おくすり.com

 
20180302214033.gif
★商品レビュー・体験談

20180302214012.gif 
★商品説明
アレグラ錠と同成分のフェキソフェナジン塩酸塩を含有した内服薬です。マスクとのセット商品もあります。

Fexadyne(フェクサディン)
Fexadyne(フェクサディン)は、抗ヒスタミン薬です。日本国内で承認されているアレグラ錠と同じ有効成分のフェキソフェナジン塩酸塩を含有しています。

Fexadyneは、鼻水、くしゃみ、湿疹、かゆみなどのアレルギー症状を抑える薬です。

Fexadyneに含有されている有効成分のフェキソフェナジン塩酸塩は、アレルギー反応に関与する物質であるヒスタミンのヒスタミン受容体への結合を抑え、鼻水・くしゃみ・湿疹・かゆみなどの各種アレルギー症状を改善します。

フェキソフェナジン塩酸塩は抗ヒスタミン成分の中でも、第二世代に分類されるため、第一世代に比較して副作用は少ないのが特徴です。アトピー咳嗽や咽頭アレルギーなどの慢性咳嗽に特に高い有効性を示します。

ブレマスク
ブレマスクは、高水準のナノファイバーを採用した高性能マスクです。花粉や黄砂、微細なほこり、タバコの煙から、しっかりと守るのが特徴です。

■強いフィルタリング力
超微細なほこりの流入を99%、物理的な方法でブロックします。花粉はもちろん、黄砂や微細なほこりからしっかりと守ります。

■通気性が良好で、快適な呼吸
内部の空気を効果的に排出するため、長時間着用しても不快感がありません。また、マスク内部の水分を維持するため、呼吸器の保護にも適しています。アウトドアやスポーツ時での着用も快適です。

■銀ナノカプセルの抗菌力
アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)に登録された銀ナノ成分を含有しているため、細菌、有害感染菌に対して99%の抗菌力を発揮します。同時に、不快な臭いを除去して、清潔に保ちます。

■3D立体設計
マスクと唇とのスペースを確保しているので、呼吸が楽にでき、口紅が落ちません。

ほとんどの花粉は20~50mcm程度の大きさです。ブレマスクのナノファイバーフィルター孔径は、約0.05~0.1mcmのため、花粉はもちろん、黄砂や微細なほこり、タバコの煙からしっかりと守ることができます。

20180302214108.gif 
★効果・効能
Fexadyne(フェクサディン)
アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒

ブレマスク
花粉、黄砂、微細なほこり、タバコの煙から守る高水準のナノファイバーを採用した高性能マスクです。

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

用法 
★用法
Fexadyne(フェクサディン)
通常、成人にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回60mg(120mg錠の場合:0.5錠、180mg錠の場合:0.33錠)を1日2回経口投与する。
なお、症状により適宜増減する。

ブレマスク
ゴムひもで固定し、鼻、口、顎を覆ってください。特に鼻と口の両方を確実に覆うように注意してください。
鼻の部分を押さえてフィットするよう調節してください。
隙間がないように調整してください。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
さらに詳しくは、商品画像をクリックしてご確認下さい。

おお 
★購入・送料無料
 
20180302214033.gif
★商品レビュー・体験談

20180302214012.gif 
★商品説明
アタカンド(Atacand)は、カンデサルタンを主成分とする、血圧を下げる薬です。主に高血圧症や腎実質性高血圧症に用いられます。血圧を適正に維持することで、脳卒中や心臓病、腎臓病を予防します。

アタカンドの主成分カンデサルタンは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡと呼ばれる体内の物質の生成を抑えることで、血管を拡張し、また水分や電解質を調整して血圧を下げます。このためカンデサルタンは、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤とも呼ばれています。

