おくすり.com

      ビーファット
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 

汚い話かもしれませんが、他の方も書かれてるように食事からの油が排出されてますね。当初は、食後にお腹が痛くなって(酷い腹痛ではないです)お手洗いに行ってましたが、反応が分かってきた分コントロールできるようになりました。1ヶ月使用で2.5キロ減です!我慢してダイエットしてない分急激な体重減はないですが、リバウンドも無さそうです。


20180302214012.gif 
★商品説明

ビーファットは米国のFDAで認可された肥満治療薬である「ゼニカルのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるインタスファーマ(Intas Pharma)が製造販売しています。

有効成分:Orlistat (オーリスタット) 120mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

ビーファットは米国のFDAで認可された肥満治療薬であるゼニカルのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるインタスファーマ(Intas Pharma)が製造販売しています。

ビーファットとゼニカルの効果は同一で、脂肪の吸収を抑える作用を持つ医薬品として知られ、海外では肥満症の治療に使われています。

ビーファットの働きの特徴は脂肪の吸収を抑えること。すでについてしまっている脂肪を減らすのではなく、体に脂肪をつきにくくする医薬品です。

有効成分であるオーリスタットが食事由来の脂肪の吸収を抑えることで、日常生活における過剰なカロリー摂取を抑えることができます。

よりダイエット効果を得るために食事制限を行うことはもちろん大切ですが、食べながらでも脂肪の吸収を抑えられるという点が画期的な医薬品です。

脂っこい食べ物が好きな方、ついつい脂ものを中心に食べてしまう方、お酒の付き合いが多い方など、一日の総摂取カロリーが過剰になりがちな方に特に向いているといえます。

食べること自体が好きな方やなかなか間食をやめられない方は、無意識のうちに脂肪の摂取量も増えてしまいがち。過剰に摂取してしまった脂肪が皮下脂肪や内臓脂肪などの贅肉へと変わってしまうのです。

ビーファットの服薬が適しているのは、いわゆる健康で元気だけれど贅肉がつきすぎている、食べ過ぎなどの生活習慣が原因の肥満傾向にある方です。

ビーファットは日本では医療保険の適応を受けていない医薬品のため、保険治療の範囲内では処方を受けることはできません。

肥満外来を行っているクリニックでは、自費治療においてビーファットやゼニカルを処方するクリニックもあるようです。


用法 
★用法

ビーファットは脂肪の吸収を抑える働きを持っているため、脂肪分の多い食事の前に服用するのが効果的です。

外国人と日本人とでは食生活や体格が異なるため、日本人の場合は脂肪分の多い食事の際にのみ服用し、1日1〜2錠の服用で十分と考えられます。最も大切なのは服用のタイミングです。

低脂肪の食事の際に服用しても効果がありませんので、食事内容に合わせてご服用の判断をしてください。

食事中の脂肪分が体内に吸収される前に薬の吸収が終わっていることがとても大切なポイント。そのため、食前に服用するのが最も適切な服用タイミングといえるでしょう。

食事中の脂肪分の吸収を抑制するため、軽食の場合や食事を摂らなかったときは服用する必要はありません。

ビーファットを服用すると個人差はありますが、脂の浮いたような脂肪便が出ることがあります。これは本来の効果を発揮しているため起こる変化であり、適切なタイミングで服用できていると考えていいでしょう。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

特に現れやすい副作用は腹部膨満感や軟便などの消化器系の症状です。薬の作用ゆえの副作用であるため、このような症状が見られた場合は服薬を一旦中止し、症状が継続するようであれば医療機関を受診しましょう。


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ビーファット
関連記事