おくすり.com

      フォシーガ5mg
 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明

2型糖尿病の治療に用いるお薬です。腎臓におけるブドウ糖の再吸収も阻害する働きがあるため、血糖の改善に加えて体重を減らす効果も期待できます。

有効成分:ダパグリフロジン(Dapagliflozin) 5mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

フォシーガは、2型糖尿病の治療に用いるお薬です。

「SGLT2阻害薬」という分類のお薬で、ダパグリフロジン5mgが配合されているお薬です。 腎臓におけるブドウ糖の再吸収も阻害する働きがあるため、血糖の改善に加えて体重を減らす効果も期待できます。

糖尿病に用いるお薬としては、非常に新しい作用機序を持っており、高い効果が認められています。 糖尿病は、血液中の糖の量(血糖)が多いことによる疾患です。

血糖が高い状態が続くと、糖尿病特有の合併症が起こってしまい、失明や腎臓病、手足の壊死につながってしまいます。 動脈硬化性疾患につながることもわかっており、心臓病や高脂血症などの原因となることもあります。

そのため、糖尿病を発症した際には、血糖を適切にコントロールすることが求められています。 糖尿病の治療の基本としては、食事・運動療法が基本となります。

しかし、これらのみでコントロールがうまくいかない場合には、経口血糖降下薬を服用することがおススメされます。

経口血糖降下薬には、従来のSU剤やチアゾリジン系薬、ビクアナイド系薬、メトホルミン製剤に加え、DPP-4阻害薬やSGLT2阻害薬などの新しい作用機序を持った薬剤が使われるようになってきています。

フォシーガは腎臓の尿細管という部位に多く存在する、ナトリウム・グルコース共輸送体(SGLT)2という輸送チャネルに作用して、糖が尿へと再吸収されるのを妨げます。

フォシーガは、SGLT2の競合的かつ可逆的な選択的阻害剤であり、空腹時及び食後の血糖コントロールを改善します。 また、尿から糖を排泄するため、体重減少などのダイエット作用が認められています。

ただし、高齢化などを中心に、脱水症などの副作用が認められているため、十分に注意をするようにしてください。


用法 
★用法

フォシーガの副作用としては「低血糖、腎盂腎炎、敗血症、脱水、ケトアシドーシス」などが報告されています。

禁忌は「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者、重症ケトーシス・糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者、重症感染症・手術前後・重篤な外傷のある患者」とされています。

肝疾患を有する方やその既往歴のある方、腎機能障害のある方、ご高齢の方では、血中濃度に影響をおよぼす可能性があるので、薬剤の増量・減量などを考慮して下さい。

他の糖尿病用薬(SU剤、チアゾリジン系薬、ビクアナイド系薬、DPP-4阻害薬など)、血糖降下作用を増強する薬剤(β遮断薬、サリチル酸剤など)、血糖降下作用を減弱する薬剤(副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、アドレナリンなど)、利尿薬(ループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬など)を服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので医師に相談をするようにして下さい。

(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。)

悪心・嘔吐、食欲減退、腹痛、過度な口の渇き、だるさ、呼吸困難、意識障害などの症状が現れた場合には、すみやかに服用を中止して医師に相談するようにしてください。

妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、インスリンによる血糖管理が強く推奨されているので、本剤は服用しないようにしてください。

授乳婦については、成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。

排尿困難や尿閉など、尿が出ない症状がある場合には、それらの治療を優先するとともに他の血糖降下薬での治療をするようにしてください。

低血糖症状を起こすことがあるので、高所作業や自動車の運転等を行う際には、十分に注意をするようにしてください。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分




SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif   

      フォシーガ5mg
関連記事