おくすり.com

      ベピオゲルジェネリック(過酸化ベンゾイル)


★商品レビュー・体験談

S.jpg 

20180302214012.gif 
★商品説明

塗るタイプのニキビ治療薬であるベンザックジェルは、ピーリング効果があるのが最大の特徴です。軽度から中等度のニキビに効果的で、アメリカのFDAが承認した有効成分である過酸化ベンゾイルを配合しています。

有効成分:過酸化ベンゾイル


20180302214108.gif 
★効果・効能

国内で「ベピオゲル」として人気が高まっているベンザックジェルは軽度~中程度のニキビ治療に効果的なジェルタイプのニキビ治療薬で、ベピオゲルの使用から48時間以内に95%近くのニキビ菌を減らす効果があるとされています。

国内で2015年に販売されたベピオゲルは、尋常性ざ瘡(ニキビ)治療薬に分類される医療用医薬品です。海外ではすでにニキビ治療薬として販売されており、日本での承認を待ち望んでいたクリームです。

国内ではマルホ株式会社が販売し、国内ではジェネリック医薬品が販売されていません。ベピオゲルの有効成分過酸化ベンゾイルが、ニキビの原因となるアクネ菌に殺菌的に作用すると共に、ピーリング作用も併せ持ちます。

ゲル状のクリームのため、目立ちにくいのも特徴です。

他のニキビ治療薬はアクネ菌を殺菌する抗生物質が主流でしたが、ベピオゲルは抗生物質ではなく、過酸化ベンゾイルが分解されるとフリーラジカルが発生し、そのフリーラジカルがアクネ菌に作用して殺菌する画期的な薬効を持っています。

アクネ菌が死滅することで赤ニキビなどのニキビ部分の炎症が治まり、腫れも治る効果があります。更に、アクネ菌が少なくなることで毛穴の詰まりがなくなり、ニキビの予防効果も期待されています。

抗生物質は使用し続けることで耐性菌が生じ、効きにくくなるのが欠点としてありましたが、ベピオゲルは使い続けても耐性菌が生じることはありません。

抗生物質の副作用で下痢を起こしやすい方にもおすすめです。 また、有効成分の過酸化ベンゾイルには角質を剥がれやすくするターンオーバーの作用もかねあわせています。

抗生物質とピーリング剤の2つの薬剤を併用していた方に、ベピオゲルは1本で2つの効果を発揮します。

ベピオゲルと他の医薬品との併用は、基本的に問題ありません。ただし、ケミカルピーリングやディフェリンゲルなど乾燥を引き起こすお薬と併用すると肌がかなり乾燥するため、十分な保湿が必要になります。


用法 
★用法

ベピオゲルは通常成人に対し、1日1回洗顔した後にニキビに塗ります。紫外線に当たるとシミになりやすくなるため、基本的に夜に使用することが推奨されています。

炎症性の赤ニキビの場合、炎症が広がるのを防ぐために、ニキビから1周多くはみ出して塗ってください。但し、ニキビができそうにない部分にまで予防的に塗ることは控えてください。

1日に1度の使用が定められているため、1日に複数回使用することも控えてください。より乾燥しやすくなり、トラブルの原因となる恐れがあります。眼や唇などの粘膜が薄い部分や、傷口には使用しないでください。

炎症が生じやすくなるため、粘膜や傷口にベピオゲルが触れてしまった場合は、水で洗い流してください。また、お薬を塗った後は、必ず手洗いをしてください。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

国内では12歳以上の使用経験しかないため、12歳未満のべピオゲル使用は控えてください。

国内の臨床試験の結果、副作用として皮膚剥脱(皮膚の皮がむける)が18.6%、適用部位刺激感(ヒリヒリする)が14.0%、適用部位紅斑(赤くなる)が13.8%、適用部位乾燥が7.4%報告されています。

肌が敏感な方や肌が弱い人は、ベピオゲルを塗る前に化粧水などで肌を整えて、ワセリンなどの保湿剤を塗った後に使用してください。 ベピオゲルを使用中は、紫外線対策を入念に行ってください。

特に日中外出する際は、帽子・日傘・日焼け止めクリームなど、何重にも対策することが大切です。 高温の場所で保管すると成分が不安定になることがあるため、凍結を避けて25℃以下に保管してください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ベピオゲルジェネリック(過酸化ベンゾイル)
関連記事