おくすり.com

      プレマリン0.625mg(合計28錠)
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 

20180302214012.gif 
★商品説明

最も有名なホルモン剤プレマリンのジェネリック!更年期障害やMTFさんの女性らしさ維持に。

有効成分:結合型エストロゲン0.625mg(Conjugated Estragens)


20180302214108.gif 
★効果・効能

プレマリンは女性ホルモンのエストロゲンを補うホルモン剤です。米国ファイザー社が製造する定評のあるブランド品で、更年期障害を改善して女性の後半生のクオリティ・オブ・ライフを向上するお薬として広く使用されています。

閉経前後から分泌が急激に減るエストロゲンを補うことで自律神経を安定させ、めまいやのぼせなどのさまざまな更年期障害の症状を緩和します。性同一性障害の人が女性らしい体つきを作るためにも使用されています。

プレマリンはどんなときにのむお薬ですか

  • 更年期障害による心身の不調の改善。
  • 肌や髪のはり、つやを保つ。
  • 女性らしい体つきや乳房のはりを保つ。
  • 膣の潤い不足を解消して、性交痛をなくす。
  • セックスの快感を高める。
  • 尿失禁を改善する。
  • 骨粗鬆症を予防する。
用法 
★用法
1日1回プレマリンを0.625mg~1.25mg服用します。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

更年期障害は卵胞ホルモンの不足でおきる心と身体の不調です。

女性は閉経を境に卵胞ホルモンの分泌が急激に低下します。それにともなって上記のようなはたらきが低下して、心身にさまざまな不調が生じるようになります。それが更年期障害です。

とくに影響がおおきいのが、自律神経の失調です。心身はたらきの自動調節装置である自律神経のバランスがくずれると、不定愁訴といわれるようなさまざまな症状がでてきます。

めまい、のぼせ、動悸、不眠、イライラ、不安感、冷え、発汗、肩こり、倦怠感、頭痛、など更年期障害の症状は人によって実にさまざまです。

これらの症状の根本的な原因は女性ホルモンの不足にあるので、個々の症状に合わせた薬をのむだけではなかなか改善しません。

更年期障害は家族、とくに夫の理解が得られにくい症状です。男性は女性のような閉経前後の急激なホルモンバランスの変化を経験することがないからです。しかし夫の無理解はストレスになり、更年期障害の症状を悪化させる大きな要因で「夫源病」などとも言われています。

女性ホルモンの補充療法をするときは、夫にそれを話して理解を求めることもたいせつです。

プレマリンはMTF(性同一性障害)のホルモン療法にも使用されます。

性同一性障害の人が女性として生きることを選択した場合は、女性らしい体型(女性化)をつくるためのホルモン療法として、プレマリン(卵胞ホルモン)を使用します。




SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      プレマリン0.625mg(合計28錠)
関連記事