おくすり.com

      バスピロン5mg (バスパージェネリック)
 
★商品レビュー・体験談
いつもの事ながら注文から到着までが早くて助かります。特に急いでいるので早く欲しいのは尚更ですよね。
こちらの薬の感想ですが、デパスの代用と考えて購入しましたが、1日2回、1カプセルが5mgのせいか効果は薄く2カプセルで何となくと言う感じですね。デパスのような即効性もありませんので日常的に穏やかに使用するのが私には合っている気がします。それか回数か個数を増やすかですね。
20180302214012.gif 
★商品説明

インドのデバ社が販売するバスピロンは、抗不安薬として有名なバスパーのジェネリック医薬品です。特に不安障害やパニック障害に効果的とされており、有効成分である塩酸ブスピロンがドーパミンを増加させます。

有効成分:塩酸ブスピロン5mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

近年、デパスの代替として注目されているバスピロンは、抗不安薬の一つバスパーのジェネリック薬で、全般性の不安障害の治療や睡眠障の治療に用いられるお薬です。

バスパージェネリック(バスピン)は、抗不安薬で有名なバスパーのジェネリック医薬品です。有効成分として塩酸ブスピロンを10mg配合しており、不安障害やうつ症状、睡眠症状にも効果があります。

セロトニン5-HT1A受容体作動薬に分類され、脳内のセロトニンをつかさどるチャネルに直接作用することで脳内伝達物質のセロトニン神経活動を刺激します。

この作用によりドーパミンやアドレナリンといった神経伝達物質の濃度を増加させ、抗不安作用や抗うつ作用を発揮します。脳内の神経伝達物質を安定させることで、不安や心配といった気持ちを軽減させていく事が出来ます。

また他の抗不安作用にはない作用として、催眠作用があります、これにより寝つきにくいなどの睡眠障害にも効果を発揮します。特に不安や緊張により眠れない入眠障害に効果があります。

感情のコントロールが上手くできなかったり、漠然とした不安が続いたりした症状にも適しており、心身症(自律神経失調症、本態性高血圧症、消化性潰瘍)における身体症候にも適応があります。

塩酸ブスピロンを有効成分とする医薬品は日本国内でまだ発売されていませんが、既存のデパス(有効成分エチゾラム)に替わるお薬として注目を集めています。また、欧米ではシェアの高いお薬です。

国内で販売されている類似薬には、有効成分タンドスピロンクエン酸塩を配合したセディールが2007年に承認されています。 バスパーは向精神薬の中では比較的やさしいお薬に分類され、1日3回服用が必要なことから分かるように数時間で薬効が切れます。

依存性や副作用の発生も少ない分、効果が現われるには1~2ヶ月と時間がかかります。脳に器質的障害のある方は作用が強くあらわれる恐れがあるため、原則服用ができません。

また、呼吸不全のある方や心障害のある方は症状が悪化する恐れがあるため、服用に際して慎重に検討してください。肝疾患、腎疾患のある方も注意が必要です。


用法 
★用法

用法用量は適応症により異なります。抗不安薬は原則医師による処方箋が必要なお薬のため、個人で判断されず精神科の専門医を受診の上で服用を検討してください。

全般的な不安障害・心身症の場合、1回3~6錠を1日2回、水またはぬるま湯で服用して下さい。1錠に塩酸ブスピロンを5mg配合しています。

1回の最大量は、60mg(12錠)までと定められています。睡眠障害の場合は、就寝前に1回2~4錠を水またはぬるま湯で服用して下さい。

―度にたくさん服用されても効果は増強されません。思わぬ副作用が現れる可能性があるため、用法用量を守って服用してください。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
副作用として、目のかすみ、立ちくらみ、掻痒感(かゆみ)、強い眠気、頭痛などが報告されています。服用後は車の運転など、危険な操作を伴う作業には十分注意してください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      バスピロン5mg (バスパージェネリック)
関連記事