おくすり.com

      L-リジン(育毛・ヘルペス予防)
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 
両方使ってます。半年ほどで効果は悪くないです。抜け毛は減りましたし、ミノキの効果か毛根もしっかりして薄かった後頭部を触ってもボリュームを感じます。

リジンについては個人的にリサーチして気になっていた栄養素で、くすりExさんからタイミングよくメールを受信して今回購入です。育毛以外にもメリットは高いと思いますので、毛髪への影響にこだわらず使ってみます。
20180302214012.gif 
★商品説明

【育毛・ヘルペス予防】L-リジンは必須アミノ酸の一種で、人体を構成するたんぱく質の生成に必要な栄養素で、【育毛】と【ヘルペス予防】に効果的と言われています。髪の成分であるたんぱく質も生成する作用により育毛に良い効果があることが分かり薄毛改善目的に使用されています。

有効成分:L-リジン1000mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

約20種類のアミノ酸が繋がったものがタンパク質で、身体の約20%を構成する重要な栄養素です。そのうち体内で作り出すことができない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といいます。

必須アミノ酸のひとつがL-リジンです。必須アミノ酸は食事など外部から摂取しなければ健康を保つことができません。

L-リジンは美容と健康に良い効果がたくさんあります。タンパク質の吸収を高めて身体を修復する作用があるため疲労やケガの回復効果があり、カルシウムの吸収も促進するので骨を丈夫にします。

ブドウ糖の代謝を良くするため集中力向上効果があります。肝臓では脂肪を消化するリパーゼの働きを促進するためコレステロール値の減少&肝機能アップ効果があります。

また、脂肪燃焼を助けるカルニチンの原料でもあるのでダイエットもサポートしてくれる効果があります。血圧を安定させるため脳卒中予防効果も゙あります。

ウイルス感染を予防し免疫力を上げる働きがあるため口唇ヘルペス予防効果があります。

口唇ヘルペスや性器ヘルペスの治療にはバルトレックスゾビラックスの服用が一般的です。

様々な効能の中で、近年では「脱毛症の改善効果」が特に注目されています。

研究の結果、男女共に薄毛・脱毛の治療にリジンの摂取がとても有効であることが証明されています。

髪の毛はたんぱく質であるケラチンでできているので、たんぱく質を生成するための成分はとても大切です。

L-リジンは単体でも育毛効果が期待できますが、ミノキシジル(日本での商品名はリアップです)などの育毛剤と一緒に服用&使用することでミノキシジルの吸収率が高まり育毛効果をより高めることができると言われています。


用法 
★用法

1日の摂取量の目安は成人の場合体重1kgあたり30mg程度とされています。例えば体重が60kgの人の場合は1800mgが必要になります。

育毛効果が出てくる量は1日500~1500mgと言われており、リジンは食事からも摂取できるので1日1回1錠(1000mg)が適量でしょう。

1日に10g、すなわち10錠以上のリジンを摂取し続けると胃痛や下痢などの副作用が起きる可能性があるので過剰な摂取はしないよう注意してください。

服用時間は特に決まりはありませんが、アミノ酸系のサプリメントは空腹時に服用する方が効果的と言われています。

食事と一緒に摂取するとほとんどがアルブミンというタンパク質の合成に使われてしまいリジンとしての効果が減ってしまうかもしれないからです。

また、寝る直前は胃の運動を活発にしてしまい不眠になる可能性があるので避けた方がいいでしょう。

リジンは肉類(中でも鶏肉)、魚介類、牛乳やチーズなどの乳製品、納豆や豆腐などの大豆製品、豆類に多く含まれています。

通常の食生活でリジンが大量に不足することはあまりありませんが、穀類にはあまり含まれていないので偏食気味の方は上記のような食事をバランス良く食べるようにしましょう。

リジンは制限アミノ酸といって体内の必要量に対して食品からの充足率が低いアミノ酸に分類されるため、通常の食生活であればリジンを過剰摂取するようなことは起こらず、逆に必要量に到達することは難しいです。

そこで不足分はサプリメントで補うといいでしょう。リジンが欠乏すると、疲労感、集中力低下、めまいや吐き気、貧血、目の充血などの症状が現れる可能性があります。

また、肝臓の機能が低下しコレステロールが増加しやすくなります。高齢者はより多くのリジンが健康な身体の維持のために必要です。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

リジンはアミノ酸の一種であり食事にも含まれている成分なので、基本的には副作用はないと言われています。

ただ上記に記載したように1日の摂取量を10倍など大幅に越える過剰摂取をすると下痢や胃痛など消化器系の副作用が出る可能性が高くなるので注意してください。

有効成分であるL-リジンそのものではなく、サプリメントの錠剤に含まれる添加物にアレルギーを起こす場合があります。服用して発疹、息苦しさ、下痢、胃痛、吐き気など異常な症状が出たら服用を止めてすぐ医師の診察を受けてください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      L-リジン(育毛・ヘルペス予防)
関連記事