おくすり.com

      パキシルジェネリック(パロキセチン)20mg


★商品レビュー・体験談

S.jpg 
病院に行かずに安いジェネリックが買えるは非常に助かります。まとめ買いして補充してます。またよろしくお願いします。
20180302214012.gif 
★商品説明

パロキセチンはイギリスの製薬会社であるアルムス社が開発した抗うつ薬です。日本でも2000年に承認されたパロキセチンと同成分を同一量配合した、ジェネリック医薬品です。パロキセチンは心のサプリメントとして定評があり、抗不安効果が強く幅広い不安障害に適応があります。

有効成分:パロキセチン20mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

パキシルジェネリックは気分を高めるSSRI抗うつ薬に分類されるお薬です。有効成分としてパロキセチン塩酸塩を配合し、「パキシル錠」という薬剤名で販売されています。

フランスに本社を持つグラクソ・スミスクライン株式会社が開発したお薬で、国内では2010年より販売している比較的新しいお薬です。

第2世代の選択的セロトニン再取り込み阻害剤に分類され、抗うつ薬に一般的に見られる副作用がでにくいのが特徴です。

パロキセチン塩酸塩が体内に取り込まれると、セロトニンの再取り込みを阻害して脳内シナプス間隙のセロトニン濃度を増量させ、意欲を高める作用があります。

不安な気持ちや憂うつな気分を和らげ、気持ちを楽にしてくれます。うつ病のほかに、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害(PTSD)に適応があります。

従来の抗うつ薬との効果を比較した試験では、全体の40%の方に改善効果が確認され、従来の抗うつ薬と同程度の効果が証明されています。

パニック障害の患者さんがパロキセチン塩酸塩を2ヶ月服用した結果、プラセボ(偽薬)より有意な効果を証明することができています。

また、強迫性障害に対する有効性を検証した臨床試験では、3ヶ月の服用で偽薬に対する有意な効果が裏付けられました。

社会不安障害や外傷後ストレス障害への効果については海外で臨床試験が行われましたが、十分な有効性を確認できず、最小限の服用量に留める必要がある結果が出ています。

また海外の臨床試験の結果、7~18歳の大うつ病性障害患者さんを対象とした試験では有効性を証明できていません。そのため、小児を含む未成年者は服用に際して十分な検討や観察が必要です。

製品特許が切れて以降、国内では「パロキセチン錠20mg「テバ」」など数十社がジェネリック医薬品を販売しています。ただし、医療用医薬品にしてされているため、ドラッグストアなどで手軽に購入することはできず、国内では医師の処方せんが必要です。

当社のジェネリック医薬品はインドの大手製薬会社が販売しているため、同じ効果のお薬をより安値で購入することができます。


用法 
★用法

用法用量は適応症により異なります。用量調整に際しては自己判断せず、必ず専門医による指導を受けてください。

うつ病の患者さんに対しては、通常1日1回夕食後にパロキセチン塩酸塩を20~40mg服用します。

服用は1回10~20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量します。症状によっては1日40mgを超えない範囲で適宜増減することが可能です。

パニック障害の患者さんに対しては、通常1日1回夕食後、パロキセチン塩酸塩として30mgを服用します。

服用は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量します。症状によっては1日30mgを超えない範囲で適宜増減することができます。

強迫性障害の患者さんに対しては、通常1日1回夕食後、パロキセチン塩酸塩として40mgを服用します。

服用は1回20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量します。症状によっては1日50mgを超えない範囲で適宜増減することができます。

社会不安障害及び外傷後ストレス障害に対しては、通常1日1回夕食後、パロキセチン塩酸塩として20mgを服用します。

服用は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量します。症状によっては1日40mgを超えない範囲で適宜増減することができます。

パキシルジェネリック(ペクセップ)は1錠に20mgのパロキセチン塩酸塩を配合しているため、10mgから飲み始める際は、半分に割ってお飲み下さい。

1度に多くのパキシルジェネリックを服用しても、効果が倍増するわけではありません。思わぬ副作用があるため、用法用量を守って正しくお飲み下さい。

症状や程度によって、服用する量や期間が決まります。服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

一般的な副作用として吐き気、食欲不振、眠気、不安感、出血傾向などが報告されています。

稀な副作用として、幻覚、せん妄、錯乱、けいれんなども報告されています。いずれも症状が現れた際には専門医を受診するようにしてください。

<以下に1つでも該当する方は、決して服用なさらないで下さい(禁忌)。>

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方
  • ブチロフェノン系抗精神病薬のピモジド(商品名オーラップ)を投与中の方


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      パキシルジェネリック(パロキセチン)20mg
関連記事