おくすり.com

      ヌートロピル(ピラセタム) 800mg
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 
昔から私はそそっかしいだとか、むらっ気が多いと言われていました。今まではそれでも何とかなっていたのですが、仕事を始めるようになってからは自分でも、自分のそうした注意力のなさが気になってきてしまいました。

そこで試し始めたのが、先日メールをいただいたこのピラセタムです。初めは注意力や集中力が向上する薬なんてあるのだろうかと半信半疑だったのですが、飲み始めてから一カ月ほど経ち、そういえば最近注意されることがほとんどなくなっていることに気が付きました。今までチラチラと他のことが気になって仕方がなかったのに、特に集中できている気がするというか、メンタル的なスタミナが高くなった気がします。
それとなく周りの人に聞いてみても、そういえばすっかり集中力上がったよねと言われることもたびたびなので、精神的にタフになったのか、脳をフル回転できているんでしょうか。
20180302214012.gif 
★商品説明

ピラセタムは脳の働きをよくして集中力や記憶力など脳機能をアップしてくれるスマートドラッグと呼ばれるお薬です。

※米国のIT企業のメッカである「シリコンバレー(Silicon Valley)のビジネスマン、プログラマーなどの間でも「ピラセタム」は愛用されているようです。

服用すれば頭が良く働くようになるので、自然に能力が向上します。また、注意力もアップするのでうっかりミスも減り、効率的に仕事や勉強を進められるでしょう。

さらには、脳機能を上げることで脳の老化防止にも効果があります。そのほか、老人性痴呆症や失読症、アルコール中毒の治療にも使用されます。

また、ピラセタムは皮質性ミオクローヌスの治療に他の抗てんかん剤と一緒に使われ、日本ではミオカームという名前で大鵬薬品より販売されています。

ピラセタムの有効成分のピラセタムは酔い止めの薬として開発されましたが、脳機能を高めるさまざまな働きがあることが分かってきました。

まず、脳の一部で血流量と酸素消費量を増やす働きがあるようです。また、神経伝達物質の一つのアセチルコリンという物質は、脳内で記憶や学習に関わるとされていますが、その放出が減ると脳の働きが鈍くなり、集中力が低下してしまいます。

ピラセタムには、このアセチルコリンの機能を高める効果が示唆されており、脳の働きを良くすることで集中力や記憶力を高める効果が期待できます。

また、老化やアルツハイマー病による記憶力の低下にはグルタミン酸受容体(NMDAグルタミン酸受容体)が関係していると考えられていますが、ピラセタムはこのグルタミン酸受容体にも作用することで記憶や学習能力を向上させるようです。

ピラセタムはこのような様々な作用により、脳機能をアップすることができるのです。

20180302214108.gif 
★効果・効能
  • 集中力、注意力、記憶力の改善から勉強、仕事の効率アップ
  • 脳の老化の防止(認知能力、記憶力改善)
  • 失読症の子供の学習能力の改善
  • アルコール中毒者の治療
  • アルツハイマー症の治療

用法 
★用法

ピラセタムは、通常成人は1日3回、1回半錠(ピラセタムとして400㎎)または1錠(同800㎎)を服用します。

なお、症状により服用する量や回数を調節できますので、様子を見ながら自分にあった量を見つけましょう。なお、半錠にして服用する場合はピルカッターを使用すると便利です。

効果の感じ方は個人差がありますが、服用すれば集中力が増したり、頭がすっきりとするので、勉強や仕事が自然にはかどるようになるでしょう。

なお、耐性がつくと感じる方もいるようですので、長期間服用する場合は時々休薬しながら服用するとよいかもしれません。

脳内にある神経伝達物質にはいろいろな種類がありますが、アセチルコリンは記憶や学習、睡眠などの情報を伝える働きがあります。アセチルコリンが少なくなると、脳内の伝達がスムーズにいかなくなるので、物忘れが増えたり、集中力が低下するなど、脳の働きが悪くなります。

アルツハイマー型認知症の方の脳内はアセチルコリンが減少していることが分かっています。また、正常の人でも脳内のアセチルコリンが不足すると集中力が下がり、アセチルコリンの濃度が上がると記憶力や学習能力が向上することが確認されています。

なお、アセチルコリンの生成にはコリンとパントテン酸(ビタミンB5)という物質が必要です。コリンはレシチンから作られ、レシチンは大豆や卵黄に多く含まれています。またパントテン酸は、レバー、納豆、鶏肉などに多く含まれています。

ピラセタムの服用とともに、レシチンやパントテン酸が多く含まれる食事を摂取するようにすれば、脳内のアセチルコリン濃度をより高めることができるでしょう。

なお、スマートドラッグ(スマドラ)とは集中力や記憶力を高めて頭を良くする薬のことです。

日本ではあまりなじみがありませんが、ピラセタムはアメリカでは栄養補助食品として販売され、ヨーロッパでは認知症の薬として使用されるなど、欧米ではよく知られた薬です。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

ピラセタムによる副作用の報告はほとんどありませんが、眠れない、あるいは、眠くなるといった症状があります。眠気が起きたときは、高所での作業や車の運転には気を付けてください。
また、頭痛や胃の痛みを感じることもまれにあります。

他には、下痢や吐き気、食欲不振といった胃腸症状や、白血球や血小板数減少、だるさや興奮を感じることもありますが、多くは一過性の軽い症状です。

また、ピラセタムは腎臓で排泄されるので、腎臓が悪い人は服用を控えましょう。そして肝臓が悪い人、また、血小板凝集抑制作用があるので出血傾向がある人は注意が必要です。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ヌートロピル(ピラセタム) 800mg
関連記事