おくすり.com

      グルコバイ(アカルボース)25mg


★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明

2型糖尿病薬で強力な血糖降下作用を持つグリメピリドです。膵臓に直接働きかけてインスリン分泌を促進させます。日本では「アマリール」という商品名でサノフィ株式会社が製造しており、これは同会社の海外製品版です。1回1mg内服ですので、ピルカッターで1/4にしてご使用いただけます。

有効成分:グリメピリド 1mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

アマリール(グリメピリド)は、2型糖尿病の治療薬で、膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリン量を増やし、同時にインスリン抵抗を改善することで糖尿病を治療するお薬です。

当アマリールは1錠に1mgのグリメピリドが配合されており、1日に1回1錠(1mg)を服用します。

糖尿病とは、食べ物から摂取した糖質が健康な場合にはエネルギー活動に使われるところ、活用されずに直接尿として排出しています状態です。これを体内の糖代謝がうまく機能していない状態、いわゆる糖代謝の異常と言います。


用法 
★用法
  • 【アマリールの使用開始時】通常、1日に1回1mg(1錠)を服用します。効果が不十分とされた場合の増量は可能ですが、定期的に血糖値を測定1した結果に基づいて1週間、1週間などの単位で1mgずつ増量します。
  • 【血糖値のコントロールが正しく行われている場合】通常、1日に1回、1mg~4mgを、朝食前や1日の最初の食事前に服用。服用後には必ず食事をしましょう。
  • 【アマリールの服用量の軽減】低血糖症を発症させないよう、十分注意および考慮したうえで使用の停止や減量を行います。減量や服用停止は医師の判断にもとづいておこないます。

最近はカロリー制限を楽にする食事の仕方もいろいろ研究されています。そのひとつが、野菜を先に食べて、炭水化物をいちばん最後に食べる食事法です。

この食べ方をすると総カロリー量は同じでも血糖値を急上昇させないので、血糖値の安定に効果があり太りにくくなります。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

  • アマリールには以下のような副作用が起こりえますので、気になる方は医師とご相談ください。
  • 下痢、便秘、腹痛、吐き気、嘔吐
  • 服用初期の一時的な視覚障害や体重の増加
  • 低血糖症や発疹・痒みなどアレルギー性皮膚炎
  • 肝機能不全、肝炎、胆汁うっ帯性黄疸、再生不良性貧血、無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症、過敏症反応、溶血性貧血、白血球減少症など


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      グルコバイ(アカルボース)25mg
関連記事