おくすり.com

 
      サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg
★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明

サインバルダジェネリック(デュロキセチン)という医薬品は、神経伝達物質をバランスよく送り込み、落ち込みがちな気分を明るくするはたらきのある次世代の抗うつ薬として知られています!

有効成分:デュロキセチン 60mg


20180302214108.gif 
★効果・効能

サインバルタの成分デュロキセチンは、糖尿病性の神経障害、変形性の関節炎、慢性の腰痛などの中枢神経系の痛みを抑えます。

鎮痛の効果も高く、服用することで筋肉や神経の痛みを緩和し、心身ともに健やかな状態へと整えていくことができる医薬品ともなっています!

うつ病の症状に深い関わりのあるセロトニン・ノルアドレナリンをちょうど良い分量で脳内に送り、うつ病にありがちな沈んだ気持ちを緩和し、穏やかな効き目の作用のため、たくさんの方たちに処方されています。

サインバルダジェネリック(デュロキセチン)は、うつ病などの精神疾患の治療のほかにも尿失禁の予防・疼痛抑制作用にも優れた医薬品となり、その効果も多岐にわたっています。

うつ病は日本国内でも患者数が多く、治療法も難しいデリケートな疾患として知られていますが、サインバルダジェネリック(デュロキセチン)の服用により、脳内神経伝達物質のはたらきを正常に保ち、ストレスから心身を守ることができます。

サインバルダジェネリックの有効成分であるデュロキセチンは、三世代の抗うつ剤として代表的な医薬品でもあり、セロトニン・ノルアドレナリン両方の作用を高め、うつ病の症状にダイレクトにアプローチしてくれます。

疼痛の緩和にもシナプス間濃度を高め、痛みを感じることのないように作用します。緊張からくる尿失禁の症状に悩み方たちにも処方がされることもあり、メンタルクリニック以外の医療機関でも多く取り入れられています。

塩野義製薬や日本イーライリリー社からも似た作用の医薬品が販売されていますが、これらと比較してみると、臨床試験においても有効な抗うつ剤ということが明らかになっています。


用法 
★用法
  • 成人で1日当たり60㎎を服用し、症状に応じて増量し、1日に服用量は120㎎まで。
  • 上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
  • じんましん、発疹、火照り、悪寒、脱水、頭痛、うるえ、脱力感、倦怠感など。
  • 副作用は上記に限りません。



SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-27-34_No-00.jpg 
SnapCrab_NoName_2018-8-15_9-30-28_No-00.jpg 
WHr6v1TUQFMz1RF1534293899_1534294162.gif 

      サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg
関連記事