にします。

ブドウ糖の代謝を良くするため集中力向上効果があります。肝臓では脂肪を消化するリパーゼの働きを促進するためコレステロール値の減少&肝機能アップ効果があります。

また、脂肪燃焼を助けるカルニチンの原料でもあるのでダイエットもサポートしてくれる効果があります。血圧を安定させるため脳卒中予防効果も゙あります。

ウイルス感染を予防し免疫力を上げる働きがあるため口唇ヘルペス予防効果があります。

口唇ヘルペスや性器ヘルペスの治療にはバルトレックスゾビラックスの服用が一般的です。

様々な効能の中で、近年では「脱毛症の改善効果」が特に注目されています。

研究の結果、男女共に薄毛・脱毛の治療にリジンの摂取がとても有効であることが証明されています。

髪の毛はたんぱく質であるケラチンでできているので、たんぱく質を生成するための成分はとても大切です。

L-リジンは単体でも育毛効果が期待できますが、ミノキシジル(日本での商品名はリアップです)などの育毛剤と一緒に服用&使用することでミノキシジルの吸収率が高まり育毛効果をより高めることができると言われています。


用法 
★用法

1日の摂取量の目安は成人の場合体重1kgあたり30mg程度とされています。例えば体重が60kgの人の場合は1800mgが必要になります。

育毛効果が出てくる量は1日500~1500mgと言われており、リジンは食事からも摂取できるので1日1回1錠(1000mg)が適量でしょう。

1日に10g、すなわち10錠以上のリジンを摂取し続けると胃痛や下痢などの副作用が起きる可能性があるので過剰な摂取はしないよう注意してください。

服用時間は特に決まりはありませんが、アミノ酸系のサプリメントは空腹時に服用する方が効果的と言われています。

食事と一緒に摂取するとほとんどがアルブミンというタンパク質の合成に使われてしまいリジンとしての効果が減ってしまうかもしれないからです。

また、寝る直前は胃の運動を活発にしてしまい不眠になる可能性があるので避けた方がいいでしょう。

リジンは肉類(中でも鶏肉)、魚介類、牛乳やチーズなどの乳製品、納豆や豆腐などの大豆製品、豆類に多く含まれています。

通常の食生活でリジンが大量に不足することはあまりありませんが、穀類にはあまり含まれていないので偏食気味の方は上記のような食事をバランス良く食べるようにしましょう。

リジンは制限アミノ酸といって体内の必要量に対して食品からの充足率が低いアミノ酸に分類されるため、通常の食生活であればリジンを過剰摂取するようなことは起こらず、逆に必要量に到達することは難しいです。

そこで不足分はサプリメントで補うといいでしょう。リジンが欠乏すると、疲労感、集中力低下、めまいや吐き気、貧血、目の充血などの症状が現れる可能性があります。

また、肝臓の機能が低下しコレステロールが増加しやすくなります。高齢者はより多くのリジンが健康な身体の維持のために必要です。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

リジンはアミノ酸の一種であり食事にも含まれている成分なので、基本的には副作用はないと言われています。

ただ上記に記載したように1日の摂取量を10倍など大幅に越える過剰摂取をすると下痢や胃痛など消化器系の副作用が出る可能性が高くなるので注意してください。

有効成分であるL-リジンそのものではなく、サプリメントの錠剤に含まれる添加物にアレルギーを起こす場合があります。服用して発疹、息苦しさ、下痢、胃痛、吐き気など異常な症状が出たら服用を止めてすぐ医師の診察を受けてください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      L-リジン(育毛・ヘルペス予防)
      Liv.52 DS (肝機能の強化)


★商品レビュー・体験談

S.jpg 
40代 男性
以前に、ここくすりのExpress様でシリアスジェネリックのチュアブルタイプ、ジマリス、スペマンを購入したものです。どの商品も期待以上の効き目に非常に満足し、今回はLiv.52DSを初めて購入しました。

くすりのExpress様からの購入は今回で4度目ですが、注文してから届くまで、かかっても10日程です。個人輸入特有の未着、偽物は無く、発注してからの商品追跡も非常に分かりやすく、到着まで安心して待つ事が出来ました。

Liv.52DSを購入のきっかけは、最近疲れが抜けにくく、特にお魚を飲んだ翌日は特に疲れが取れ難くなりました。市販の肝臓溶解物入りドリンクを飲んでたのですが、かなり高価で飲み続ける事が出来ません。そこでここをクリクリ。安価で効果は他商品で実績があるので即購入。効き目は今までよりは身体が軽い様な気がします。飲み続けて効果を実感したいと思います。

