おくすり.com

      クリマラ 50(パッチ)3.8mg


★商品レビュー・体験談

S.jpg 

20180302214012.gif 
★商品説明

更年期障害の改善に貼る女性ホルモン補充剤!不快な更年期の症状はガマンせずに解消しましょう!

有効成分:エストラジオール3.8mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

クリマラ50は有効成分としてエストラジオールが3.8mg含有されているパッチタイプの女性ホルモン剤です。

女性ホルモンには卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンがあり、この2種のホルモンの増加減少を繰り返すことで生理周期のリズムが作られます。

エストロゲンは主に卵巣から分泌され、正常な月経周期や排卵を維持したり、女性の子宮や性器の発育、乳房のふくらみなどを促します。

他にも脳や精神、骨、筋肉、間接、胃腸の働きなどにも大きな関わりを持つ重要な女性ホルモンです。

クリマラ50の有効成分エストラジオールはエストロゲン製剤です。

女性は50歳前後に起こる閉経によってエストロゲンが急速に減少することで身体を保つホルモンのバランスが崩れ心身の各所に不調が出ることが多く、症状全体を統括して更年期障害と呼ばれています。

主に疲労感、不眠、ホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)、頭痛、めまい、不安感などの症状が出ることが多いですが、症状は個人差が大きいです。

クリマラ50は減少していくエストロゲンを補充してホルモンバランスを回復させることで更年期障害の症状を和らげる効果があります。

有効成分が皮膚から吸収されるパッチタイプであり、1回皮膚に直接貼付するだけで7日間効果が持続するので薬の定期的な服用を忘れがちな方には使用しやすいのがメリットです。

パッチを貼った部分から有効成分であるエストラジオールが少しずつ血中濃度を一定に維持しながら吸収されていきます。内服薬ではないため肝臓への負担や副作用も少なく安全性の高い薬です。

1日あたりのエストラジオールの放出量は0.05mgです。

クリマラ50は更年期障害による症状の改善の他にも、女性ホルモンを補充できることから性同一性障害のひとつである性転換症の治療や閉経後骨粗鬆症の予防、低エストロゲン症の治療など世界中で非常に広く使用されています。


用法 
★用法

クリマラ50は自身で決めた曜日に下腹部もしくは背中に1枚貼付します。効果は貼付してから1週間続くので貼り換えは1週間ごとに行ってください。

肌が荒れないように1週間後に新たに貼付する場所は前回とは違う場所にしてください。もしもパッチがはがれてしまった場合は剥がれたパッチは廃棄して新しいパッチを使用してください。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

クリマラ50の副作用は少ないですが、眩暈、ほてり、視力低下、倦怠感、動悸、疲労感、息切れ、性器からの不正出血、むくみ、ふらつきなどの症状が報告されています。

ホルモンバランスが変わることで起こる症状が多く、軽度であればさほど心配いりません。貼付した部位の肌のかぶれ、痒みは比較的よく起こるのでその場合は違う部位に貼付し様子を見てください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      クリマラ 50(パッチ)3.8mg
関連記事