おくすり.com

      パリエットジェネリック10mg
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 
毎日服用しております、毎月病院に行く必要がなくなり、とても助かっております。
効き目も申し分なく安心して使用しております。また購入したいです。
20180302214012.gif 
★商品説明

「ラビシップ(PEPCIA)」は胃酸の分泌を抑制することで、胃潰瘍、胃炎、十二指腸潰瘍などの痛みや胸焼けなどを治療する「プロトンポンプ阻害薬」です。

有効成分:ラベプラゾールナトリウム


20180302214108.gif 
★効果・効能

「ラビシップ(PEPCIA)」は胃酸の分泌を抑制することで、胃潰瘍、胃炎、十二指腸潰瘍などの痛みや胸焼けなどを治療する「プロトンポンプ阻害薬」です。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、流動性食道炎等の病気は「胃酸」の分泌の関係が深く、「胃酸分泌のバランス」をコントロールすることで症状を改善できます。胃酸は非常に強力な酸性で、食物の消化や細菌の殺菌効果があり、この胃酸が何らかの理由で通常以上に活発化すると、胃粘膜を傷つけ、胃炎や十二指腸潰瘍などの原因となります。

胃炎は胃潰瘍や胃がんの原因ともなるため、早期に治療することで悪化を防ぐことができます。

有効成分「ラベプラゾールナトリウム」は、胃酸の分泌に関係するプロトンポンプに作用することで胃酸の分泌を抑え、その結果症状を緩和治療します。

ラビシップや他の同等商品「タケプロン」などはプロトンポンプ阻害薬(PPI)と呼ばれ、非常に強力に「胃酸の分泌」を抑制します。胃炎以外にも、胃潰瘍、逆流性食道炎の治療の主要なお薬として選択されています。

胃炎や胃潰瘍の原因菌である「ヘリコバクター・ピロリ」除菌の補助や、「非びらん性胃食道逆流症」治療にも効果を発揮します。

ピロリ菌は胃炎、胃潰瘍の主要な原因で、ピロリ菌を除菌することで潰瘍の再発率を大幅に軽減できます。

  • 胃潰瘍
  • ピロリ菌の除菌
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 非びらん性胃食道逆流症
用法 
★用法

[胃潰瘍、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍の場合]

  • 通常成人では、1回20mgを1日1回経口服用
  • 胃潰瘍治療、逆流性食道炎に対しては8週間まで、十二指腸潰瘍の場合、6週間までの服用です。

[ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助の場合]


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
  • 頭痛、咳、鼻炎、目眩など
  • 上記は完全な副作用、注意事項のリストではありません



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      パリエットジェネリック10mg
関連記事