おくすり.com



★商品レビュー・体験談

  • 評価:評価55

    病院に行くほどでもないので

    健康診断で血圧を指摘されるけど、病院に行くほどではないんだよね~。なので予防も兼ねて飲んでます(*^_^*)一気に正常域になって快適です。

  • 評価:評価55

    賢く生活

    狭心症に使っています。ルーチンになってきた通院がだんだん面倒になってしまって(苦笑)処方してもらっていた薬と同じ成分のものを選びましたが、全く問題なく切り替えることができました( ̄∇ ̄)通販を使いながら賢く生きていきたいですね。

  • 評価:評価55

    使ってみて良かった

    いつ頃からかむくみやすい体質になってしまい、着圧タイツや半身浴を試してもあまり効果がなく、仕方なく薬を使うことに(+o+)でも今までのことを思うと、薬でむくみがすっかり良くなったので使ってみて良かったと思います(^_^)v

  • 評価:評価55

    血圧とむくみに

    血圧もちょっと高めなので、むくみ取りと同時にそちらの効果も期待して飲み始めました(^。^)どちらも期待以上に改善されて良かったです!とくにむくみはやっぱり見た目や感覚で実感できるので、すごくうれしいです。夜までブーツも怖くない!

  • 評価:評価55

    カルシガード

    狭心症の治療薬です。
    田舎暮らしで通院が大変なので通販で薬が購入でき、有難く思っています。
    今後も利用させていただきます。

20180302214012.gif 
★商品説明
カルシガード10mgとは、主成分をニフェジピンとした、狭心症や本態性高血圧症、腎性高血圧症の治療に用いられる医薬品です。
主成分であるニフェジピンは、血管を広げ血液の抵抗を少なくすることで、血圧を下げる効果があります。
また、カルシウム拮抗薬とも言われており、カルシウムが細胞内に移動するのを抑制して、筋肉がゆるむのを早める作用があります。
また、血圧を安定した状態に保つことができるので、狭心症や本態性高血圧症、腎性高血圧症の治療だけではなく、心臓病の予防効果もあります。

20180302214108.gif 
★効果・効能
カルシガード10mg、は狭心症や本態性高血圧症、腎性高血圧症の治療に用いられるお薬です。
カルシウム拮抗薬といわれ、カルシウムが細胞内に移動するのを抑制して筋肉がゆるむのを早める作用があります。
ニフェジピンを主成分とする薬で、カルシウムの作用を抑えて、心筋の緊張をやわらげたり、冠動脈の内腔をひろげる働きをすることから、狭心症や心筋梗塞の治療に効果効能があります。交感神経の興奮を抑えて血圧を下げる作用があることから、本態性高血圧症や腎性高血圧症の治療にも効果があります。
心臓の仕事量や心筋の酸素消費量を減少させて、冠状血管や末梢血管を拡張させ、血管にかかる負担を軽くする事により血圧を下げます。
血圧を安定した状態に保つことで、心臓病の予防にも使われます。

用法 
★用法
カルシガード10mgは、主に高血圧や狭心症をもった患者さんに処方される薬で、血圧を下げてくれる役目を持っています。
使用方法は、患者の状態によって変わりますが、一般的には1回10mgを1日3回経口服用します。
症状によって、増減を行いますが自己判断を行わず、医師の判断に任せて服用してください。
また、このお薬は非常に危険な薬であり、現在ほかに服用しているお薬があれば、必ず診察時に医師に相談してください。
また、飲み合わせが危険なものもありますので、医師に報告してください。
妊娠20週未満の人は、この薬が適さない場合もありますので、妊娠しているのであれば診察時に医師に相談することが重要です。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

カルシガード10mgは高血圧や狭心症の他、様々な病気の治療に使われるお薬です。
主成分のニフェジピンには、血管を広げ血液の抵抗を少なくすることで、血圧を下げる効果があります。
安全性や効果の高さ、年齢を問わず使用できることから用いられることの多い薬ですが、飲み始めにはほてりや動機、眩暈、頭痛といった副作用が出ることがあります。
飲み慣れれば収まる症状ですが、酷いようであれば医師の指示を仰ぎましょう。
また滅多には起こりませんが、重い副作用としては急激な血圧低下による意識低下や血液障害・肝臓障害といったものがあります。
眩暈や立ちくらみ、発疹、発熱、倦怠感などの初期症状には注意し、症状が強くなるようであれば、早急に医師に掛かるようにしてください。

sss 

カルシガード10mg
関連記事