おくすり.com

      イソトロイン10mg
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 
1クール目は乾燥が酷すぎて途中で使用を辞めたせいか、治まっていたニキビが一ヶ月後に元通り大量発生。
2クール目はちゃんと終えて、3ヶ月間はキレイな状態を保ちましたが、再発したので1クール目から2ヶ月空けて3クール目をやりました。
それから現在4ヶ月経ちましたが、小さいニキビが少し出てくるようになりました。ちょっと心配なので追加購入します。(寝不足+ストレス+生理前が原因かもしれませんが…。ちなみに使用中とその後しばらくは生理前だろうが洗顔が雑だろうがニキビは一切出てきませんでした。)
クールを重ねるごとにニキビができにくくなるってネットに書いてありましたが、実感できてるので4クール目も期待してます。
イソトロインを知る前は全身ニキビがすごすぎて、いったい身体の中の何が膿んで体中の毛穴から出てきてるんだって不思議なほど大量にできていて自分自身気持ち悪かったくらいでした。特に顔は腫れてパンパンだし、頭もニキビができていない部分があるかわからないほどだしかゆいしでとてもストレスでした。ベリーショートヘアなんて頭皮が見えるのでとてもできません。皮膚科やエステで高い治療費払ってニキビ治療しても治らないなら生まれ変わって身体変えた方がいいじゃんって何度も思いました。もちろん極力死にたくはありませんけど。当時は泣くくらい全身ひどいニキビで生き続ける意味がわかりませんでした。
今はこの薬で落ち着いてきていますが、クレーターが酷くて化粧でも隠れません。いつかクレーター治療したいです…。
20180302214012.gif 
★商品説明

イソトロインはインドのシプラ社が開発した、飲むタイプのニキビ治療薬です。他の治療では効果を実感できなかった重症にきびにおすすめで、合成レチノイドが配合されています。ニキビの元となるコメドの生成をブロックし、頑固な大人にきびに効果的です。

有効成分:Isotretinoin(イソトロリン)10mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

「イソトロイン」 は、ビタミンA誘導体である合成レチノイドという成分の内服薬で、市販のにきびクリームでは治らない、いわゆる「大人のにきび」重度のニキビの治療薬です。

有効成分である「イソトレチノイン」が、どんな治療も効果がないほど重症のニキビに対し高い効果を発揮する事が報告されており、抗生物質以外でニキビ治療できる可能性ある薬、と言われています。よって軽度のニキビや、ほかに治療法の選択がある方に対してはお薦めできません。

イソトレチノインの詳細なメカニズムはまだ解明されていませんが、アクネ菌に対する抗菌作用、抗炎症作用に優れており、皮脂分泌の抑制と皮膚の角質化を安定(抑制)させることによって、ニキビの元になる「コメド(面皰)」の発生を防ぐことが明らかとなっております。

本製品(イソトロイン)はジェネリック医薬品ですが、同一成分薬のアキュテイン(Accutane, 欧州では「ロアキュテイン(Roaccutane)」という名称で販売)の製造元であるRoche社により有効性について「アキュテインの有効成分であるイソトレチノインがひどいニキビに働きかけ、また治療終了後も効果は持続し、20週間の服用後に85%もの患者の症状が軽減した。」と報告されております。

このようにイソトレチノインは大変注目を集め、ニキビ治療の先進国であるアメリカやカナダなどで既に認可され、治療に必要不可欠な薬として認知されており、ジェネリックも多数発売されておりますが、日本では承認されておらず、医師が輸入し個人に処方することのみ認められています。

ご使用の際には医師等に必ず相談し、ご副作用や使用上の注意をよく理解された上でお使い下さい。


用法 
★用法
  • 一般的に体重1kgにつきイソトロイン0.5~2.0mg(体重50kgであれば25mg~100mg)を1日2回に分け朝・夕食後に服用します。
  • また一般的な服用期間は1クール15~20週間です。
  • 1クールで70%以上の症状の改善があれば、服用を終了して下さい。
  • 症状が1クールで改善しない場合は2クール目を開始します。その際、1クールの終了から最低8週間あけて服用して下さい。(イソトロインを服用していない間もイソトロインはニキビに対し効果を発揮しています。)
  • アキュテイン(トレティヴァ)の副作用で肌が乾燥しやすくなりますので「ヒルドイド」など保湿剤の使用を検討ください。

但し、イソトロインは症状の程度や体重等によって、服用する量や期間が決まります。服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

妊娠中、授乳中、妊娠を計画中されている方は絶対にイソトロインを服用しないでください。以下のような副作用が発症する可能性があります。

  • 胎児の奇形、流産、死産、早産

その他にもひどい頭痛や、目のかすみ、めまい、吐き気、おう吐、脳卒中、下痢、筋力低下などの副作用が報告されております。 

※イソトロインの使用により不快な副作用が現れた場合、使用を中止して医師にご相談ください。
※イソトロイン過剰量を服用した場合、直ちに医師にご相談ください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      イソトロイン10mg
関連記事