おくすり.com

      テルビナフィン250mg
 

★商品レビュー・体験談

旅行先のお風呂で水虫を貰ったみたいです。しばらく放置していたら足の小指の爪が分厚くなり焦ってしまいました。爪きりで小指の爪を全部切ったのですが新しい爪も分厚く失敗してしまいました。

女性という事もあり…(水虫は、おじさんが成るものだと思っていたので)病院に行く勇気も無く、薬局に行く勇気もない時にネットで、くすりエクスプレスさんに出会えました最初は、海外の薬なので不安しか有りませんでした。偽薬では無いのか?入金しても薬は届かないのではないかなど、一番心配だったのは、薬の値段が安すぎるところでした。

安い薬に手を出して変な病気や障害が残ったらと不安でした。昔、急性肝炎に成った事も有り、今は完治していても薬を使う事には不安がいっぱいです。取り敢えず、自分の体に合わなければ直ぐに捨てたらいいと思い。注文してみました。

注文完了して振り込みも終わり後は、薬が来るだけです。ちゃんと来ました(笑)途中にもメールで発送したとか日本に着いたとか分かるので、心配の必要は有りませんでした。1週間ほどで受け取れたので、かなり早いです。ありがとうございます。

薬は、毎日1錠ずつ寝る前に飲んでます。2ヵ月経った今でも副作用も無く小指の爪も綺麗に成ってきました。本当に、くすりエクスプレスさんに出会えて良かったです。友達にも紹介したいと思います。
20180302214012.gif 
★商品説明

水虫やカンジダ症に有効なテルビナフィンは、飲むタイプの抗真菌薬です。国内のクリニックで一般的に処方されるお薬より、低価格で気軽に服用いただけます。塗り薬では治りにくい爪水虫や、デリケートゾーンのカンジダ症にも効果的です。

有効成分:テルビナフィン250mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

テルビナフィンは抗真菌薬に分類されるお薬で、主に水虫やカンジダ症に対して処方される錠剤タイプのお薬です。

「ラミシール錠」や「テルビー錠」として国内の皮膚科クリニックで一般的に処方される医療用医薬品です。

クリームなどの外用剤ではドラッグストアで気軽に購入できますが、飲む錠剤タイプのテルビナフィンは医師の処方せんが必要になります。

体の中から作用するテルビナフィン錠は、クリープタイプや液体タイプに比べてより強力な抗真菌作用を発揮するのが特徴です。

飲むタイプのテルビナフィンは、塗り薬では治らない重度の水虫やカンジダ症に処方されます。

真菌とはカビに分類される生物で、白癬菌(皮膚糸状菌)という真菌が感染することで水虫(足白癬’)の症状が現れます。

足以外に爪水虫と呼ばれる爪白癬、頭部に感染した場合は白癬(しらくも)といった症状が現れます。

また膣カンジダ症の原因となるカンジダも真菌の一種です。女性の5人に1人が感染すると言われるカンジダ症は、抵抗力が落ちたときに症状が現れるのが特徴です。

これらの水虫やカンジダ症に一般的に処方されるのが、テルビナフィンです。アリルアミン系の抗真菌薬に分類され、強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを持ており、殺菌的に作用します。

真菌細胞内のスクアレンの代謝酵素を選択的に阻害することで細胞壁を破壊し、抗菌作用を発揮します。テルビナフィン錠剤の適用となるのは、塗り薬で治りにくい深在性皮膚真菌症や爪白癬、頭部白癬などです。

処方された用法用量を守って正しく服用すれば、繰り返す水虫の症状を完治することができます。テルビナフィン錠は製品特許が切れて以降、国内でもジェネリック医薬品が販売されています。

当社の製品はインドの大手製薬会社が販売するジェネリック医薬品であるため、より安値で手に入れることができます。

肝臓系の疾患のある方、血液障害をお持ちの方はテルビナフィンを服用することで症状が悪化する可能性があります。主治医と相談の上で服用を検討してください


用法 
★用法

塗り薬(外用)では治らない重度の水虫やカンジダ症に処方されます。通常外用剤で治療できた方には処方されません。

成人の場合、通常1日1回1錠(125mg)を服用します。飲む時間は決められていませんが、食後(食事の後30分以内)に服用してください。指示された期間服用してください。表面的に治ったと思っていても、菌が残っている場合があります。

通常潜伏している真菌を確実に排除するには、半年~1年ほどかかると言われています。外用剤に比べて副作用も多く報告されています。

テルビナフィンは人間の症状の治療薬ですが、ペットにも効果が認められていますのでペット用での使用法や容量については獣医師とご相談ください


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

飲み始めて2ヶ月以内に肝機能障害が多く報告されています。4週間に1度医療機関で血液検査を受けて、副作用の確認を行うことが推奨されています。

また、汎血球減少や無顆粒球症、血小板減少などの血液障害も報告されています。血液系疾患をお持ちの方は、主治医と相談の上で服用を検討してください。

服用後、めまいや眠気を催すことがあるため、車の運転や危険な作業、高所作業などには十分注意してください。その他の副作用として、発疹・蕁麻疹・そう痒感などの過敏症、胃の不快感、吐き気、下痢、腹痛などが報告されています。

症状がひどい場合は服用を中止して、医療機関を受診するようにしてください。テルビナフィン錠は1℃~30℃の室温で管理し、冷蔵庫の中で保管するのは控えてください。

光を浴びると変性する可能性があるため、直射日光を避けて保管してください。添加物として乳糖が少量含まれています。牛乳アレルギーをお持ちの方は慎重に服用を検討してください。




SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      テルビナフィン250mg
関連記事