おくすり.com

      クラシッド
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 
抗生物質をもらいに行く手間が省けて助かっています。
飲み過ぎるとカンジダになるので、半分に割って飲みます。
20180302214012.gif 
★商品説明

クラリスロマイシン(クラリス錠)の有効成分がクラミジアなど多種多様な細菌の増殖を防ぎます。急性気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症や、胃潰瘍や胃がんの原因といわれているヘリコバクター・ピロリ菌の除菌にも使用されます。

有効成分:クラリスロマイシン500mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

クラリス錠ジェネリック(クラリスロマイシン)は、マクロライド系の抗生物質で、クラミジアなど性感染症から、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの原因のヘリコバクターピロリ菌の除去や、呼吸器系の感染症の治療などにも用いられます。

国内ではクラリス錠と言うお薬名でも処方される抗生物質です。

ピロリ菌の除菌にはクラリスロマイシン(クラリス錠)以外にアモキシシリン薬、胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害薬を同時に服用します。

また、クラリスロマイシン(クラリス錠)は成分クラリスロマイシンで、上記以外にも、「ハンセン病」への効果が注目されています。

クラリスロマイシン(クラリス錠)500は有効成分としてクラリスロマイシン500mgを含有するマクロライド系の抗生物質で、薬学的には蛋白合成阻害薬と呼ばれています。

肺炎球菌をはじめとするグラム陽性菌、インフルエンザ菌などのグラム陰性菌の一部、更に非定型菌のマイコプラズマやクラミジアなど様々な細菌に有効で、呼吸器や耳鼻科、泌尿器科をはじめ広い領域の感染症治療によく使用されています。

胃腸疾患の原因菌であるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療にも他の抗生物質&プロトンポンプ阻害薬の2剤と併用して使用されます。

従来のマクロライド抗生物質であるエリスロマイシンを改良した新タイプで、エリスロマイシンの弱点である胃酸による不活化をほぼ受けないため、体内で高い血中濃度が得られ組織移行性も優れているのが特徴です。

クラリスロマイシン(クラリス錠)の有効成分クラリスロマイシンは細菌内に取り込まれたあと蛋白合成開始複合体という蛋白質を作るのに必要な部分に結合することでその機能を阻害し、蛋白鎖の伸長を阻害し細菌の発育を抑制します。

また有効成分クラリスロマイシンには抗菌作用だけではなく抗炎症作用も備わっていることが分かっています。

クラリスロマイシンは炎症に関与するT細胞や好中球の働きを抑制して組織の障害を防ぎ過剰な粘液分泌を抑制するため、びまん性汎細気管支炎、慢性副鼻腔炎、滲出性中耳炎などの慢性的な炎症性疾患に応用されることも多いです。

この場合は通常用量より少量(半分~4分の1程度)を長期間服用するという「マクロライド長期少量投与療法」が一般的です。

クラリスロマイシン(クラリス錠)をはじめマクロライド抗生物質はアレルギーを起こすことが少ないため、ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギーのある方も服用可能です。


用法 
★用法
  • ピロリ菌除菌の場合
    • 成人で1日に2回、アモキシルを750mg(1錠半)、ランソプラゾール配合薬30mg、クラリスロマイシンを200~400mg服用し、これを7日間継続。
  • ハンセン病の治療の場合
    • 1日に1錠(500mg)を服用。
  • マイコプラズマの場合:クラリスロマイシンとして、「10-15mg/体重1kgあたり」を1日2,3回に分けて10日間服用します。

クラリスロマイシン(クラリス錠)を通常成人は1日1回1錠500mgを食後に服用します。年齢や身体の状態により適宜増減します。ただしピロリ菌除菌治療目的の場合は用法用量が変わるので必ず医師の指示に従って服用してください。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

クラリスロマイシン(クラリス錠)の副作用は少ないほうですが下痢、吐き気、胃痛などの胃腸症状が報告されています。軽度であればさほど心配いりませんが、症状が重い場合はすぐ受診してください。


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      クラシッド
関連記事