おくすり.com

      コルヒチン
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 
こんにちは、
正義を愛し悪を憎む正義感の無い私くしホワイトジャック参上!(笑)

レビューを書く事に初めてデビューするってとってもプレッシャーと責任感を感じる尿酸値マックスの私(笑ぇない)【コルヒチン】なる薬、またクスリのExpressに出会ったら書かずにいられなくなり!

(痛風発作三回経験済み)痛いの痛くないの(どっちやねん)言葉じゃ表現できない痛風発作!発作が起きてしまったら病院に行くったって靴下も履けないサンダルも履けないタクシーを呼んでもタクシーのところまで歩けない、そんなこんなの痛風発作経験を三回(そんな経験したくない)そんな時にクスリのExpress様に出会い【コルヒチン】なる薬に出会い大満足の今日この頃、何がすごいか飲んた人にしか解らない【コルヒチン】

仕方ない私がご説明いたしましょう!痛風発作1~2回経験した人なら…、あ、ぁぁ激痛発作がくる~~…、なって分かるんです←その時に1錠飲んです下さい症状が軽減されますから。考えてごらんないってインフルエンザの予防接種だって症状が重篤に成らないために接種するんですから(納得)、ゴホンと言えば咳、声、喉に【コルヒチン】←永六輔???

鼻水、風邪に【コルヒチン1錠】これほと知名度があるんですから~←冗談よし子さん(笑)例えば北朝鮮からプリン体搭載のミサイルが飛んで来ても【コルヒチン】1錠飲んでいれば大丈夫なんですから?←例えがおかしいだろ(笑)

これ程、症状が軽減されるって事を活字で伝えたいんです。病院では尿酸値を下げるクスリや痛み、腫れをとる鎮痛剤は処方されますが痛風発作を軽減する【コルヒチン】お薬は出しません(何で?)不思議だね「こんなに良薬なのにネ♪」

私くしホワイトジャック【コルヒチン】クスリのExpress様に出会えた事に救われ感謝しております(一生常備薬)決定です。。。
20180302214012.gif 
★商品説明

つらい痛風発作の予防や痛みの緩和に!イヌサフランという植物の種子の成分である「コルヒチン」というお薬で、昔から痛風発作の特効薬として利用されてきました。発作が起きた後の服用が早いほど効果は絶大!この商品は、インドの大手製薬会社ザイダスヘルスケアのジェネリック医薬品です。

有効成分:Colchicine (コルヒチン) 0.5mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

コルヒチンは痛風の予防や症状の緩和に選択されるお薬です。尿酸値が高い男性や、痛風発作の経験がある方は自宅に常備していると安心です。

痛風発作の激しい痛みは鎮痛剤では効果が限定されるため、即効性の高いコルヒチンが選択されます。

コルヒチンとはイヌサフランと呼ばれる植物の種子の成分で、1錠につき0.5mgのコルヒチンが含まれています。

古くから痛風発作の治療薬として世界中で広く使用されています。 その他遺伝子疾患である家族性地中海熱の治療薬でもあり、2016年に保険適用になりました。

また保険適用外ではありますがベーチェット病にも有効です。 痛風は血中の尿酸が多いと発症する、病名の通り「風があたるだけで痛い」と言われるほどの激痛と腫れを伴う急性関節炎で、尿酸の結晶が蓄積しやすい足の親指によく発現します。

夜間に突如起こることが多く激痛と腫れは2~3日続きます。患者の9割以上は男性です。 白血球が関節内に析出した尿酸の結晶を異物として認識して攻撃するため激しい痛みを伴い炎症が起こります。

コルヒチンは白血球の働きを抑制する作用を持っているため痛風発作の初期段階において有効です。

発作が起こった時やその前兆に早めに服用するほど効果が高く、発作発現からある程度時間が経って服用してもあまり効果はありません。

前兆症状は個人差がありますが、発作3~4時間前にピリピリ、ムズムズなどの違和感を感じることが多いです。

基本的には頓服ですが、発作の頻度が多ければコルヒチン少量を一定の期間毎日服用することもあります。

コルヒチン・カバーと呼ばれる治療法で、発作回数が落ち着くまでコルヒチン最少量を定期服用することで痛風発作を予防・抑える方法です。

この服用方法は副作用の恐れから余程発作回数が酷い場合に実施します。 尿酸を減らす作用はないので、尿酸値を下げるには尿酸降下薬を定期服用する必要があります。

また痛風発作時にはロキソニンなどのNSAIDs鎮痛剤を使用することもあります。 家族性地中海熱は全身性の炎症発作を繰り返す遺伝性疾患で日本ではごく稀な疾患です。

コルヒチンを長期服用することで炎症発作を予防的に防ぐことができます。

ベーチェット病ははっきりとした解明はまだされていませんが白血球の働きが異常亢進して炎症を起こす疾患であるため白血球の働きを抑制するコルヒチンが有効です。


用法 
★用法

痛風発作には通常成人はコルヒチン1回0.5mgを3~4時間ごとに6~8回に分けて服用します。

年齢や症状により適宜増減します。発作予防には通常成人はコルヒチン1日0.5~1mg、発作予感時には1回0.5mgを服用します。

前兆を感知したらできるだけ早くの服用を推奨します。 コルヒチンの長期間での痛風発作予防的服用は血液障害や生殖器障害、肝・腎障害など重大な副作用発現のリスクが上がってしまうためあまり蔓延的には使用されません。

また用量の増加に比例して副作用の発現のリスクは上がります。そういった安全面では1日1.8mgまでの服用が望ましいとされています。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

コルヒチンの副作用は吐き気、下痢、腹痛、 発疹、かゆみ、脱毛、精子異常などの症状が報告されています。


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      コルヒチン
関連記事