おくすり.com

      プレマリン1.25mg


★商品レビュー・体験談

S.jpg 
性同一性障害MTF、男性(女性)での愛飲者です。服用を始めたのは大体高校2年生(16?)くらいのときですかね。
おそらく個人差が大きいと思うので参考程度にお願い致します。

最初は0.625mgをしばらく服用してこちらに切り替えました。
初期から感じた変化は睾丸の収縮や、胸の張り、乳首のしこりが1年から2年ほど続きました。
胸は1.25mgを服用し始めた最初の1年間は成長が感じられましたが、6年ほど経過した現在でもあれ以降は成長しておりません。
また、毛の成長や深さに関しても特に変化は感じておりません。
問題視される体感的な副作用はあまり感じたことがありません。私が能天気なだけだとおもいます。
もちろん、体内での副作用は大きな負担ですので、しっかりと定期検査を行いましょう。

3年ほど前からは完全に疑いようの無い女性として生きられていますが、それは元々中性的であったためです。
ですがこちらのホルモンによって男性的な成長が止められたという事実があります。
現在は20歳のあたまで睾丸の摘出を行い、1日に1.25mgを1錠服用する習慣となっています。
当時に比べて比較的安い(?)気がするので、実用性に関して悩まれている方には効果のある本物とだけは断言できます。

私自身の意識の変化も大きいかと思われますが、自分から何も言わず自然と家族や親戚には女性としての振る舞いをされるようになり、申し訳ないことにここ何年かの友人は私の性別も知らないです。

悩まれていて、決心が値段や効果の点で悩まれている方は、
こちらのプレマリ1.25mgで間違いないと思います。

プレマリンの投与初期からの体験談はあまり検索しても出てこないですし、参考になれば嬉しいです
20180302214012.gif 
★商品説明

ファイザー社の女性ホルモン剤プレマリンは以下のような症状に使用します。

  • 更年期障害による心身の不調の改善。
  • 肌や髪のはり、つやを保つ。
  • 女性らしい体つきや乳房のはりを保つ。
  • 膣の潤い不足を解消して、性交痛をなくす。
  • セックスの快感を高める。
  • 尿失禁を改善する。
  • 骨粗鬆症を予防する。

プレマリンは大手製薬会社であるファイザー社が開発した女性ホルモン製剤で、日本では1999年に承認・販売されています。

国内では0.625mgの用量のみが販売されていますが、当サイトでは1.25mgの用量をお買い求めいただけます。

プレマリンの最大の特徴は、女性らしい体つきを作り妊娠の準備をする役割がある卵胞ホルモン製剤として、世界的シェアが高いことです。

プレマリンには結合型エストロゲンが含有されており、更年期障害の症状改善や、卵巣機能不全症、腟炎(老人、小児および非特異性)、機能性子宮出血に効果があります。

また、適応外として、MTF(性同一性障がい)の方にはホルモン補充療法として服用されています。プレマリンを服用することにより、肌や髪のはりつやを保ち、乳房のはりを保つことが出来ます。

プレマリンには膣の潤い不足を解消して、性交痛をなくす作用や、結果としてセックスの快感を高める作用も期待されています。それだけではなく、閉経後の女性の骨粗鬆症を予防する効果もあります。

女性は閉経を迎える40代後半頃、早くて40代前半から女性ホルモンの分泌が低下し、更年期様症状が現われます。

仕事や家事などで忙しく、悩みが多い方やストレスを感じることが多い方は、その症状が重い傾向にあるとされます。

自律神経の乱れから、倦怠感、頭痛、めまい、のぼせ、動悸、不眠、イライラ、不安感、冷え、発汗、肩こりなどその症状は人によってさまざまです。

市販の漢方薬やOTCなどでは十分な効果が得られず、お困りの方も多いかと思います。

婦人科で処方される女性ホルモン剤プレマリンを服用することで、卵胞ホルモンである結合型エストロゲンを直接体内に取り込み、更年期症状に効果を発揮します。

国内の臨床試験の結果では、プレマリンを使用した81%の方に更年期症状の改善が認められ、特に潮紅感(ほてり)、のぼせ、不眠、めまい及び発汗などに高い改善率が認められています。

