おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
アセタノール200mgとは、アセブトロールを主成分とする薬です。
本態性高血圧症の治療に用いられます。
血圧を上昇させる交感神経の作用を抑える働きがあります。
狭心症や不整脈の治療にも用いられ、心臓の拍動を活発にする働きがあります。
心臓に選択的に作用し、気管支や代謝などへの影響が少なく、呼吸器疾患や糖尿病の合併症のある人に適しています。

20180302214108.gif 
★効果・効能
効果効能としては、β受容体を遮断することで、心臓の拍出量や心拍数を減少させて心臓への負担を軽くし、血圧を下げる働きがあります。
また、膜安定化作用によって脈を整える作用もあります。
このため、この薬は高血圧症や狭心症、不整脈などの治療に用いられます。使用方法は1日に2〜3回、毎食後に服用します。
もしも服用し忘れた場合には、1回飛ばして、2回分を1度に飲むことは避けましょう。

用法 
★用法
アセタノール200mgは有効成分としてアセブトロールを含む薬です。
アセブトロールはβ遮断薬という分類をされる薬で、その中でもアセブトロールはβ1受容体を選択的に遮断するとされています。
β1受容体は主に心臓に分布しているとされていて、刺激すると心収縮力増強作用や心拍数上昇作用があるとされています。
使用方法は、狭心症や頻脈性不整脈に使用する場合、成人はアセブトロールとして1日300〜600mgを3回に分けて食後に経口服用します。
本態性高血圧症に使用する場合は、成人はアセブトロールとして1日200〜400mgを1回、または2回に分けて経口服用するとされています。
なおどちらの症状に使用する時も年齢や症状によって適宜増減します。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

アセタノール200mgは、主成分が塩酸アセブトロールの軽度〜中等度の本態性高血圧症、狭心症、頻脈性不整脈の治療に用いられる薬です。
心臓の負担を軽減し血圧を下げ、また膜安定化作用により脈を整える働きを持っています。
主な副作用としては、めまい、立ちくらみ、徐脈、霧視(目がかすむ)、涙液分泌減少(ドライアイの一種)、発疹、蕁麻疹、そう痒感(かゆみ)、紅斑性狼瘡(エリテマトーデス)様発疹などが報告されています。
このような症状が現れた時は、医師もしくは薬剤師に相談をしてください。
また、重篤な副作用がまれに報告されています。
呼吸困難、胸の痛み、不整脈、関節痛、筋肉痛、発熱などはその初期症状のおそれがあります。
気になる症状が現れた時は、すぐに服用をやめて医師の診断を受けてください。

sss 

アセタノール200mg
関連記事