おくすり.com

      プロザックジェネリック (フルニル)20mg


★商品レビュー・体験談

S.jpg 
長いこと鬱病に苦しんでおりました。
あまりにそれが当たり前すぎて自分はこういう性格なんだとずっと思い込んでいたほどです。ある時知人に進められ心療内科を受診し、鬱病だと診断されました。
その時に飲んでいた薬がどうにも合わずひどい悪心をもたらすものだったので何か良いものはないかと調べていたらこちらのプロザックのジェネリックであるフルニルにたどり着きました。以下、半年以上服用してからの感想、体験です。

服用開始から効果を実感するまで2ヶ月ほどかかりました。最初は全く効果が見られず失敗したかとおもったほどです。それでも飲み続けていたらある時から寝起きの辛さが緩和され、酷く落ち込むことも極端になくなり、苦手としていた会話も苦にならず誰とでも話せるようになりました。
頭にかかっていたモヤがふっと晴れ、周りが違って見えたほどです。痴人や家族からも明るくなったと言われ、本当に感謝しています。
合う合わない、個人差があるのは百も承知ですが苦しんでいる方は是非これを一度飲んでいただきたいと思います。私は本当に救われました。いい薬に出会えて人生が転換しそうです。

到着までに時間は掛かりますがしっかりした対応で安心して購入できます。

鬱病で苦しんでいる方の少しでも助けになれば幸いです。またお知り合いの方や家族が鬱病に苦しんでいらっしゃる方にもご参考いただければと思います。
20180302214012.gif 
★商品説明

SSRI抗うつ剤プロザック20mgの低価格ジェネリック!1箱100錠入りで高コスパ

有効成分:Fluoxetine(塩酸フルオキセチン)20mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

有名なSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に属する抗うつ剤プロザックと同成分(塩酸フルオキセチン)のジェネリック薬です

プロザック・ジェネリック (フルニル)はアメリカの製薬会社であるイーライリリー社が開発した新しいタイプのうつ治療薬です。

有効成分として塩酸フルオキセチンとを配合しており、主にパニック障害・うつ病・強迫性障害・摂食障害などの治療に用いられ、気分が安定して気持ちが楽になる作用があります。

アメリカではうつ症状以外に摂食障害(過食症や拒食症など)に適応があり、他にもPTSD(心的外傷後ストレス症候群)に効果が期待されています。

フルニルは海外で知名度が高い「プロザック」のジェネリック医薬品です。プロザックと同じ有効成分(塩酸フルオキセチン)が配合されており、プロザックと同様の適応を持っています。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という比較的新しい抗うつ薬に分類されます。フルニルは脳内の伝達物質であるセロトニンだけに選択的に働きかけ、脳内のセロトニン放出量を増加させる作用があります。

神経間隙のセロトニン濃度を増やすことで、うつ病による気分の落ち込みや不安などの諸症状を改善します。 ネガティブな思考となり自分に自信がない方や悲観的な方の気分を、ポジティブな思考や明るい性格に導いてくれる薬として注目されています。

フルニルの最大の特徴は、他の抗うつ剤に比べると副作用が少ない点です。有効成分の塩酸フルオキセチンがゆっくり時間をかけて効果が表れるよう設計されているため、急な精神的変化が無く依存性が少ないのも魅力の一つです。

そのため、海外では軽度のうつ病だけではなく、中等度のうつ病にも処方されています。 2017年現在、国内で同じ成分が配合されたお薬は未だ承認・販売されていません。安全性と有効性を検証するための臨床試験が計画されている注目度の高いお薬です。


用法 
★用法

服用方法は適応症により異なります。うつ病の場合、通常成人に1日に1回20mgを1錠服用します。

服用時間は定められていませんが、朝食後が薦められています。強迫性障害の場合、通常成人に1日に1回20mgを2~3回服用します。

服用回数は症状により増減します。摂食障害の場合、通常成人に1日に1回20mgを3回服用します。1日の上限は80mgまでと定められています。

他の抗うつ薬(メレリルやオーラップ)を服用中の方、特にエフピーOD錠というパーキンソン病治療薬を服用中の方の併用はできません。

思わぬ副作用が現れる可能性があり危険です。他にもワーファリンなどの血液凝固阻害薬を服用中の方や、抗けいれん薬(フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール)を服用中の方も症状悪化のため原則服用ができません。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

副作用は抗うつ薬の中では比較的少ないとされていますが、初期症状として不安感・無気力・焦燥感(イライラや落ち着きがないなど)といった随伴症状が現われる事があります。

ただし、これらの症状は飲み始めに起こりやすく、飲み続けることで徐々に和らいでいく傾向があるとされています。長期服用を視野に入れて、担当医や専門医と相談の上で服用を検討してください。

その他の副作用として、頭痛、発熱、腹痛、口渇、下痢、吐き気、めまい、眠気、消化不良、食欲減退などが報告されています。また突然フルニルの服用を中断すると、頻脈・めまい・頭痛などの離脱症状が強く出る方もいらっしゃいます。

お薬の量を減らす場合も増やす場合も、少しずつ調整する必要があります。医師の指示に従った上で服用を遵守してください。妊娠中・授乳中の方は原則服用ができません。18歳未満の方の服用も控えてください。抗うつ薬はアルコールと一緒に服用すると副作用がでやすくなる傾向があります。服用前の飲酒は控えるようにしてください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      プロザックジェネリック (フルニル)20mg
関連記事