カンデサルタンは、副作用も比較的少ないため、長期維持療法に適しています。持続性があるので、1日1回の服用で済むのも長所の一つです。

20180302214108.gif 
★効果・効能
高血圧症、腎実質性高血圧症

用法 
★用法
高血圧症
通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして4mg~8mg(4mg錠1~2錠、8mg錠0.5~1錠、16mg錠0.25~0.5錠)を経口投与し、必要に応じ12mg(4mg錠3錠、8mg錠1.5錠、16mg錠0.75錠)まで増量します。ただし、腎障害を伴う場合には、1日1回2mg(4mg錠0.5錠、8mg錠0.25錠、16mg錠0.13錠)から投与を開始し、必要に応じ8mg(4mg錠2錠、8mg錠1錠、16mg錠0.5錠)まで増量します。

腎実質性高血圧症
通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして2mg(4mg錠0.5錠、8mg錠0.25錠、16mg錠0.13錠)から経口投与を開始し、必要に応じ8mg(4mg錠2錠、8mg錠1錠、16mg錠0.5錠)まで増量します。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
さらに詳しくは、商品画像をクリックしてご確認下さい。

おお 
★購入・送料無料

20180302214033.gif
★商品レビュー・体験談

20180302214012.gif 
★商品説明
ビブラマイシンジェネリックは、テトラサイクリン系の抗生物質です。有効成分のドキシサイクリンを含有しています。

ビブラマイシンジェネリックは、細菌を殺して、感染を治療します。

ビブラマイシンジェネリックに含有されている有効成分のドキシサイクリンは、細菌のたんぱく質合成を阻害します。グラム陽性菌およびグラム陰性菌をはじめ、クラミジア属などに対して広く抗菌作用を発揮する薬剤です。

20180302214108.gif 
★効果・効能
適応菌種
ドキシサイクリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、炭疽菌、大腸菌、赤痢菌、肺炎桿菌、ペスト菌、コレラ菌、ブルセラ属、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、クラミジア属

適応症
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、尿道炎、淋菌感染症、感染性腸炎、コレラ、子宮内感染、子宮付属器炎、眼瞼膿瘍、涙嚢炎、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、中耳炎、副鼻腔炎、歯冠周囲炎、化膿性唾液腺炎、猩紅熱、炭疽、ブルセラ症、ペスト、Q熱、オウム病

用法 
★用法
通常成人は初日ドキシサイクリン塩酸塩水和物として1日量200mg(2錠)を1回又は2回に分けて経口投与し、2日目よりドキシサイクリン塩酸塩水和物として1日量100mg(1錠)を1回に経口投与する。
なお、感染症の種類及び症状により適宜増減する。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
さらに詳しくは、商品画像をクリックしてご確認下さい。

おお 
★購入・送料無料

20180302214033.gif
★商品レビュー・体験談

20180302214012.gif 
★商品説明
サムスカジェネリックのTvaptanは、トルバプタンを有効成分とする利尿剤のサムスカのジェネリック医薬品です。

有効成分が肝臓に作用することによって、体内の余分な水分を排泄し体のむくみを改善してくれます。

サムスカジェネリックのTvaptanは、従来型の利尿剤と異なり、ナトリウムなどの電解質排泄を増やさずに水分のみを排泄する効果があります。

腎臓に作用して尿量を増やし、体内の余分な水分を排泄することにより、体のむくみをとります。通常、他の利尿剤で治療しても体のむくみに対する効果が不十分な場合に、他の利尿剤に併用して用いられます。

Tvaptanは、トルバプタン15mg・30mgの2種があります。

20180302214108.gif 
★効果・効能
(サムスカジェネリック)Tvaptan 15mg
ループ利尿薬等の他の利尿薬で効果不十分な心不全における体液貯留
腎容積が既に増大しており、かつ、腎容積の増大速度が速い常染色体優性多発性のう胞腎の進行抑制

(サムスカジェネリック)Tvaptan 30mg
腎容積が既に増大しており、かつ、腎容積の増大速度が速い常染色体優性多発性のう胞腎の進行抑制

用法 
★用法
(サムスカジェネリック)Tvaptan 15mg
心不全における体液貯留の場合
通常、成人にはトルバプタンとして15mg(1錠)を1日1回経口投与する。

