おくすり.com

      シルジョイピンク


★商品レビュー・体験談

S.jpg 
自分は50代の男性ですが、女性用のバイアグラを自分で使用してみての感想です。

くすりエクスプレスさんにはこれまでにバイアグラ系、レビトラ系、シアリス系のジェネリック薬でお世話になっていますが、それぞれに一長一短がありました。

その時の体調や食事、飲酒等々のタイミングによって良く効くときとあまり効果が実感できないときがあり、今でもその時々の状況に合わせて薬を使い分けて効果を試しています。

ある時たまたま女性用のバイアグラの存在を知って、くすりエクスプレスさんで調べたところ安価なジェネリックのウーメラを見つけたので、早速セフレの彼女に試してみようと購入しました。

彼女はセックスは大好きなほうだとは思いますが、あまり激しくイクタイプではありませんでした。ところがこのウーメラジェネリックを彼女と自分とで1錠づつ飲んでそのままベッドインしたところ、愛撫をはじめて暫らくしてお互いにいままでに経験したこともないような興奮状態になり、かなり濃厚で激しいセックスを楽しむことができました。

彼女のアソコの濡れ具合や求め方も尋常ではなかったのですが、驚いたことに自分自身のアソコも今まで使ってきた男性用の治療薬と同等かそれ以上に硬く硬直していたことです。

多分彼女の淫らな姿に煽られたこともあるとは思いますが、それにしても女性用のバイアグラは男性にも十分効果があることを実感しました。
20180302214012.gif 
★商品説明

女性用バイアグラと称されるウーメラのジェネリック。性行為の感度をアップ!

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩 100mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

女性の感度を高める人気ジェネリック!不感症、性交痛、潤い不足、満足度を高めたい女性に!

シルジョイピンクは、「女性用のバイアグラ」として注目を集めている医薬品です。

有効成分としては、男性用バイアグラと同じ成分である、クエン酸シルデナフィル100mgが含有されています。

シルジョイピンクは、シラーバイオテクノロジーズ社が製造販売していた、ウーメラというお薬のジェネリック医薬品です。

ウーメラは女性用のバイアグラの元祖ともいえるお薬であり、非常に人気のある医薬品でしたが、現在は製造が中止されています。

国内では未承認の医薬品であるので、入手するためには個人輸入や許可を受けた医院での購入に限られます。 男性用のバイアグラでは、有効成分であるクエン酸シルデナフィルが陰茎の血管を拡張することによって血流を促進し、勃起を促すとされています。

一方で、女性用のバイアグラであるシルジョイピンクでは、有効成分であるクエン酸シルデナフィルが女性器周囲の血流を促すことによって、膣分泌液などの量が増え、不感症などを改善する効果があるとされています。

シルジョイピンクを服用すると、生体内でcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を行っている PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の酵素活性が阻害されます。

これが女性器周囲のNO作動性神経に作用し、血管を拡張させることによって血流量が増え、膣分泌液の増加が起こるのです。

性的な興奮がない場合や、女性器への適切な物理的刺激が無い場合にはこれらの作用は起こらず、服用したからと言って絶えず膣分泌液が分泌され続けるということはありません。

クエン酸シルデナフィルを有効成分とした薬剤は、男性用ED治療薬である「バイアグラ」として、1998年1月よりアメリカで発売されました。 発売直後は「夢の薬」と報道され、個人輸入代行業者などによって日本へも輸入が行われました。

しかし、狭心症治療薬である硝酸薬を服用している方において相互作用が起こり、複数の死亡例が出てしまいました。 シルジョイピンクにおいてもこれらの薬剤と相互作用が認められているため、併用薬がある方は注意が必要となります。


用法 
★用法
  • 性行為の約30分から1時間ほど前にウーメラジェネリックを1錠、または半分や1/4に割って服用。
  • 食後にウーメラジェネリックを服用する場合、効果が薄まるため2時間以上空けるのが理想です。
  • 薬の効果は4~5時間持続します。

シルジョイピンクの効能・効果および用法・用量は、下記の通りです。

性交痛、不感症など: 通常、成人には1日1回クエン酸シルデナフィルとして100mgを、性行為の約1時間前に服用してください。

服用は1日1回を超えないようにして、投与間隔は24時間以上空けるようにしてください。 効果は4~6時間程度、持続することが分かっています。

※食事と共に本剤を服用すると、効果発現時間が遅れることがあることがわかっているので、空腹時に服用するようにしてくださ


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
シルジョイピンクの副作用としては、血管拡張(ほてり、潮紅)、鼻づまり、頭痛、動悸、頻脈、高血圧、悪心、口渇などが報告されています。 この他にも複数の副作用も報告されているので、異常を感じた際には服用を中止して、医師に相談をしてください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      シルジョイピンク
関連記事