おくすり.com

      クラビットジェネリック(LQUIN)500mg
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 
膀胱炎になってしまいましたが仕事が休めず症状が悪化してから病院に行ったので、軽ければ3日で治るところを、レボフロキサシン500mgを1週間飲み、やっと治りました。頻尿とお腹の痛みが辛かったです。

膀胱炎は再発しやすいので、こちらで購入して自宅に常備しました。
これで、あやしいと思ったら仕事を休まなくてもすぐに服用できます。
20180302214012.gif 
★商品説明

クラビット500ジェネリックはニューキノロン系の抗菌薬のクラビット500のジェネリック医薬品です。呼吸器や皮膚科、耳鼻科領域の感染症や、クラミジアや淋病といった性感染症など、さまざまな感染症に効果を発揮します。

有効成分:LEVOQUIN(レボフロキサシン)500mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

クラビットは、「ニューキノロン系抗生物質」という種類に分類されるお薬で、幅広い抗菌スペクトルや高い組織・細胞内移行性を持つことから、さまざまな菌種に対して有効なお薬です。

当薬クラビット500ジェネリック(LQuin)は先発薬と同じ成分を含有する後発薬で、膀胱炎、クラミジア、淋病など感染症の他、気管支系の感染、ニキビの治療まで幅広く処方されます。

1996年に米国ではじめて承認されたお薬で、有効成分として「レボフロキサシン」が配合されており、殺菌作用を目的に医療現場でも幅広く使用されています。

クラビット(CRAVIT)の商品名は、「熱望する、切望する」という意味の「CRAVE」と、「それ」という意味の「IT」をかけ合わせた造語で、待ち望まれたお薬であることをあらわしています。

医療用医薬品としても、「クラビット錠500」として内服薬で使用されているのみならず、点滴や点眼薬などの幅広い剤型で用いられており、現在はWHO必須医薬品モデル・リストにも収録されています。

グラム陰性菌からグラム陽性菌まで、幅広い範囲の菌種に対して有効性を示すため、他の抗生物質が効かない場合に2次選択として用いられることもあります。

クラビットは、「DNAジャイレース」と「DNAトポイソメラーゼⅣ」という酵素を阻害することで、効果を発揮します。 これらは、細菌のDNAの複製に関わる酵素であり、細菌が増殖をおさえることによって、殺菌作用を示します。

これらの酵素を阻害する力は、従来用いられていた抗生物質である「オフロキサシン」のおよそ2倍であり、抗菌作用が強いことがわかっています。

クラビットは「女性の膀胱炎」にも効果がありますので、同様にニューキノロン系抗菌薬に属する「グレースビット(シタフロキサシン)」をお探しの方もクラビットをご検討ください。

クラビット500は幅広い感染症に効果があり以下のような症状に処方されます。

  • 性感染症のクラミジアと淋病
  • 呼吸器感染症(急性気管支炎、咽頭炎、扁桃炎、肺炎など)
  • 皮膚の感染症、尿路感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎など)
  • 婦人科領域の感染症(子宮頸管炎など)
  • 耳鼻科領域の感染症(中耳炎、外耳炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、扁桃炎など)
  • ニキビの治療
  • 歯科領域の感染症
  • マイコプラズマ、レジオネラによる感染

用法 
★用法

クラビット500ジェネリックは、通常、成人にはレボフロキサシンとして1 回500mgを1日1回水またはぬるま湯で服用します。

肺結核やその他の結核症に使用する場合は、原則として他の抗結核薬と一緒に使用してください。

腸チフス、パラチフスにはレボフロキサシンとして1回500mgを1日1回14日間服用します。なお、症状により適宜減量してください。

クラビット500ジェネックは1日1回服用する薬です。

1日に複数回少量ずつ服用するよりも、1回500㎎服用する方が有効性が高く、耐性菌の出現を抑えられると考えられています。ただし、腎機能が低下している方は必要に応じて投与量を減らしてください。

また、症状がよくなったからと服用をやめると、生き残っている細菌により感染症の症状がぶり返すことがあります。耐性菌も発現しやすくなるため、症状が改善するまではきっちりと服用してください。

性感染症の中でも感染者が多いのがクラミジアです。男性が感染するとかゆみや違和感などの症状がありますが、女性の場合は感染しても自覚症状に乏しく、感染自体に気付かないことがあります。

しかし、治療せずに放置すると不妊の原因となりますので、きちんと治療することが大切です。また、クラミジア感染者の多くに淋菌への感染が確認されますが、クラビット500ジェネリックはどちらにも効果があります。

なお、クラビット500ジェネックを服用して症状が改善されない場合は、別の疾患の可能性があります。服用を中止して、医師に相談下さい。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
クラビットジェネリックによる副作用ですが、軽い症状として吐き気やめまい、不眠、発疹、頭痛などの症状が報告されています



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      クラビットジェネリック(LQUIN)500mg
関連記事