おくすり.com

      ハルナールジェネリック・カプセル(ユリマックス)
 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明

ユリマックス(タムスロシン)は前立腺の肥大を治療するお薬です。症状は、尿に勢いがなくなる、排尿に時間がかかる、夜間に何度もトイレに起きる(頻尿)、残尿感がある、などです。重症化すると尿がほとんど出ない閉尿という苦しい症状を改善します。

有効成分:塩酸タムスロシン0.4mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

前立腺肥大による尿の出にくさを改善するお薬です。

有名な排尿障害の治療薬「ハルナール」のジェネリックで、頻尿、残尿感、排尿に時間がかかるなどの中高年男性の排尿障害を改善します。

日本ではユリマックス0.4mg(タムスロシン)30カプセルと同じ成分のハルナール(アステラス製薬)、タムスロシン塩酸塩OD錠(ファイザー社)などが発売されています。

おしっこのキレの悪さは40代以降の男性なら誰もが経験する症状ですが、原因は膀胱の下にある前立腺の肥大です。

前立腺は男性にだけある臓器で、中央を尿道が通っているので肥大すると尿道を圧迫して尿の出が悪くなります。

症状は、尿に勢いがなくなる、排尿に時間がかかる、夜間に何度もトイレに起きる(頻尿)、残尿感がある、などです。重症化すると尿がほとんど出ない閉尿という苦しい症状が出ます。

ユリマックス0.4mg(タムスロシン)30カプセルは尿道平滑筋をゆるめて尿道を広げるα遮断薬と呼ばれるお薬です。成分はタムスロシンで、日本でよく使われているハルナールのジェネリック医薬品です。

血圧低下によるめまいや立ちくらみの副作用が少なく、効果の持続時間が長いので1日1回の服用ですみます。

前立腺肥大症の男性はED(勃起不全)に悩んでいる方が大部分で、ED治療薬で容易に改善でき、性生活の満足度を高めることができます。


用法 
★用法
  • 成人で、1日に1カプセルを服用します。服用タイミングは食前、食後を問いませんが、毎日同じような時間帯に服用します。
  • 日本での標準的な用量は0.2mgであるため海外での標準的な用量のタムロシン0.4mgは高用量です。まずは0.2mgを服用して効果や副作用発現の有無など様子を見てから増量することを推奨します。
  • 上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

  • めまい、頭痛、いらいら、眠気、しびれ、血圧の低下など。
  • 副作用は上記に限りません。


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ハルナールジェネリック・カプセル(ユリマックス)
関連記事