常染色体優性多発性のう胞腎の進行抑制の場合
通常、成人にはトルバプタンとして1日60mg(4錠)を2回[朝45mg(3錠)、夕方15mg(1錠)]に分けて経口投与を開始する。1日60mg(4錠)の用量で1週間以上投与し、忍容性がある場合には、1日90mg(6錠)[朝60mg(4錠)、夕方30mg(2錠)]、1日120mg(8錠)[朝90mg(6錠)、夕方30mg(2錠)]と1週間以上の間隔を空けて段階的に増量する。なお、忍容性に応じて適宜増減するが、最高用量は1日120mg(8錠)までとする。

(サムスカジェネリック)Tvaptan 30mg
常染色体優性多発性のう胞腎の進行抑制の場合
通常、成人にはトルバプタンとして1日60mg(2錠)を2回[朝45mg(1.5錠)、夕方15mg(0.5錠)]に分けて経口投与を開始する。1日60mg(2錠)の用量で1週間以上投与し、忍容性がある場合には、1日90mg(3錠)[朝60mg(2錠)、夕方30mg(1錠)]、1日120mg(4錠)[朝90mg(3錠)、夕方30mg(1錠)]と1週間以上の間隔を空けて段階的に増量する。なお、忍容性に応じて適宜増減するが、最高用量は1日120mg(4錠)までとする。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
さらに詳しくは、商品画像をクリックしてご確認下さい。

おお 
★購入・送料無料
 
20180302214033.gif
★商品レビュー・体験談

20180302214012.gif 
★商品説明
本剤「コンコール」は薬効成分「ビソプロロールフマル酸塩」を含有する、心臓を休ませ血圧を下げる薬です。
「コンコール」は心臓の働きを活発にするホルモンであるカテコールアミンが心臓の特定部位であるβ受容体に結びつくのを遮断することにより、脈の乱れを整えたり、心臓の収縮をゆっくりさせて血圧を下げたり、心筋の酸素の需要を減らし狭心症の発作を予防したりします。
「コンコール」は、1日1回の投与で24時間効果が持続し、肝臓・腎臓の2ルートでバランスよく代謝されるという特徴をもっています。
日本でも承認されている「メインテート錠」は、0.625mg、2.5mg、5mgとありますが、こちらの「コンコール」は同薬効成分「ビソプロロールフマル酸塩」を5mg含有しています。

20180302214108.gif 
★効果・効能
●本態性高血圧症(軽症~中等症)
●狭心症
●心室性期外収縮
●次の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害薬又はアンジオテンシンII受容体拮抗薬、利尿薬、ジギタリス製剤等の基礎治療を受けている患者
虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全
●頻脈性心房細動

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

用法 
★用法
●本態性高血圧症(軽症~中等症)、狭心症、心室性期外収縮
通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、5mg(1錠)を1日1回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

●虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全
通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、1日1回0.625mg(0.125錠)経口投与から開始する。
1日1回0.625mg(0.125錠)の用量で2週間以上経口投与し、忍容性がある場合には、1日1回1.25mg(0.25錠)に増量する。
その後忍容性がある場合には、4週間以上の間隔で忍容性をみながら段階的に増量し、忍容性がない場合は減量する。
用量の増減は1回投与量を0.625、1.25、2.5、3.75又は5mgとして必ず段階的に行い、いずれの用量においても、1日1回経口投与とする。
通常、維持量として1日1回1.25~5mg(0.25~1錠)を経口投与する。
なお、年齢、症状により、開始用量は更に低用量に、増量幅は更に小さくしてもよい。
また、患者の本剤に対する反応性により、維持量は適宜増減するが、最高投与量は1日1回5mg(1錠)を超えないこと。

●頻脈性心房細動
通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、1日1回2.5mg(0.5錠)経口投与から開始し、効果が不十分な場合には1日1回5mg(1錠)に増量する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、最高投与量は1日1回5mg(1錠)を超えないこと。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
さらに詳しくは、商品画像をクリックしてご確認下さい。

おお 
★購入・送料無料