梱包も非常に丁寧で商品に箱つぶれ等の具合はありませんでした。
で、さっそく効果を確認するために彼女の元へ。

シアリスジェネリックを食事の2時間程度前に半錠ごっくん。多少お酒を飲みましたが問題なし。シアリスの正規品と変わらぬ効果に僕も彼女も大満足でした。

シアリスは持続時間が長いので、飲む時間を気にしないでいいのが助かります。また、食事の制限やアルコールなどの影響も受けにくいので本当に助かります。

美味しいものを食べて楽しく飲んで、それからしっぽりと激しく淫らに…またシアリス系は持続時間が長いので、翌朝も元気でした。

ジェネリックで個人輸入は最初は不安かも知れませんが、くすりのExpress様は大正解です。悩んでいるなら、皆さんも一度お試し下さい。
論より証拠です。

私もまたお世話になるつもりです
20180302214012.gif 
★商品説明

アルコールの飲みすぎで肝臓が弱っている人、ウイルス性肝炎のキャリア、慢性の食欲不振の人などの肝機能の強化が期待できます。

有効成分:ケッパー・チコリ・イヌホオヅキ・アルジュナ・ヤロウ・ハブソウ・タマリスク


20180302214108.gif 
★効果・効能

ヒマラヤハーブの人気商品『Liv.52 DS(肝臓サポート)』は、インド薬学で肝機能の向上に用いられてきた天然ハーブを配合したサプリメントです。

肝機能が低下すると、身体のだるさや疲労感、二日酔いしやすい、下半身がむくむ、などの症状がでてきます。 Liv.52DSはこのような症状を改善するためのサプリメントです。

アルコールの飲みすぎで肝臓が弱っている人、ウイルス性肝炎のキャリア、慢性の食欲不振の人などの肝機能の強化が期待できます。

すべて自然な成分のみが配合されており、副作用の心配や現在服用している薬との飲み合わせの心配がありません。

アーユルヴェーダはインドで5000年以上の長い歴史を持つ伝統的な医学療法です。病気の治療だけでなくその予防や根本的な原因の除去、また健康や美容の維持や増進にも重点を置いている医学療法で、WHO(世界保健機構)からも認可されています。

また、アーユルヴェーダに基づいて行われる治療は全て天然成分であるため、一般的な医薬品と比較すると身体に優しく安全性が高いです。

インドの有名サプリメントメーカーであるヒマラヤ社はアーユルヴェーダに基づいた天然ハーブ・サプリメントを非常に多く製造しています。それらは全て、様々な症状や悩みの改善・予防、美容や健康の維持・より良くするための天然成分を厳選して安全に配合されています。

Liv.52 DSもヒマラヤ社から販売されているアーユルヴェーダに基づくサプリメントで、肝臓にとても良い効能があります。 Liv.52 DSにはケッパー・チコリ・イヌホオヅキ・アルジュナ・ヤロウ・ハブソウ・タマリスクなどの天然ハーブが配合されています。

肝臓を保護し、肝細胞の再生を促しながら肝機能を正常に戻すよう働きかける作用があると言われています。

Liv.52 DSにはウイルス性肝炎、アルコール性肝疾患、食欲が低い方や拒食症に悩んでいる方、早期肝硬変および放射線療法による肝臓損傷、黄疸、体力回復などに対する改善効果が期待できます。飲みすぎや食べすぎによる肝機能低下にも有効です。


用法 
★用法
  • ケッパー・チコリ・イヌホオヅキ・アルジュナ・ヤロウ・ハブソウ・タマリスクなどの天然ハーブが配合されています。
  • ケッパー: 抗酸化力をもつポリフェノールを含んでいます。肝機能を向上させ、血栓を防ぐ効果があると言われています。
  • チコリ: 肝機能を促進し、デトックスします。利尿作用、消炎作用があり、尿酸や老廃物の排泄を促進します。
  • イヌホオズキ: 肝機能の向上と血液浄化の作用があるといわれています。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

Liv.52 DSを通常成人は1日2回朝晩などに各1錠を服用します。食前など空腹時服用を推奨しますが、食後でも特に問題ありません。

速効性はなく長期間服用することで効果を発揮するため、毎日継続的に服用することを推奨します。

Liv.52 DSは全て天然成分であるため副作用は基本的にありませんが、万が一服用後に何らかの身体の異常をきたしたら服用を中止してすぐ受診してください。

食物をはじめ何らかのアレルギー体質の方、サプリメントで副作用が起きたことがある方はLiv.52 DSの服用に慎重な注意が必要です。 妊娠中・授乳中の方は禁忌ではありませんが服用を控えることを推奨します。

併用禁忌の薬剤やサプリメントはありませんが、併用薬がある方は念のため医師か薬剤師に相談してください。 肝臓は沈黙の臓器と言われていて、初期は自覚症状に乏しいです。

