おくすり.com



★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
エブランチルカプセル30mgとは、有効成分となるウラピジルが交感神経α1受容体というものを遮断し、末梢血管を拡げ、血圧を下げるという効果を持った商品です。
この商品は通常、神経因性膀胱や前立腺肥大症などによって尿の出が悪い方や、高血圧症の方に適応するものです。
副作用としては発疹やかゆみや浮腫、頻尿やのぼせなどの症状が見られることがあります。

20180302214108.gif 
★効果・効能
エブランチルカプセル30mgはこの中にウラピジルという成分が含まれていることから、高血圧症や前立腺肥大の治療に多く使われています。
しかし薬を服用することによっていくつかの副作用があることがわかっています。
まれに発疹やかゆみなどの症状が見られることがあります。
このほかには浮腫が見られることもあります。
ウラビジル製剤ではかすみ目など目に関する副作用があります。
この薬の効果効能は血管を収縮させる交感神経の受容体の働きだけを遮断することができるので、末梢の血管を広げて血圧を下げる効果があります。
そして前立腺肥大の際の排尿障害の改善をすることもできます。
他の高圧剤と比べると、心臓や腎臓などへの影響がないので安心です。

用法 
★用法
エブランチルカプセル30mgとは高血圧や前立腺肥大の人のための薬です。
ウラピジルという成分がふくまれており、血管を収縮させる交感神経の受容体の働きのみを遮断して、末梢の血管を拡張させて血圧を下げる薬です。従って高血圧や前立腺肥大の際の排尿障害や褐色細胞腫などの治療に広く利用されています。
使用方法は基本的に、1回15mgを1日2回朝夕食後に経口服用します。
もし飲み忘れた場合にはすぐに服用して構いませんが、4〜5時間間隔を空けるようにしなければなりません。
また一度服用すると長期間にわたって服用しなければいけないので、服用回数や量については医師の指示に従うようにします。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

この薬は、血圧を下げたり、前立腺が肥大した人の尿を出しやすくする作用があります。
副作用は、とくに飲み始めに、めまい、立ちくらみを起こすことがあります。
これらの副作用は徐々によくなりますが、症状が強くなる時は受診してください。
その他には少ないですが、尿失禁が知られています。尿がもれやすくなった場合は医師に相談してください。
重い副作用としては、肝臓に障害が出るときがあります。
その症状として、倦怠感、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色などがあります。
これらの症状がみられた場合はすぐに医療機関を受診してください。

sss 

エブランチルカプセル30mg
関連記事