おくすり.com

      ボルタレンジェンリック(ボベラン)50mg


★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明

有名な消炎・鎮痛薬ボルタレンのジェネリック!炎症の痛みや熱・腫れをやわらげる服用薬で、非ステロイド性の鎮痛解熱剤に分類されます。

有効成分:Diclofenac(ジクロフェナクナトリウム)50mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

ボルタレンジェネリック50mgは、炎症による痛みや腫れをおさえるお薬です。腰痛や歯痛、手術後の疼痛など、幅広い用途において使用することができます。

侵害受容性疼痛とよばれる、炎症を由来とした痛みには、非常に高い効果を発揮します。

※神経性の痛みであればリリカジェネリック(プレガバリン)などが用いられています。片頭痛であればレルバックス(エレトリプタン)などが第一選択となります。

ボルタレンジェネリック50mgは、「NSAIDs(非ステロイド系抗炎症薬)」という種類のお薬で、中でもアリール酢酸系に分類されています。

NSAIDsの中でも有名なロキソニンはプロピオン酸系、バファリンはサリチル酸系と、少しずつ異なることが特徴です。 これらの中でも、ボルタレンジェネリックは作用が強いことが特徴ですが、胃痛などの副作用も強いことで知られています。

副作用が出やすい方は、NSAIDsの副作用を改善した、セレコックス(セレコキシブ)などを用いると良いでしょう。

また、長時間の効果と、副作用の軽減を狙った、ボルタレンSRといいう徐放性製剤も販売されています。

ちなみに、効果は「ボルタレン>ロキソニン≧セレコックス>イブ>アスピリン」という意見を持つ専門家が多いようです。

ボルタレンジェネリック50mgは、有効成分としてジクロフェナクナトリウムという成分が配合されており、痛みのもとであるプロスタグランジンを生成する、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害します。

COXのなかでも、特にCOX-2は炎症性サイトカインなどによってつくられるので、痛みと密接な関係が知られています。 また、プロスタグランジンには発痛物質であるブラジキニンなどにも関わっているので、NSAIDsを服用すると鎮痛作用が発揮されるのです。

ボルタレンジェネリック50mgの作用機序は、アラキドン酸代謝におけるCOX活性を阻害することによると考えられています。

鎮痛作用だけでなく、抗炎症作用や解熱作用も有しており、従来用いられていたインドメタシンよりも強い効果があることが認められています。

※ボルタレンには塗るジェルタイプの「ボルタレンジェル」もあります。

ボルタレンは以下のような症状の鎮痛、消炎、解熱効果があるお薬です。

  • 関節リウマチ
  • 腰痛
  • 変形性関節炎
  • 抜歯後や手術後の鎮痛、消炎
  • 急性上気道炎の解熱や鎮痛

用法 
★用法

①関節リウマチ、変形性関節症、変形性脊椎症、腰痛症、腱鞘炎、頸肩腕症候群、神経痛、後陣痛、骨盤内炎症、月経困難 症、膀胱炎、前眼部炎症、歯痛の鎮痛・消炎、手術ならびに抜歯後の鎮痛・消炎 成人にはジクロフェナクナトリウムとして1日量75~100mgを、3回に分けて服用してください。

頓用する場合には、25~50mgを服用してください。

②急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛 成人にはジクロフェナクナトリウムとして1回量25~50mgを、症状の出たときに服用してください。

年齢、症状により適宜増減することが可能ですが、原則として1日2回まで、1日最大100mgを限度としてください。

※本剤は、空腹時に服用すると、胃痛などの副作用が起こることがあります。 空腹時の投与は、なるべく避けるようにしてください。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
  • 軽度の副作用 胃炎・胃部不快感などの消化器症状、発疹等の皮膚症状、浮腫、食道障害、喘息など



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ボルタレンジェンリック(ボベラン)50mg
関連記事