症状が強くなった時には肝機能がかなり悪化していることが多いので、早期発見・早期治療を強く推奨します。 食欲不振・むくみ・黄疸などをはじめ何かしら気になる症状があれば、出来る限り早めに医師の診察を受けてください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      Liv.52 DS (肝機能の強化)
      Liv.52 HB (慢性肝炎)
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 

20180302214012.gif 
★商品説明

インド薬学でB型肝炎による肝機能の低下を改善する、天然成分のみを配合したサプリメントです。

有効成分:ナット草、エッジ


20180302214108.gif 
★効果・効能

ヒマラヤハーブの人気商品『Liv.52 HB(肝臓サポート)』は、インド薬学でB型肝炎による肝機能の低下を改善する、天然成分のみを配合したサプリメントです。

B型肝炎は最近は母子感染や医療事故による感染はほとんどなくなりました。大人になってからの感染の多くが性行為による感染です。

感染しても無症状か一過性の急性肝炎を起こすだけの場合がほとんどです。急性肝炎は自然に治り、体内のウィルスも免疫機能で排斥されます。

しかし最近は3~5%の人が慢性肝炎に移行する欧米型のB型肝炎ウイルスが増えているので注意が必要です。


用法 
★用法
  • 急性肝炎の際は、3ヶ月~6ヶ月程度服用することをオススメします。
  • 天然成分配合のため、副作用もなく安心してご使用できます。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

ヒマラヤハーブ配合天然サプリメントの基礎となる「アーユルヴェーダ」をご存知ですか?インドはサプリメントやヨガ、エステ、デトックスなどの技術が日本でも有名ですが、アーユルヴェーダは非常に長い歴史を誇るインドの伝統医学の根本的な基礎です。

アーユルヴェーダは治療だけでなく予防医学にも重点をおいた医学で、体に優しい天然のハーブ成分により健康を促進します。アーユルヴェーダの考えでは、人間が急に体調を崩したり病気になることはなく、病気と健康は深く繋がっています。

アーユルヴェーダでは、病気や症状を緩和するだけでなく、予め予防することを前提に適切なハーブが調合されているため、病気や症状の改善、予防、慢性化の防止が期待できます。医薬品と比較して心身に優しいのもアーユルヴェーダがベースとなったヒマラヤハーブ・サプリメントの特徴です。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      Liv.52 HB (慢性肝炎)
      Lカルニチン(脂肪燃焼)


★商品レビュー・体験談

S.jpg 
サプリみたいな大きさのタブレットにびっくりでしたが、ジム前にのんでます

効果はあるのかないのかわからないですが、モチベーションのためにのんでます

リピーターはしないかも
20180302214012.gif 
★商品説明

L-カルニチンは脂肪燃焼効果があるので、ダイエットをサポートしてくれるサプリメントとして有名です。

カルニチンが体内に豊富に存在すれば蓄えてある脂肪が燃焼しやすい状態に なるのでダイエット効果が上がり、また脂肪が身体に付きにくくなって太りにくい体質へ導いてくれます。

体内でも合成できるアミノ酸ですが、個人差があることと、合成量は加齢とともに減少していくので、補充するためのサプリメントとして幅広い人気があります。

まずは脂肪燃焼のメカニズムですが、体内の脂肪が燃える時はまず中性脂肪が分解されて遊離脂肪酸に変化します。

遊離脂肪酸は血液に乗って体内の細胞を巡り、細胞内のミトコンドリアに取り込まれてエネルギーに変化します。

カルニチンは、遊離脂肪酸がミトコンドリアに入る時に必要なアミノ酸です。よってカルニチンが体内に多く存在すれば、より多くの脂肪を燃やせるようになるのです。

また、ミトコンドリアの代謝を活性化することで様々な細胞も活性化し、脂肪燃焼効果の他にも記憶力の増強や脳の老化防止、疲労感やだるさの解消、高脂血症を予防・改善、運動能力、免疫力アップ、不妊の改善など様々な魅力的な効果があります。

カルニチンにはLカルニチン以外にもレボカルニチン、DL-カルニチンなど種類があり、Lカルニチンに特に大きな脂肪燃焼効果があります。


20180302214108.gif 
★効果・効能

カルニチンは体内で必須アミノ酸(リジン・メチオニン)を材料に体内で生成されるアミノ酸 です。体内に十分に存在すると脂肪の燃焼を助ける作用によるダイエット効果があるので、 不足分を補うためのサプリメントとして広く人気があります。 エムキュア社が販売するLカルニチンの量は1錠につき330mgです。

