おくすり.com

      ウゲイン(ミノキシジル5%外用薬)


★商品レビュー・体験談

S.jpg 
お薬エクスプレスさんでは、今まではED系のお薬を注文していましたが、そちらが信用できるものだったので、
今回は最近、気になっていたこちらの商品を購入してみました。
お薬エクスプレスさんなので商品は間違いがないという安心感もありいきなり割安のセットを購入しました。

効果はまた数か月後に報告しますが、実感としては満足しています。
20180302214012.gif 
★商品説明

ウゲインは塗る発毛・育毛剤として知られるロゲインのジェネリック医薬品です。有効成分のミノキシジルは5%配合で、頭皮から発毛や育毛を強く働きかけます。内服薬による治療では副作用が気になる方におすすめです。

有効成分:ミノキシジル


20180302214108.gif 
★効果・効能

ウゲインは男性の髪の悩みを解消してくれる塗り薬で、海外で販売されるロゲイン、リアップの低価格ジェネリック医薬品です。

ウゲインに含まれる成分はミノキシジルで、発毛、育毛を促進したり、抜け毛を防ぐ効果があります。

有効成分は、日本で大正製薬から一般用医薬品として販売されるリアップと同じミノキシジルです。

※さらに育毛効果を高めたい男性は、リアップx5の2倍の高濃度ミノキシジルを含む低価格ジェネリック(ツゲイン10%)もご検討ください。

ウゲインのミノキシジルの配合量は5%で、リアップシリーズの中でもっとも濃度が高い「リアップX5プラス」と一緒ですが、ウゲインの方がリーズナブルな価格です。

男性の薄毛の症状はさまざまですが、生え際が後退してM字型になったり、頭頂部の地肌が目立つ場合は、「男性型脱毛症」かもしれません。

男性型脱毛症になると、ヘアサイクル(周毛期)における毛の成長期が短くなるので、毛が十分に成長する前に抜け落ちたり(抜け毛)、本数は変らないが髪が細く短いままの毛(軟毛)になります。

ミノキシジルは血管拡張作用がある降圧剤として開発された薬ですが、発毛や育毛を促す作用があることが分かりました。

毛髪への作用は、髪の成長を司る毛乳頭細胞を刺激し、毛母細胞を活性化させます。細くなった毛髪を強くて太い毛にすることで、男性型脱毛症の進行を抑えます。

なお、男性型脱毛症の症状はどんどん進行していきます。脱毛がひどくなってからウゲインを使用しても効かないことがあります。

最近薄くなってきたかも、と思ったら、できるだけ早いうちウゲインによる治療を始めて、効果的に育毛させましょう。


用法 
★用法

ウゲインは1回1mlを朝と夜の1日2回直接頭皮に塗布します。塗る間隔は12時間あけてください。定期的にウゲインを塗ることで、頭皮における有効成分のミノキシジルの濃度を保つことができます。

患部にまんべんなく伸ばし、軽くマッサージするとよいでしょう。塗った後はドライヤーなどは使わずに自然に乾くのを待ちましょう。

1回に使用するウゲインの量は1mlと少量に感じますが、液体は伸びるので頭皮全体に行きわたる量です。1ml以上塗ったり、1日に塗る回数を増やしても発毛・育毛効果は変わりません

むしろ、決まった量や回数以上を使用すると副作用が現れることがありますので、必ず使用方法を守ってください。

なお、ウゲインを塗布する場所は頭皮です。毛髪に塗っても効果はありませんので、毛をかき分けて、頭皮に塗ってあげましょう。ただし、頭皮が脂質がたまるなど不潔な状態だと、ウゲインの皮膚からの吸収を妨げてしまいます。

また、不潔な頭皮は髪の成長にもよくありませんので、1日1回洗髪をして、頭皮を清潔に保つことが大切です。もしもウゲインを塗ってから洗髪する場合は、できるだけ時間をおいてから行いましょう。

また、ウゲインを使い始めてから1~2カ月経過したときに、抜け毛が増えることがあり、この現象を「初期脱毛」と呼んでいます。

発毛目的に服用しているのに逆効果だと感じるかもしれませんが、ウゲインの作用により古い毛髪が抜けるだけなので問題ありません。

続けて使用することで新しい毛髪が成長してくるでしょう。ウゲインを使用すると発毛が促進されますが、健康な髪を育てるための習慣も大切です。髪に栄養を与えるため、バランスのよい食事を心がけましょう。

大量の飲酒は頭皮への皮脂分泌を促進するので、頭皮環境を悪化させてしまいます。また、喫煙には血管を収縮させる作用があり、頭皮の血行も滞ります。髪に必要な栄養が届かず育ちにくくなるので、できるだけ禁煙を目指しましょう。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分


ウゲインは頭皮に塗る薬ですので、患部に傷や湿疹、炎症などがあれば、治ってからウゲインを使用してください。炎症を悪化させる恐れがあります。

また、アレルギー体質の方や敏感肌の方で、これまでに薬や化粧品でかぶれ等が起きたことがある人は、ウゲインの塗布でかゆみ等がでるかもしれません。頭皮に使用する前に腕などでパッチテストをすることをおすすめします。

ミノキシジルには血圧を下げる作用があります。外用剤のウゲインでは内服薬のような全身への影響が少なく、血圧への影響は少ないと考えられますが、低血圧の方が使用する場合には気を付けた方がいいでしょう。また、心臓や腎臓に病気がある方も、服用に注意してください。


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ウゲイン(ミノキシジル5%外用薬)
関連記事