おくすり.com

 
★商品レビュー・体験談
  • 価:評価55

    すぐに下がったけど

    血圧を下げるために飲み始めて、すぐに血圧は下がったんですが、ちょっと勢いが良すぎたようで副作用のめまいが出てしまいました。まだ軽症だったから、急に下げすぎたらいけなかったんですかね。でもそれだけ効果が強いってことだと思います。

  • 評価:評価55

    咳が出ない

    前に似たような高血圧の薬を使って副作用の咳が止まらなかったのですが、オルメトールは同じような薬の中でも咳が出にくいということで愛用しています。血圧が下がっても、他のことで生活に支障が出たら元も子もないからね〜。

  • 評価:評価55

    愛用中

    オルメサルタンは飲んだことがあるし、このジェネリックのオルメトールも同じように効くので今はこっちを愛用しています(^_^)v血圧っていつのまにか上がってしまうから…(-_-;)一応、塩分とかにも気をつけてるんですけどね(苦笑)

  • 評価:評価55
    オルメトール40mg-自分に合った飲み方

    自分に合った飲み方

    血圧が下がれば良いってもんでもないので、体調をよく見極めながら飲むのが大切です☆自分に合った飲み方を見つけたので快適です。

  • 評価:評価55
    オルメトール40mg-20代後半で一気にむくみが!

    20代後半で一気にむくみが!

    むくみって若い頃は縁がなかったけど、油断してたら20代後半で一気にむくむようになって戸惑った(+o+)対処法なんて知らないし、オルメトールでささっと解決できて良かったです☆痛いとかではないけど、なんかだるくて嫌な感じですね…。


20180302214012.gif 
★商品説明
オルメトール40mgとは、主成分をオルメサルタンとした医薬品であり、この成分はアンジオテンシンIIの受容体に働くことでアンジオテンシンIIとその受容体が結合することを防ぎます。
オルメトールは、高血圧症のほか、糖尿病性腎症などの腎障害や心不全などの心疾患にも効果が期待できる医薬品でもあります。

20180302214108.gif 
★効果・効能
高血圧症治療薬オルメサルタンを主成分とするオルメトール40mgの効果は糖尿病性腎症や心不全にも効果が期待できることです。
オルメサルタンは、血圧を上げる作用がある体内物質アンジオテンシンIIの働きを抑えることで血圧を下げることができます。
薬理作用は、アンジオテンシンIIの受容体に働くことでアンジオテンシンIIとその受容体が結合することを防ぎます。
身体の血管が拡張し、水分と電解質の調節も同時に行いますから血圧が下がり、腎臓や心臓の負担を抑えることができます。
主成分であるオルメサルタンは、高血圧症治療だけではなく、糖尿病性腎症などの腎障害や心不全などの心疾患に効果が期待できます。

用法 
★用法
オルメトール40mgはアンジオテンシンIIの結合を競合的に阻害して血圧を低下させることから、高血圧症の治療によく使われています。
病状にもよりますが、心不全や糖尿病性腎症にも有効的と考えられています。
使用方法は成人の場合10〜20mgを1日1回服用し、年齢や症状により用量は変わりますので、医師の指示に従ってください。
症状が改善されても、自己判断でお薬を飲むのを止めないでください。
服用を中止することによって症状が悪化する可能性があるからです。
また、服用後に目眩やふらつきが起こる可能性がありますので、高い場所での作業や車の運転など危険を伴う行為には注意をしてください。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

オルメトール40mgは、アンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれるタイプの降圧薬で、主として高血圧症の治療に用いられます。
アンジオテンシンIIとはホルモン様の体内物質で、細胞質内にカルシウムを流入させて血管を収縮させ、血圧を上げる作用を持っています。
オルメサルタンは、体内物質の活動をブロックすることで、血圧の降下をもたらします。
高血圧症のほか、心不全や腎臓病の治療に用いられることもあります。
オルメトール40mgは比較的副作用が少なく、長期の治療にも適していますが、めまい・ふらつき・全身の倦怠感などの副作用を伴うことがありますので注意してください。

sss 

オルメトール40mg
関連記事