おくすり.com

      エビリファイ(アリピプラゾール)30mg
 

★商品レビュー・体験談

S.jpg 

20180302214012.gif 
★商品説明

エビリファイは統合失調症の治療薬です。当薬(アリップ/Arip)はエビリファイと同じ成分「アリピプラゾール30mg」配合のエビリファイジェネリック(後発薬)です。

有効成分:アリピプラゾール30mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

エビリファイは統合失調症の治療薬です。当薬(アリップ/Arip)はエビリファイと同じ成分「アリピプラゾール30mg」配合のエビリファイジェネリック(後発薬)です。

統合失調症の症状として、幻覚や妄想、極度の興奮などの症状を和らげ、感情の起伏を安定化させたり、やる気や意欲の改善効果があります。

統合失調症とは、極度の気分の高揚が起き、高まる状態を「陽性症状」とよび、気分が低下する状態を「陰性症状」と呼びます。エビリファイは統合失調症の、陽性症状と陰性症状を緩和することで、安定的な精神状態を維持する効果を発揮するお薬です


用法 
★用法
  • 統合失調症の治療
    • 1日1回エビリファイを10mg~15mgの服用から開始し、効果や症状により1日最大30mgまで増量します。
    • 服用開始から十分日数をあけて増量します。増量には最低でも14日間ほどかけて行います。
  • 双極性障害の治療
    • エビリファイの単体での治療か、補助的療法の目的で1日に1回15mgの服用で、症状や効果により1日30mgまで増量。
  • うつ病・うつ状態の場合
    • 既存の抗うつ剤での治療で効果が認められない場合に限定し、通常、成人の場合エビリファイをアリピプラゾールとして1日1回(3mg)を服用します。
    • 増量する場合、1日の服用量15mg以内にし、増量幅としては3mgとする。急な増量は必ず控えます。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

  • 統合失調症
  • 双極性障害
  • うつ病の治療補助


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      エビリファイ(アリピプラゾール)30mg
関連記事