おくすり.com

      フェミロン(マーベロンジェネリック)
 

★商品レビュー・体験談

個人差はあると思うのですが、私の場合は生理痛も量も少なくなり、正確な周期が保たれるのでとても良いです。またリピします!
20180302214012.gif 
★商品説明

オルガノン社が開発したフェミロンは、第三世代の低用量ピルとして有名なマーベロンと同じ有効成分を配合したジェネリック薬です。副作用を抑えるように改良しながら、妊娠に必要な卵法の成熟を抑制して、避妊効果がある低用量ピルです。

有効成分:Ethinyloestradiol(エチニルエストラジオール)0.02mg+Desogestrel(デソゲストレル)0.15mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

オランダのオルガノン社が開発したフェミロンは、従来のピルより改善された第3世代と呼ばれる低用量ピルです。

全世界で愛用されているマーベロンと同じ成分を配合したジェネリック医薬品です。日本ではMSD社より2005年に承認・販売されています。

有効成分として、女性ホルモンの成分であるエチニルエストラジオールとデソゲストレルを配合しています。

エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンとも呼ばれますが、マーベロンは0.03mg配合されているのに対し、フェミロンは0.02mgと少量配合されています。これにより、ピル特有の副作用が軽減されています。

これらの有効成分が以下の3つの働きにより、妊娠を回避します。

  • 妊娠に必要なホルモンの分泌を抑制して排卵を防ぐ
  • 子宮頸管の粘液の組成を変えて、精子の子宮への侵入を防ぐ
  • 子宮内膜の肥厚を阻止して、受精卵の着床を防ぐ

ピルには避妊以外にも様々な効果が期待されています。

  • 頭痛や腹痛・腰痛などのPMS(月経前症候群)
  • 肌のトラブル(肌荒れやニキビなど)
  • 子宮内膜症の治療・予防
  • 子宮体がんや卵巣がんの予防
  • 卵管炎などの感染症の予防

フェミロンの服用により避妊の効果は期待できますが、HIVや梅毒などの性感染症を防ぐ効果・効能はございません。コンドームなどの避妊具の使用をおすすめいたします。

初めてピルを服用される方は自己判断ではなく、婦人科などの専門医を受診の上で服用を検討してください。

喫煙者や40歳以上の女性の方、心筋梗塞の既往がある方や乳がんの既往・家族歴がある方の服用は、思わぬ副作用が現われる危険性がございます。【使用・併用禁忌】の内容も必ずご確認ください。


用法 
★用法
  • 生理開始1日目から21日目までフェミロンを服用してください。
  • 22日目~28日目まではお薬を飲まない休薬期間になります。
  • この28日=4週間を1サイクルとして継続して服用してください。
  • 1日1回1錠を服用してください。
  • 毎日一定の時間に服用してください。
  • 水またはぬるま湯と一緒に服用してください。
  • 副作用として吐き気などが出やすいお薬となりますので、食事の後の服用をおすすめいたします。
  • 避妊は服用して8日目以降に効果を発揮します。
  • 服用開始1週間以内は必ず適切な避妊具を使用してください。
  • 万一飲み忘れがあった場合は、飲み忘れた分(昨日)のフェミロンを1錠服用し、当日分のフェミロンも1錠服用します。(飲み忘れたことに気づいた日は1日2錠服用)
  • 但し、2日以上服用を忘れた場合は、一旦服用を中止してください。月経(生理)が来るのを待って、生理1日目から服用しなおしてください。
  • フェミロンを服用開始して2サイクルの間生理(消退出血)がなかったことは、妊娠が成立しにくい環境が整っていることの証です。
  • フェミロンを服用後に妊娠を希望する際は、生理周期が安定的に戻る(25日~38日サイクル)まで妊娠を控えることが望ましいとされています。フェミロン服用後は、生理周期
  • が遅れる傾向があります。
  • 他の低容量ピルからフェミロンへ切り替える際は、1サイクル(21日型もしくは28日型)の服用が終わった後に服用を開始してください。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

比較的多いとされている副作用が、吐き気(悪心)と頭痛です。これらの症状は一過性であることが多く、ピル服用開始後数日経過すれば治まることが多いとされます。

悪化した場合は、婦人科などの専門医を受診してください。

ごく稀に発症する副作用として、血栓症(四肢、肺など)が報告されています。足が急に痛くなったり腫れたりした場合は、医療機関を受診して専門医にご相談ください。

その他、女性ホルモンに作用するお薬のため、以下の副作用が報告されています。

  • 乳房の張り
  • 顔や手足のむくみ
  • 体重増加

妊娠を回避するためのピルの有効性とそれに伴う副作用などについて、専門医にご相談の上で服用を検討してください。緊急避妊薬であるアフターピルとの併用は控えてください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      フェミロン(マーベロンジェネリック)
関連記事