おくすり.com

      ナプロシン250mg
 

★商品レビュー・体験談

海外通販を初めて体験してみました。
思ったより早く届いたので、安心しました。
一時は詐欺にあったと疑ってしまい、すみませんでした。
20180302214012.gif 
★商品説明

ナプロキセン配合の有名な鎮痛薬で、国内では田辺三菱製薬がナイキサンの薬名で販売!炎症による痛みをやわらげる副作用が少ない鎮痛剤!

有効成分:Naproxen(ナプロキセン)


20180302214108.gif 
★効果・効能

ナプシロンは炎症による痛みをやわらげる鎮痛剤です。ナプロシンにはナプロシン500mgもございます。

痛みは大きく分けると神経性の痛みと炎症性の痛みがあります。ナプシロンは炎症性の痛みをやわらげる抗炎症・鎮痛薬です。炎症をしずめて腫れをおさめ、熱と痛みを取る作用があります。

ナプシロンは痛風、腰痛、四十肩、関節痛、リウマチ、腱鞘炎、帯状疱疹、歯の痛みなど、炎症性の痛みに幅広い効果があります。ナプシロンの有効成分ナプロキセンは鎮痛作用が早く、副作用が少ないお薬です。


用法 
★用法
  • リウマチなど慢性の痛みには、1日に1回、症状によって2~4(500~1,000mg)錠服用します。
  • 空腹時にのむと胃腸障害が出ることがあるので、食後に服用します。
  • 痛風発作には1回に2錠服用します。
  • 喘息や潰瘍性の胃腸障害のある人、妊娠中の人は医師に服用を相談してください。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
腹痛、胃痛、胃の不快感、胃腸の障害、吐き気、食欲不振などが現れることがあります。

ナプシロンが炎症性の痛みによく効く理由

ナプロキセンは炎症を引きおこすプロスタグランジンを作る酵素(シクロオキシゲナーゼ)を阻害する作用があります。この阻害作用で炎症の原因物質の産生を阻止して痛みや腫れを取りのぞきます。

痛みに対する対症療法のお薬で、痛風の尿酸値を低くするなど炎症の原因そのものを治療する薬ではありません。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ナプロシン250mg
関連記事