有効成分:Lカルニチン330mg


用法 
★用法

Lカルニチンを服用するタイミングは基本的にいつでも構いませんが、脂肪燃焼効果を高めるためには、脂肪燃焼の引き金となる運動(特に有酸素運動)を開始する30分〜60分くらい前に服用しておくのが理想的です。

食事やアルコールもサプリメントの効果に関して影響がないので気にしなくていいですが、ダイエット目的の場合は脂っこい食事や食べ過ぎ、飲み過ぎは本末転倒になるので適度な量にしてください。

1日用量は500〜1000mgまでなので、ご自身の状態に合わせて適宜増減して頂いて問題ありません。継続的に摂取するとだんだんと効果が現れてくるサプリメントなので、毎日の地道な継続服用がダイエットの近道です。

また、毎日同じ時間帯に服用するほうが体内のカルニチンの量を一定で安定させることができるので、できればそのような服用を心がけましょう。

たくさん服用したからといって効果が比例して大きくなるわけではなく、余剰分は尿中に排出されるだけなので注意してください。初めは1回1錠から始めて様子を見ることをお勧めします。

重要なのは、Lカルニチンはダイエットをサポートしてくれるサプリメントですが服用するだけで痩せるというものではありません。

脂肪燃焼を始める合図がなければカルニチンがどんなに多く存在しても最初のステップである中性脂肪の分解が始まらないので意味がありません。

摂取カロリー < 消費カロリーという状態になった時、身体は蓄えてある脂肪を燃やしてエネルギーを作ろうとします。

そこからがカルニチンの出番になります。そのため、カルニチンを服用していても食事制限や運動といったダイエットの併用が必要です。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

カルニチンは体内でも合成できて食事からも摂取できる物質なので、安全性は高いです。

そのためサプリメントで摂取しても、副作用が出る可能性はごく低いです。

カルニチンによる重大な副作用が起きたという話は今のところありませんが、過剰摂取をすると胃や腎臓に負担がかかります。

そのため下痢や腹痛などの副作用が起きる可能性があるので、服用は必ず決められた用量内におさえてください。

また、夜寝る前に服用すると、細胞が活性化するためか寝つけなくなる人も稀にいるようなので、体質にもよりますが就寝前はあまり摂取しないほうが賢明かもしれません。

また、Lカルニチンそのものではなく錠剤を作っている成分に対してアレルギーを起こす場合がごく稀にあります。万が一服用後に身体におかしな症状が現れた場合、服用を中止し医師の診察を受けてください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      Lカルニチン(脂肪燃焼)
      PABA100mg(飲む美容ビタミン)


★商品レビュー・体験談

S.jpg 
日焼け止めでよくかぶれるので日焼け止め選びは大変で去年飲む日焼け止めを知りました。
今年2年目の使用ですが日焼けしにくいことを実感したのでマイブームになってます。美容家の方も愛用しているらしくてじわじわと人気が出ているそうです。
ビタミンBのサプリや食べものと一緒に摂取すると効果が高まるそうです。
いち早く取り入れていた美容マニアの友達は以前海外で買ってきていたそうですが最近は国内で買えるから便利だよねと言ってました。
20180302214012.gif 
★商品説明

ソースナチュラル社が開発したPABA100mg(シミくすみ防止)は、紫外線ケアに効果のある「飲む日焼け止め」です。ビタミンBの一種である葉酸を構成するパラアミノ安息香酸が100mg配合されています。飲みながらシミやくすみを防止して、手軽にUVケアができるお薬です。

有効成分:カルシウム 53mg, PABA 100mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

PABAは世界中で使用される、紫外線や日焼けによるシミ・クスミを防止する『飲む美容ビタミン』です。

日差しの非常に強いオーストラリアなどでは必須のサプリメントで、国内でもUVケア、美肌にお使いいただけます。

PABAとは、パラアミノ安息香酸を略した名称で、ビタミンBの一種の「葉酸」を構成する成分です。

PABA(パラアミノ安息香酸)は、食物では肉類や穀物系に含有量が多いビタミンB群の1種で、体内から日焼けによる紫外線ダメージを防止する効果が注目され、「飲む」日焼け防止、紫外線(UVケア)として多くのユーザーに愛されている商品です。

PABAは、紫外線が皮膚を経由して体内に入ってくる際に紫外線を吸収して、阻害することで効果的にUVケアを行います。米国のFDA(米国食品医薬品局)が効果と安全性を認めた唯一の『日焼け止め・UVケアビタミン』です。

特に米国ではFDAの認可の効果もあり、飲むUVカットサプリメントとして人気の商品です。PABAはオーストラリアなど紫外線が強い地域に居住の住民にも推奨されるほどの効果で、日焼け防止のクリームにも配合されている成分です。


用法 
★用法

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分




SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      PABA100mg(飲む美容ビタミン)