おくすり.com

      ファンゴテク(ラミシールジェネリック)


★商品レビュー・体験談

S.jpg 

20180302214012.gif 
★商品説明

ファンゴテクは抗真菌薬の飲み薬でラミシールのジェネリック医薬品です。有効成分はテルビナフィンで白癬菌やカンジダなどの真菌をやっつけます。塗り薬では効果が出にくい爪や角質増殖型の水虫に効果的です。

有効成分:テルビナフィン(TERBINAFINE)250MG


20180302214108.gif 
★効果・効能

「ファンゴテク(ラミシールジェネリック)」は、真菌症の薬です。塗り薬で治りにくい爪の水虫や角化型の水虫などに服用されています。

水虫は、白癬菌(皮膚糸状菌)というカビで起こるもっとも身近な真菌症と言われています。ファンゴテク(ラミシールジェネリック)の成分テルビナフィンは、真菌の細胞膜を破壊して殺菌的に作用し、主に水虫治療などに使用されています。

ファンゴテク250mgは、有効成分としてテルビナフィン塩酸塩250mgを含有する医薬品です。 ファンゴテクは「アリルアミン系抗真菌薬」という分類のお薬で、ラミシールという名称で医療用医薬品でも用いられているお薬です。

類薬であるアゾール系の抗真菌は効果も高く、臨床における使用も多いお薬ですが、併用注意の薬剤が多いためラミシール(テルビナフィン)を好んで使用する医師も多く、非常に優れたお薬なのです。 

ラミシール(テルビナフィン)は真菌細胞内のスクアレンエポキシダーゼを選択的に阻害し、スクアレンの蓄積およびにエルゴステロール含量の 低下をもたらすことで、抗真菌作用を示します。

皮膚糸状菌に対しては低い濃度で細胞膜構造を破壊し、殺真菌的に作用することがわかっています。 また、C.albicansに対しては低濃度から部分的発育阻止の効果を示し、高濃度では直接的細胞膜障害作用によって、抗真菌活性をあらわすことがわかっています。

ラミシール(テルビナフィン)は広い抗真菌スペクトルをもち、皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、スポロトリックス属、カンジダ属及び黒色真菌に対して、非常に優れた抗真菌活性を有しています。

また、T.mentagrophytes発芽分生子に対しては、低濃度で明らかな殺真菌作用を示すこともわかっています。 そのほか、ラミシール(テルビナフィン)はC.albicansに対しては0.098μg/mL以上の濃度で酵母形から菌糸形への変換を妨げ、1μg/mL以上の濃度では、酵母形増殖に対して静真菌作用を示すこともわかっています。


用法 
★用法

適応菌種・効能・効果および用法・用量は下記の通りです。

皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、スポロトリックス属、ホンセカエア属、カンジダ属による次記の感染症。 (但し、外用抗真菌剤では治療困難な患者に限る。)

1.深在性皮膚真菌症:白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス

2・表在性皮膚真菌症:

白癬・・・角質増殖型における爪白癬、手・足白癬の患者、手・足白癬(趾間型)で角化・浸軟の強い患者に限る、生毛部白癬(、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬。

カンジダ症・・・爪カンジダ症。 :テルビナフィンとして125mgを1日1回食後に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

成分テルビナフィンの副作用としては「胃部不快感、下痢、悪心、腹痛、胃部膨満感、眩暈、発疹、頭痛、食欲不振」などが報告されています。


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ファンゴテク(ラミシールジェネリック)
関連記事