おくすり.com

      カンプラル333mg(アカンプロサート)


★商品レビュー・体験談

S.jpg 

20180302214012.gif 
★商品説明

レグテクトで有名な慢性アルコール中毒の治療薬。飲酒の欲求を抑えて根本から中毒を改善。

有効成分:アカンプロセート


20180302214108.gif 
★効果・効能

レグテクトは、アルコール依存症の治療に用いられるお薬です。

アカンプロセートカルシウム塩333mgが配合されており、断酒を希望する際に服用すると、非常に有効であるといわれています。

これまでにも抗酒薬はいくつか用いられていましたが、レグテクトは日本国内でも2013年から発売されている、新しいタイプの薬剤です。

中枢神経に働いて亢進した神経活動をおさえる働きがあり、アルコールに対する欲求を抑える効果があるといわれています。 WHO(世界保健機関)のガイドラインにおいても、アルコール依存症の再発予防薬として、その効果が認められています。

これまで用いられていた抗酒薬として、「シアナマイド」や「ノックビン」といったお薬があります。

これらはアルコールに弱い状態を一時的に作り出すものであったため、アルコールが嫌いになったりアルコール依存症が治るというものではありませんでした。

アルコール依存症患者が、自らアルコールの問題に気づくことが出来なければ断酒は成功しないうえ、二日酔いのようなつらい状態が副作用としてあらわれることも問題とされていました。

しかし、新しく発売されたレグテクトでは、中枢神経に働きかけることによって、アルコールに対する欲求をおさえる効果が認められています。

服用を続けることによって、アルコールを飲用した際に脳が興奮することがおさえられ、飲酒の頻度を減らすことが出来るのです。 レグテクトの作用の仕組みはまだ全てが解明されているわけではありませんが、様々な働きがあることがわかっています。

アルコール(エタノール)が摂取されると、中枢神経系の主要な興奮性神経であるグルタミン酸作動性神経の活動が亢進することがわかっています。

レグテクトに配合されているアカンプロセートは、アルコールによって亢進したグルタミン酸作動性神経活動を抑制することで、アルコールに対する依存性が解消されると考えられています。

また、GABAA受容体に対する作用や神経保護作用、アルコール依存症で乱された脳の化学的なバランスを安定化させる作用なども認められています。


用法 
★用法

レグテクトの効能・効果および用法・用量は、下記の通りです。

アルコール依存症患者における断酒維持の補助 成人では、アカンプロサートカルシウム塩として666mgを、1日3回食後に服用するようにしてください。

本剤は食事の影響を受けやすく、空腹時に服用すると効果が出すぎてしまう可能性があるため、食後に服用するようにしてください。 また、投与期間は原則として、最大でも24週間とするようにしてください。

飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。 ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

レグテクトの副作用としては「下痢、アレルギー反応、性機能障害、眠気、おなかの張り、嘔吐、不安、頭痛、便秘、湿疹」などが報告されています。

禁忌は「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者、高度の腎障害のある患者」とされています。 高度の肝障害や腎機能障害のある方では、血中濃度に影響をおよぼす可能性があるので、薬剤の調節を検討するようにして下さい。

  • 妊娠又は妊娠している可能性のある婦人に対しては、専門家の判断を仰ぐようにしてください。
  • 授乳婦については、動物実験において母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。
  • 本剤との因果関係はわかっていませんが、服用した方において自殺念慮や自殺企図が報告されているので、本剤を投与する際には十分に注意をするようにしてください。
  • 本剤は腸で溶けるようにフィルムコーティングされた錠剤であるため、割ったり噛み砕いたりせずに、そのまま飲み込むようにしてくださ


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      カンプラル333mg(アカンプロサート)
関連記事