おくすり.com

      ラミシールクリームジェネリック(ファンゴテック)
 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
テルビナフィン配合の有名な水虫治療薬ラミシールの塗り薬!皮膚科でも処方されやすいお薬です。爪の水虫や進行した水虫には服用薬が有効。

20180302214108.gif 
★効果・効能

水虫の治療薬として有名なラミシールクリームジェネリック(ファンゴテック)は、有効成分テルビナフィンを配合した抗真菌薬です。

1日1回の塗布でしっかり患部に浸透し、症状を抑えていきます。ラミシールクリームジェネリックにはテルビナフィンのほかに、クロタミトンが患部の不快なかゆみを鎮め、グリチルレチン酸が患部の炎症を抑えます。

その他に、l-メントールが爽やかな使用感を与え、尿素が水虫による皮のかさかさ、ひび割れを改善します。クリームタイプなので、軟膏やスプレーに比べてべたつかず、使い心地のよい医薬品です。

ジュクジュクしたタイプの水虫や、ひび割れやかさかさしたタイプの水虫にも効果が期待されます。 最大の特徴は、他の水虫治療薬に比べて少量で抗菌力が強いことです。

強力な殺菌作用に加えて、かゆみを鎮める作用も併せ持っています。 水虫はカビと同じ真菌に分類される足白癬菌が感染することで発症し、皮膚の表面に付着したあと、12時間~24時間の時間をかけて皮膚の奥へと侵入していきます。

テルビナフィンは真菌の細胞壁合成と細胞膜機能を崩壊させ、真菌細胞の発育を抑制することで殺菌的に作用します。

ラミシールクリームジェネリックは、水虫以外に皮膚カンジダ症(指間びらん症、間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む))や癜風(でんぷう)にも効果があります。

国内では2006年に承認・販売されており、多くのジェネリック医薬品も販売されています。医師の処方せんが必要な医療用医薬品である一方で、ドラッグストアやネットで誰もが購入できる一般用医薬品としても販売されています。

しかし、一般用医薬品は値段が高く、皮膚科で処方してもらうには受診料と時間が負担となります。 水虫治療の重要なポイントは、根気よく治療を続けることです。

通常ラミシールクリームジェネリックを使用して1~2ヶ月で症状は治まりますが、症状が治まった後の2~3ヶ月も塗り続けることで角質層の深部に潜伏している足白癬菌を殺菌することができます。

何年も水虫に悩まれている方には、半年間1日1回広範囲に塗り続けることをおすすめします。また、入浴後の清潔な状態でラミシールクリームジェネリックを塗るのがもっとも効果的で、同居する家族にも一緒に治療をお願いするのが効果的です。


用法 
★用法
ラミシールクリームジェネリックは1日1回、適量を指にとって患部に塗ります。症状がある患部より2周ほど広範囲に塗るのがポイントです。丸い円を描くように塗り、大きい円から小さい円に向かって塗るようにしてください

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

国内の臨床試験の結果、主な副作用として発疹、蕁麻疹(じんましん)、血管浮腫、そう痒症、紅斑などの過敏症と、湿疹、皮膚乾燥、疼痛、色素沈着、皮膚灼熱感、接触皮膚炎などの皮膚症状が報告されていますが、いずれも軽度です。ただし、妊娠中の女性には原則使用ができません。

治療によって得られる効果が副作用などのリスクを上回った場合のみ使用できるため、専門医や産婦人科医に相談の上で検討してください。誤って目の中に入れてしまった場合は、刺激症状があらわれることがあるので、流水で十分に目をすすいでください。

刺激症状が見られた場合は、すみやかに医療機関を受診するようにしてください。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ラミシールクリームジェネリック(ファンゴテック)
関連記事