おくすり.com

      パースピレックスロール
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 
私は極度の汗かきで、冬場でも流れるほど汗をかきます。もちろん脇汗もシミになるほどです。そして冬場は特に厚着をするので蒸れて臭いもすごく気になっていました。
この商品はネットで見つけて半信半疑で1つ購入しました。効果は抜群です。塗り始めた次の日から汗の量が減り、3日目にはほぼ汗がなくなりました。
一番気にしていた臭いはほぼゼロになりました。多少の痒みが伴いますが、2週間ほどで気にならなくなります。私にとっては望んでいたパーフェクトの結果でした。
そして今回はリピートで3つまとめて購入しました。現在入荷待ちみたいですが、入荷したら即在庫確保しようと思っています。
20180302214012.gif 
★商品説明

世界中のクリニックでワキ汗・ワキガ改善に使用されているパースピレックスロールは、ワキ汗を抑制する効果がある有効成分を配合しています。塗るタイプのお薬ですが、約5日間効果が持続し、服への色移りの心配もございません。

有効成分:エタノール、塩化アルミニウム、乳酸アルミニウム


20180302214108.gif 
★効果・効能

クリニックで人気No.1の制汗剤!市販の商品より効能が圧倒的に長く、スポーツや入浴後に塗り直し不要です!

当商品パースピレックスは薬局では購入できません。

パースピレックス・ロールは、ワキの下に塗るだけで3日~5日間、気になる汗や臭い(ワキガ)を抑えることができる「塗るタイプ」の制汗剤で、世界中の美容クリニックで、ワキ汗やワキガの抑制治療に用いられています。

ワキガ・多汗症の特効薬とされるパースピレックスロールは、有効成分として塩化アルミニウムを配合しています。

塩化アルミニウムは汗腺の奥に角栓を作る事で、汗腺にフタをするような状態にし、汗をシャットアウトします。

その効果は高く、市販の制汗剤の中では最も強い効果が強いことから、国内の多くの多汗症専門クリニックで処方されています。

日本皮膚科学会の多汗症診療ガイドラインでは、治療の第1選択として推奨されており、その有効性はお墨付きです。

多数のデオドラント商品が販売されているデンマークで開発された「デトランスα」と同じ有効性成分が入った塗り薬です。

パースピレックスロールの最大の効果は、持続時間が長いことです。一度塗ることでその効果は3~5日持続し、毎日のお手入れが面倒な方におすすめです。

残念ながら、パースピレックスロールを塗っておよそ5日後には作られた角栓がターンオーバーによって剥がれてしまいますが、また塗ることで3~5日間汗をシャットアウトすることが出来ます。

パースピレックスロールは汗腺にフタをするのと同時に、肌に刺激のある塩酸が少量生成されます。

しかし、塩化アルミニウム以外の成分として乳酸アルミニウムを含んでいるため、生成された塩酸をブロックすることが出来ます。

ニオイを紛らわすための香料なども使用されていないため、かぶれやアレルギー反応が起こりにくいのも特徴の一つです。

主にワキの下に塗る方が多いのですが、その他に手のひらや足の裏など、大量の汗で悩んでいる部位に塗ることができます。

塗り続けるうちに汗や臭いが気にならなくなったという声が多数寄せられており、効果が3~5日間持続することからコストパフォーマンスが良いのも魅力です。

また、スポーツなどで汗をかいてもパースピレックスロールを塗った部位には、汗をほとんどかきません。

市販のデオドラントや制汗剤は持続力が短いので、外出時や仕事中、スポーツの最中に効果が薄れ、何度も塗りなおす必要があります。

パースピレックスは「臭い消し」ではなく、根本的に発汗を抑える効果があるため、1回の使用で3~5日間、発汗を抑えて汗と臭いの悩みとサヨナラできる本格的な制汗剤です。

市販のデオドラント商品では納得のいく効果を実感できなかった方に、ぜひ試していただきたいお薬です。


用法 
★用法
  • perspirex-howtouse-01.jpg

    脇の下を乾かし、就寝前にパースピレックスロールを塗布します。

  • perspirex-howtouse-02.jpg

    パースピレックスが渇いた後に着衣します。

  • perspirex-howtouse-03.jpg

    翌朝は濡れタオルなどで塗布した部分を拭きますが、塗りなおす必要はありません。

  • perspirex-howtouse-04.jpg

パースピレックスロールは夜、就寝前にワキの下など汗を抑えたい部位に塗ってください。

汗腺は夜に活動が低下するので、就寝前の使用がポイントです。塗りすぎに注意し、薬が乾いてから服を着るようにしてください。

翌朝は濡れタオルやウェットティッシュなどで塗った部位を拭きとりますが、塗りなおす必要はありません。

使いはじめの1週間のみ毎晩使用してください。効果が出始めてからは3~5日に1回の使用で充分です。塗った後、シャワーなどで濡らしても問題ございません。

お仕事やスポーツによる運動で汗をかいてもその効果は持続されます。無香料のため、服への色移り・ニオイ移りがないことも魅力のひとつです。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

パースピレックスの主な副作用として掻痒感(かゆみ)が報告されています。特に塗り始めに感じやすく、1週間程度塗ることでかゆみは徐々に収まるとされています。

そのため、リピーターがとても多い商品です。その他の副作用として、赤くなる、腫れるなどが報告されていますが、いずれも発生頻度は低く重篤ではありません。

塗り続けるうちに汗や臭いが気にならなくなったという嬉しい声が多数寄せられており、パースピレックス1本で2~3ヶ月使用できることから、コストパフォーマンスも良好です。

脱毛のケアや処置をした




SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      パースピレックスロール
関連記事