おくすり.com

      ノーマブレーン(ピラセタム)400mg
 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明

集中力、記憶力、認知力を改善!シリコンバレーのビジネスマン愛用!ピラセタム400mg配合の『ノーマブレーン』は、最も人気の高い『スマートドラッグ(スマドラ)』で、脳機能を改善することで、集中力、記憶力、脳機能の老化を防止する効果があります。

有効成分:ピラセタム 400mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

ピラセタム400mg配合の『ノーマブレーン』は、最も人気の高い『スマートドラッグ(スマドラ)』で、脳機能を改善することで、集中力、記憶力、脳機能の老化を防止する効果があります。

※米国のIT企業のメッカである「シリコンバレー(Silicon Valley)のビジネスマン、プログラマーなどの間でも「ピラセタム」は愛用されているようです。

ピラセタムは「賢くなる薬」「頭のよくなる薬」と呼ばれる『スマートドラッグ』の元祖というべきお薬です。

ピラセタム成分は脳の病気である「アルツハイマー病」を治療するお薬として開発されましたが、ピラセタムが記憶力や集中力の改善効果が認められ、現在では仕事や学習などへの改善効果が注目されています。

ピラセタムは、一般的に学習や仕事の集中力アップや、脳の老化が原因で認知機能や記憶力の衰えの改善、失読症を抱える子供の学習能力の改善、アルコール中毒者の症状治療にも用いられることがあります。

ピラセタム(ノーマブレーン)とは

スマートドラッグとして有名なノーマブレーンは脳機能調整薬に分類され、脳機能を改善することで集中力・記憶力を高め、脳機能の老化を防止する効果があります。

有効成分としてピラセタムを400mg配合しています。 インドの大手製薬会社であるトレントファーマ社が開発・販売しています。

有効成分であるピタセラムは大規模な臨床研究が世界中で実施されており、脳梗塞後の失語症や、てんかん、脳・心臓の術後に伴う認知機能の減退、痴呆(ぼけ)に良好な結果を示しています。

また、失読症のお子さんの学習能力の改善、アルコール中毒者の治療にも用いられることがあります。

しかしその詳細なメカニズムはまだ解明されておらず、秘めた可能性を持っているお薬です。

国内では「ミオカーム内服液」という薬剤名で、てんかんの治療薬として2008年に承認・販売されています。

海外、特にアメリカではスマートドラッグとしてビジネスマンや受験生に愛用されています。

ヨーロッパでは医師の処方せんが必要な医療用医薬品に指定されていますが、アメリカでは指定されておらず気軽に手にすることができるお薬です。

ピラセタムを服用すると視覚や聴覚から得られる情報が鮮明化し、普段なら気付かないような細かいことにもよく気付くようになり、集中力が高まることで思考がまとまりやすくなるという報告が多数寄せられていることから、スマートドラッグ(賢くなる薬)として人気があります。

そのメカニズムは記憶の処理に関係があるとされるムスカリン性アセチルコリン受容体において、ピタセラムは神経伝達物質であるアセチルコリンの機能を向上させることで、その効果を発揮すると推察されています。

ピラセタムは腎臓で代謝・排泄されるため、腎臓系の疾患をお持ちの方は服用に際して注意が必要です。

重症腎不全の方は原則ピラセタム服用が禁止されています。また、脳出血が確認されている方は脳出血を悪化させる恐れがあるため、服用を控えてください。

ピラセタムの使用目的

  • 集中力、注意力、記憶力の改善から勉強、仕事の効率アップ
  • 脳の老化の防止(認知能力、記憶力改善)
  • 失読症の子供の学習能力の改善
  • アルコール中毒者の治療
  • アルツハイマー症の治療

用法 
★用法

ノーマブレーンは1日3回、1回に1~2錠を目安に服用します。飲み始めは少量(1回1錠)から始め、徐々に増量してください。

服用のタイミングは食前・食後を問いません。1回の服用後、必ず5~6時間空けて次の服用をするようにしてください。

効果を実感するまで早く1~2週間、平均して3~4週間の時間を要します。即効性は期待できないため注意が必要です。

1度に大量に服用しても、期待される作用は増強されません。過剰な服用は思わぬ副作用が現われる可能性があるため、用法用量を守って服用してください。

ノーマブレーンは重篤な腎臓機能障害(腎臓のクレアチニン・クリアランスが20ml/分未満)の方、肝臓機能障害をお持ちの方は原則服用いただけません。

また、16歳未満の方は安全性が確立されていないため服用いただけません。

ノーマブレーンには血小板凝固を阻害する作用があるため、止血剤を使用している方や大きな手術をされる予定の方、重篤な脳出血を起こした方は注意が必要です。

間代性筋けいれん(ミオクローヌス)の方は服用を突然中止すると、ミオクローヌスまたは全身発作(けいれん)を引き起こす可能性があるので、急な中断は避けてください。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

ピラセタムの主な副作用として、めまい、ふらつき、頭痛、吐き気、胃痛、下痢などが報告されています。

服用後は眠気、抑うつ症状があらわれることがあるので、自動車の運転など、危険を伴う機械の操作を避けるようにしてください。 ピラセタム服用を続けることで、目のかすみや白内障があらわれることが報告されています。

目の異常を感じた際にはすぐに眼科を受診し、定期的に眼科検査を行うことが望ましいとされています。


ピラセタムの効果

ピラセタムは集中力、記憶力を向上させる成分ですが、脳における血流量を向上させて脳内でより多くの酸素が消費されることで脳自体が活発化して脳機能の向上を達成すると言われています。

また、大脳半球(脳の左右にある)の間にある脳梁という繊維に働きかけて、左右の大脳半球の間の情報の流れや伝達を高めて脳機能を活性化します。

同時に、記憶と関係がある「アセチルコリン受容体」に作用して、アセチルコリンという神経の伝達物質の働きを向上させることで記憶力も改善させるのがピラセタムです。


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ノーマブレーン(ピラセタム)400mg
関連記事