婦人科で更年期障害の診断を受けてプレマリンを処方してもらうには、保険適用(3割負担)で約5,000~10,000円の費用がかかります。

当サイトのプレマリンはお財布にも優しく、診察時間などの待ち時間の軽減にも繋がります。

プレマリンは更年期障害だけではなく不妊治療にも用いられていますが、用量調整及び服用期間の調整が必要なため、必ず専門医を受診してください。

その後のフォローアップとして当サイトでのプレマリンの購入をお勧めいたします。

性同一性障害の人が女性として生きることを選択した場合は、女性らしい体型(女性化/ MTF)をつくるためのホルモン療法としても、プレマリン(卵胞ホルモン)が用いられます。


20180302214108.gif 
★効果・効能

プレマリンとは女性ホルモンの中でも卵胞ホルモンを補うホルモン製剤です。主に更年期障害の治療に用いられますが、卵巣欠落症状や卵巣機能不全症、腟炎や機能性子宮出血の治療にも用いられます。

プレマリンは体内で活性のエストラジオールに変換され、女性ホルモン作用を発揮します。また不妊治療の一環として、体外受精の準備段階(排卵誘発)に処方されます。

妊娠しにくい女性の多くは、排卵などの卵巣の機能が正常に働いていない状態が認められます。プレマリンの服用により卵巣機能を元に戻し、卵胞を育てる機能を向上させることで良い卵子を作ることができます。

また、子宮内膜の状態を改善することで、受精卵の正常な着床を助けます。それ以外の応用的な使い方といて、骨粗しょう症の治療にも用いられています。

適応外処方になりますが、骨量の増加と骨折予防効果が世界的に認められている唯一の女性ホルモン製剤です。

更年期障害は卵胞ホルモンの不足でおきる心と身体の不調

女性は閉経を境に卵胞ホルモンの分泌が急激に低下します。それにともなって上記のようなはたらきが低下して、心身にさまざまな不調が生じるようになります。それが更年期障害です。

とくに影響がおおきいのが、自律神経の失調です。心身はたらきの自動調節装置である自律神経のバランスがくずれると、不定愁訴といわれるようなさまざまな症状がでてきます。

めまい、のぼせ、動悸、不眠、イライラ、不安感、冷え、発汗、肩こり、倦怠感、頭痛、など更年期障害の症状は人によって実にさまざまです。

これらの症状の根本的な原因は女性ホルモンの不足にあるので、個々の症状に合わせた薬をのむだけではなかなか改善しません。

更年期障害は家族、とくに夫の理解が得られにくい症状です。男性は女性のような閉経前後の急激なホルモンバランスの変化を経験することがないからです。しかし夫の無理解はストレスになり、更年期障害の症状を悪化させる大きな要因で「夫源病」などとも言われています。

女性ホルモンの補充療法をするときは、夫にそれを話して理解を求めることもたいせつです。

用法 
★用法

1日1回プレマリンを0.625mg~1.25mg服用します。

国内のプレマリンの用法用量は、1日1回0.625mgを1~2錠服用します。飲み始めは0.625mgからの服用を開始してください。

プレマリン1.25mgの場合は、ピルカッターで半錠に割る必要があります。

服用するタイミングは朝でも夜でも可能ですが、毎日一定時間に規則正しく服用するのが大切です。

飲み忘れのないように、スマホのアプリや携帯のアラーム機能の活用をおすすめします。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

妊娠又は妊娠の可能性のある方はプレマリンを服用いただけません。発生頻度は稀ですが、副作用として血栓症(血が詰まる)が報告されています。


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      プレマリン1.25mg
関連記事