おくすり.com



★商品レビュー・体験談

  • 評価:評価44
    メロセット(メラトニン)-仕様してみました

    仕様してみました

    寝付きが悪いので購入し、半分にカットして使用しました。
    直ぐに眠気が来るわけでは有りませんが、いつの間にか眠りについてました。コスパはいいと思います。

  • 評価:評価44

    良いです

    自然に眠くなります。市販の薬では翌朝体がダルい感じが残ってましたが
    メラトニンは朝も目覚めはスッキリしていてお薦めです。

  • 評価:評価55

    メロセット 睡眠改善に良い製品です

    毎日睡眠時間が数時間で不定期でした、体内時計の調整をとり時差や睡眠周期の遅れなど不眠症や睡眠時間帯のコントロールを!と思い購入。とても調子良く、睡眠時間の調整にとても便利。睡眠薬とは違い自然の状態で起きることができるようになりました。

  • 評価:評価55
    メロセット(メラトニン)-服用後一時間もすると眠くなります

    服用後一時間もすると眠くなります

    写真は製品が入っている紙の箱の側面を撮影したものです。左側にあるMelatonin BPのBPは、British Pharmacopoeia(英国政府の許可の下りた薬物類)の略です。英国基準に合致しているのなら、品質について心配する必要はないでしょう。なお、アリスト・ファーマ社はバングラデシュで設立された企業ですが、この製品はインドで作られたと写真にはあります。

    各タブレットには、その品質のメラトニンが3mg含まれていると書かれています。注意書きとして、涼しくて乾燥した場所で保管し、光を当てないようにとあります。製品は光を通さない白い梱包素材で守られていますが、念のために買った時に入っていた箱に入れたまま光が当たらないように保管した方がよさそうです。

    消化にかかる時間は、胃の中で約3〜5時間、小腸の中で約5〜8時間と言われています。だから、この製品も、服用後長い時間を経なければ、小腸から吸収されて、効果を発揮することはないだろうと当初思っていたのですが、食事と一緒にではなくて、これだけを水と一緒に飲む場合は、かなり早く吸収されるようで、服用後一時間もすると眠くなってきます。

    これまで、夜なかなか寝られない時があったので、この製品はとても助かります。ただし、あまり早く服用すると、体は昼寝と受け取るようで、三時間ほど熟睡した後、目が覚めてしまい、体内のメラトニンを使い切ったためなのか、全く眠れなくなりました。やはり、概日リズムを無視したことはするべきではないですね。少しずつ就眠時間を前倒しにすることなら、できるかもしれませんが、オックスフォード大学のポール・ケリーによると、早寝早起きはむしろ体に悪いそうなので、メロセットを使って早寝早起きをすることは断念しました。それでも、熟睡するために、メロセットを使い続けたいと思います。

  • 評価:評価33
    メロセット(メラトニン)-ネット最安値

    ネット最安値

    不眠症に悩まされていて安眠サプリメントの存在を知り
    購入し使用開始したが価格と効果に乖離あり過ぎて
    後悔したが、睡眠薬もネットで購入可能な事を知り
    調べている内にここへたどり着いた

    肝心のメロセットの効き目だがメラトニン系は
    弱い薬らしく爆睡は期待出来ない※個人差があるだろう

    だが低価格であり、クレーム対応の迅速さで
    ここのサイトは評価にあたいすると思う

    評価点数の☆☆☆はメロセットの効果の評価

    ここのサイトは☆☆☆☆かな?今のところ(笑)

20180302214012.gif 
★商品説明
メロセットは、気持ちをリラックスさせて眠りへと誘う効果があるメラトニンが主成分となります。
内在性のメラトニンが、脳の中から分泌され周期的なリズムと内部の同調に働きかけ、睡眠サイクルを整えます。
体内時計の調整をとり時差や睡眠周期の遅れなど不眠症や睡眠時間帯のコントロールに効果があります。

20180302214108.gif 
★効果・効能
内在性のメラトニンは、周期的なリズムと内部の同調に働き、睡眠サイクルやホルモンリズムを整えます。
時差や睡眠周期の遅れ、睡眠不順や神経学的に損傷のある患者の治療に使われています。
遊離基消去剤や抗酸化剤にも効果があります。

用法 
★用法
メロセットは経口服用タイプのお薬です。
通常、成人1日1回1-5mgを就寝約30分前に服用して下さい。
初めて服用される方は0.5mgほどの少量からお試しになり、必要に応じて量を増減して調整して下さい。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

疲労、頭痛、悪夢、眩暈、憂鬱症、困惑、そう痒、性欲低下などがあります。
ホルモン補充療法薬や避妊薬に含まれるエストロゲン、カフェインの併用は、メラトニンの肝臓での分解を妨げ、メラトニンの血中濃度を高め副作用の発現が高まります。
他のお薬と併用する場合は必ず医師にご相談してください。

sss 

メロセット(メラトニン)
関連記事