おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
オリザ20mgとは、ジプレキサのジェネリック医薬品であり、オランザピンが配合されていますので効率よくうつ病を治すことができます。
セロトニン・ドーパミン拮抗薬に近似した非定型向精神薬で、多受容体作動薬(MARTA)とも呼ばれます。
うつ病を発症した際においては、抗うつ薬を使用して治療を進めるのが、一般的となります。
MARTAの一種となっている、オリザ20mgを服用すれば、比較的簡単にうつ病を改善することが可能となっています。

20180302214108.gif 
★効果・効能
オリザ20mgは、ジプレキサと同成分となるオランザピンですので同等の効果があります。
統合失調や双極性障害(躁うつ病)に使用されることがあり、有効成分のオランザピンが、脳内の神経伝達物質の受容体に働きかけることで心のバランスを整え、強い不安感やイライラを改善させ気分を安定させるなど、さまざまな精神症状に効果効能があります。
服用すると、立ちくらみや動悸・めまいなど人によって起こる副作用が異なります。

用法 
★用法
オリザ20mgは有効成分オランザピンを含むジプレキサのジェネリックで、MARTAという分類をされる統合失調症や、双極性障害などの心の病気に使用される薬です。
定型の抗精神病薬と比較して、MARTAに分類される薬剤は抗コリン作用などの副作用が少ないとされています。
使用方法は、通常、成人は5〜10mgを1日1回経口服用により開始し、症状の改善進行により1日1回10mg経口服用します。
なお、年齢や症状により適宜増減しますが、1日量は最大20mgとなりますので、こちらの薬剤は1錠で最大服用量に達します。
そのため、この薬剤から初める方は、分割して服用するなどの方法をおすすめします。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

オリザ20mgは「オランザピン」を主成分としており、統合失調症や双極性障害の改善における「うつ症状」などの改善に効果があるジプレキサのジェネリック医薬品で、多受容体作動薬(MARTA)とも呼ばれています。
基本的に就寝前に服用し、1日の服用量としては20mgを超えないよう注意が必要です。
また、服用した際に起こりうる副作用としては「発熱」や「脱力感」や「食欲不振」などが挙げられます。

sss 

オリザ20mg
関連記事