おくすり.com

      アリー(アライ)


★商品レビュー・体験談

S.jpg 
余分な脂肪分を排泄してくれるので、ダイエットしたいけれど、美味しい食事も食べたい私にはぴったりです。
20180302214012.gif 
★商品説明

アリーはダイエット薬ゼニカルのジェネリック薬で、食品に含まれる脂肪分の吸収率を減らして、ダイエットを楽にするお薬です。

有効成分:84(Tablet)


20180302214108.gif 
★効果・効能

食べた脂肪分を3分の1くらいカットすることで、なぜダイエットが楽になるのか疑問に思うかもしれません。それは「極端なカロリー制限」をしなくてよくなるからです。まず、脂肪を含む肉や魚をある程度食べることで、ダイエットのストレスが減ります。「美味しいもの」には脂肪が含まれていることが多いので、それをあきらめるのは辛いのです。

つぎに、タンパク質やカルシウムの不足につながりやすいカロリー制限を少し緩和することで、筋肉が細くなったり骨が弱くなることを防ぐことができます。


用法 
★用法

食事の直前または直後に服用してください。脂肪分をまったく含まない食事のときにはのんでも意味がありません。

肥満を予防するには、血糖値を急に上げない食事の仕方も大切です。まず野菜や脂肪を含む食品を食べて、炭水化物はその後にすると血糖値の急上昇を防げます。

「アリー(ALLI)」 は、グラクソ・スミスクライン社が製造販売している「ゼニカル」(スイス:ロシュ社製)のジェネリック医薬品で、ゼニカルと同じ「オルリスタット(Orlistat)」を主成分とした肥満治療薬です。アリーは摂取した食べ物の脂肪吸収を約25%カットするアメリカFDAの承認を受けた医薬品です。 アリー は高血圧や高コレステロール、高血糖の改善薬としても知られています。 アリーを食事中に服用すると、体内で吸収されなかった脂肪分を便と一緒に排泄します。

アリーは、食欲を抑制するのではなく、体内で脂肪が吸収阻害することによって ダイエット 効果を発揮します。 オルリスタット は、胃腸の中のリパ-ゼと呼ばれる脂肪分解酵素の働きを長時間にわたって抑え、食べた脂肪を腸に吸収させず体外へ排泄させます。

また通常の食事が可能ですので、ストレスによるリバウンドの心配もありません。 オルリスタット は脂分分解後の成分と結合して対外に排出されるので、身体への負担が小さく、年齢や性別を問わないというメリットがあります。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
オルリスタット の主な副作用としては、脂肪分と同時に脂溶性栄養素の吸収も抑制してしまうため、 アリー を服用すると脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、Kが不足しがちになることがあげられます。 ですので アリーを服用する際には、それらを含むマルチビタミンなどを積極的に摂ることをお薦めします。アリー服用の2時間前、あるいは2時間後の寝る前などにこれらを摂取するようにしましょう。

そのほか、オルリスタット は、小腸で不要な脂肪分と結合し、体外に排出するという働きを持っているため、以下のような副作用が生じることがあります。
オイルスポット、鼓腸、急な便意、油分の除去、排便の増加、便失禁、直腸からの漏れ、上部呼吸器感染、脂肪便、ガスによる胃腸の膨満、放屁



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      アリー(アライ)
関連記事