おくすり.com

      ミルタザピン(リフレックス)45mg


★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明

うつ病など心の病気の治療薬です。ゆううつな気持ち、不安など心の症状だけでなく、不眠や食欲不振など体の症状にも効果的。

有効成分:ミルタザピン (Mirtazapine) 45mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

ミルタザピン45mgは、うつ病などのこころの病気の治療に用いられるお薬です。

ゆううつな気持ちや、不安やイライラなどのこころの症状だけでなく、眠れなくなる、食欲がなくなるといった体の症状にも効果が認められています。

リフレックスという商品名で知られており、「ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)」という分類で、医療用でも「リフレックス」として用いられているお薬です。

こころの病気の治療では、SSRIやSNRIといったお薬が汎用されていますが、胃腸障害や性機能障害が副作用としてあらわれることがあります。

ミルタザピン45mgでは、セロトニン受容体にバランス良く働きかけるため、これらの副作用は少ないとされています。

また、不眠がある場合や食欲不振がある場合においても、非常に有効であることがわかっています。

うつ病の治療においては、休養と環境の調節が、非常に重要であるといわれています。 これらを行っても状態が改善しない場合には、本剤を含む抗うつ薬を検討するようにしてください。

開始する際には、副作用を軽減するために、少量から徐々に増やしていくことが推奨されています。 基本的には単剤で用いることが推奨されていますが、効果が出るまでには時間がかかるため、抗不安薬や睡眠薬を併用することもあります。

ミルタザピン45mgは、以前から用いられていた四環系抗うつ薬(テシプール、テトラミドなど)に似た構造を持ったお薬です。

しかし、非常に新しいお薬である本剤では、シナプス前部にある「自己受容体」という部分にも効果を発揮することから、これまでにない効果が認められています。

作用機序は、中枢のシナプス前α2アドレナリン自己受容体及びヘテロ受容体に対して拮抗作用を示し、中枢のセロトニン及びノルアドレナリンの両方の神経伝達を増強することによります。


用法 
★用法

ミルタザピン45mgの効能・効果および用法・用量は、下記の通りです。

うつ病・うつ状態 成人では、ミルタザピンとして1日15mgを初期用量として、15~30mgを1日1回、就寝前に服用するようにしてください。

年齢、症状に応じて1日45mgを超えない範囲で適宜増減することが可能です。 ただし、服用量を増やす場合には1週間以上の間隔をあけながら、1日用量として15mgずつ増量するようにしてください。

飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。 ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

ミルタザピン45mgの副作用としては「体重増加、倦怠感、傾眠、浮動性めまい、喉の渇き、便秘、下痢、発熱、頻脈、セロトニン症候群」などが報告されています


SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      ミルタザピン(リフレックス)45mg
関連記事