おくすり.com

      ビマット(ルミガンジェネリック)
 

★商品レビュー・体験談

初めての購入です。
まつ毛の育毛効果がある薬はいくつかあるようですが、お値段の安さから、こちらの商品を選択しました。

現在使用1週間が経過しましたが、明らかにまつ毛が長くなっています。
コンタクトを装着する際、まつ毛が巻き込まれて目に入るので困るくらいです。

瞬きをするにも、瞼が重い感じがします。
説明には使用開始から効果が表れるまでは間が空くと記載があったので、ここまで効果がはやく表れるとは思っておらず、驚きました。

元々まつ毛は長い方でしたが、これだけの効果が、これほど早く表れて、とても嬉しく感じています!

私は就寝前にアイライナーブラシを使って塗布するようにしています。
100円ショップに売ってある、細い筆のタイプのものを使用しています。

色素沈着の副作用については、今のところ見受けられません。
ただ、目の痒み・充血は多少ある状態です。
目の痒みは耐えられないという程ではないのですが、充血は少し目立ってしまうので、点眼薬のナファゾリンを併用して対処しています。

ナファゾリンのおかげで充血も解消されるため、ビマット使用による生活への影響はあまりありません。

体質などによって効果に差はあると思いますが、使用を迷っていらっしゃる方は、まず1本試してみて損はないと思います!
20180302214012.gif 
★商品説明

高い効果が期待できるまつ毛育毛剤であるビマットは、ルミガンのジェネリック医薬品です。同じ有効成分を配合していますが、国内クリニックで処方されるラティースやグラッシュビスタの約1/10のお値段でお買い求めいただけます。

有効成分:Bimatoprost ophthalmic Soln.(ビマトプロスト)0.01%


20180302214108.gif 
★効果・効能

当商品ビマットは先発薬ルミガンと同様にビマトプロスト配合のまつげ育毛剤のジェネリックのため、ラティース、グラッシュビスタなど有名なまつげ育毛剤と同じ成分、効果ですが、値段が大幅に安い後発薬です。

目元の印象をガラリと変えてくれるまつ毛エクステや付けまつ毛をされる方が多い中、まつ毛が抜けて薄くなってしまったり、まつ毛の量が少ない悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。

多くの美容クリニックで処方されるラティース、グラッシュビスタ、ルミガンというまつ毛育毛剤は、その発毛・育毛効果が高いことからたくさんの人に愛用されていますが、費用が高く美容クリニックを受診しないといけない手間が掛かってしまいます。

そんな悩みを解決してくれるビマットは、ラティース、グラッシュビスタ、ルミガンと同成分のジェネリック医薬品です。

他のまつげ育毛剤と同じ有効成分ビマトプロストが配合されており、インドの大手製薬会社アジャンタファーマ社が開発した医薬品です。

ラティースやグラッシュビスタは元々緑内障の治療薬として開発された点眼薬でしたが、まつ毛の発毛効果が認められたため、2008年にアメリカのFDAがまつ毛育毛剤として承認した経緯があります。

成分ビマトプロストをまつ毛の生え際に塗ることで、まつ毛の毛量を増やし、密度を濃くし、太く長いまつ毛の育毛効果が期待されます。

臨床試験の結果では、16週間(約4ヶ月)のビマトプロスト配合まつげ育毛剤の使用で、78%の方がまつげの長さ、太さ、濃さ、量などに効果を実感したという結果が出ています。

また、まつ毛の量が増えることでアイプチなどをしていた一重まぶたの方が、自然に二重まぶたになったという嬉しい声もいただいております。

普段まつ毛の量が少ないことで、多くのまつ毛エクステを付けられなかった方も、希望の量をつけられるようになった方が多くいらっしゃいます。

ドラックストアなどで購入できる市販のスカルプDボーテにはビマトプロストは配合されていませんのでまつげは伸びませんし量が増えることはありません。

それらのまつげ美容液では満足いただけなかった方にも、ビマトプロスト配合のまつげ育毛剤を是非お試しいただきたい商品です。

ビマトプロストとまつげ美容液の違い

先発薬ルミガンは2009年より武田薬品が販売する緑内障の治療薬です。点眼タイプのお薬で、眼圧が高くなることで視覚障害が生じる緑内障のお薬として汎用されています。

緑内障とは40代~60代の方が罹患しやすく、眼圧が高くなることで目が見えにくくなり、放置すれば失明にも陥る病気です。40歳以上の20人に1人の割合で診断される身近な目の病気です。

緑内障に対しルミガンは、1日1回の点眼で強力な眼圧下降作用を示します。優れた治療効果から、開放隅角緑内障に対して第一選択薬として処方されることが多いお薬です。

ルミガンの開発途中、副作用として「目の周りの毛が濃くなった」という副作用が多数報告されたことで、まつ毛貧毛症への治療薬としても改良されています。

同じビマトプロストが配合されたグラッシュビスタは、まつ毛貧毛症の育毛薬として2014年に承認されています。


用法 
★用法
  • ビマトプロストとしてビマットをアイメイクを綺麗に洗い流してください。
  • 水気をふき取ったまつ毛の生え際に、ビマットを1滴塗って下さい。
  • 片目に1滴ずつ滴下してください。
  • 市販のアイブラシなどで伸ばしてください。
  • マイクロ綿棒やリップブラシなどもご使用いただけます。
  • アイラインを引くように上まぶたの根本に沿って、軽く伸ばすように塗って下さい。
  • コンタクトレンズははずしてご使用下さい。
  • 使用は1日1回までとしてください。
  • 1日2回以上の使用は効果を倍増することはなく、思わぬ副作用を引き起こす可能性があります。
  • 下まぶたは皮膚が薄く色素沈着が起きやすいため、使用は控えてください。
  • まぶたからはみ出た液は、ティッシュ等でやさしく拭き取って下さい。
  • 目の中に入らないように注意してください。
  • まつ毛以外の部位への使用は控えてください。
  • 他のまつ毛美容液との併用はお控え下さい。
  • 目の周りがかぶれやすいなど、肌が弱い方はパッチテストをおすすめいたします。
  • 成人の方を対象としたお薬のため、中学生や高校生の使用については皮膚科専門医を受診の上でご相談ください。
  • アトピー性皮膚炎の方は、主治医や専門医にご相談の上で使用を検討してください。
  • 眼科の手術などの後に使用する場合は、患部が十分に修復し治癒した後にご使用ください。ものもらい(めばちこ)などの疾患のある場合には症状を悪化させる恐れがあるため、治癒した後にご使用ください。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

用法用量を守り正しくお使いいただければ、ビマトプロスト配合のまつげ育毛剤は安心してお使いいただける医薬品です。

  • 以下の目の病気をお持ちの方はビマトプロスト配合のまつげ育毛剤の使用を控えてください。
    • 無水晶体眼又は眼内レンズ挿入眼の方
    • 眼内炎(虹彩炎、ぶどう膜炎)のある方
  • 国内の臨床試験ではごく稀な副作用として、結膜充血、眼脂(めやに)、皮膚色素過剰が報告されています。これらの症状は一過性で時間の経過と共に消失するのがほとんどです。
  • 万が一症状が悪化したり持続する場合は使用を中止し、眼科医などの専門機関を受診してください。
  • 目元周辺(眉毛含む)の毛が濃くなることが稀に報告されています。
  • ヘルペスウイルスの治療中の方は、治りにくくなることが報告されています。
  • 気になる方は担当医に相談の上で使用を検討してください。
  • 妊娠されている方、授乳中の女性は使用を控えてください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ビマット(ルミガンジェネリック)
関連記事