おくすり.com

      デュタステリド(ザガーロアボルブ)0.5mg
 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明

前立腺肥大症や男性型脱毛症(AGA)を治療します。海外では「アボダート」という商品名で販売されており、世界各国で使用されている人気のお薬です。

有効成分:デュタステリド (Dutasteride) 0.5mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

デュタステリドは、前立腺肥大症や男性型脱毛症(AGA)を治療するお薬です。

もともとは前立腺肥大症の治療薬として、「アボルブ」という商品名で2009年7月より用いられていましたが、男性型脱毛症にも効果があることが分かり、「ザガーロ」という商品名で2015年9月より発売されました。

海外では「アボダート」という商品名でも販売されており、世界各国で使用されている人気のお薬です。

デュタステリドは、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンへと変換されることをおさえる働きがあります。

前立腺肥大症や男性型脱毛症の発症には、このジヒドロテストステロンが関わることが分かっており、これら2つの疾患において効果を発揮します。

前立腺肥大症の治療薬である「アボルブ」では、前立腺内のジヒドロテストステロンの産生をおさえ、肥大した前立腺を小さくして、排尿障害を改善する作用があります。

前立腺を小さくすることにより、尿道が物理的に狭くなることがおさえられ、尿の流れが良くなって排尿障害が改善されます。 さらに夜間頻尿にも効果的であるので、生活質を良くする働きもあります。

実際の臨床試験においても、アボルブ2週間服用することで、血清中ジヒドロテストステロン濃度を87.5%減少させたというデータが報告されています。

男性型脱毛症(AGA)の治療薬である「ザガーロ」では、ジヒドロテストステロンの産生をおさえることによって、脱毛が起こることを予防します。

ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合すると、毛髪が退行期または休止期に移行して、脱毛が起こると考えられています。

ザガーロに配合されているデュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する1型および2型5α還元酵素を阻害することによって、ジヒドロテストステロンの産生を抑えます。

似た作用をもったお薬としては「プロペシア(フィナステリド)」が用いられていますが、2型5α還元酵素にしか作用を示さないため、ザガーロはプロペシアの1.6倍の発毛効果があるという研究成果もあります。


用法 
★用法

デュタステリドの効能・効果および用法・用量は、下記の通りです。

<前立腺肥大症に用いる場合> 前立腺肥大症 成人では、デュタステリドとして1回0.5mgを1日1回、服用するようにしてください。

<男性型脱毛症(AGA)に用いる場合> 男性における男性型脱毛症 男性成人では、デュタステリドとして0.1mgを1日1回、服用するようにしてください。

必要に応じて0.5mgを1日1回まで増量することも可能です。

デュタステリドは、男性においてのみ有効性が認められているので、女性は服用しないようにしてください。

飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。 ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

デュタステリドの副作用としては「肝機能障害、黄疸、性機能障害、勃起不全、リビドー減退、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)」などが報告されています。


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      デュタステリド(ザガーロアボルブ)0.5mg
関連記事