おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
デュゼラ60mgとは、サインバルタのジェネリック医薬品で、有効成分デュロキセチンを含みんでおり、これはSNRIと呼ばれるもので第4世代の抗うつ剤に属します。
SNRIとはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬の略で、脳内物質であるセロトニンとノルアドレナリンの働きを調節することによって精神症状を改善していく薬です。
適応はうつ病や糖尿病症の合併症である神経障害で、血糖値が高くなる事によって生じる神経細胞の障害を改善します。

20180302214108.gif 
★効果・効能

抗うつ薬で患者からの評価を得ているのが、サインバルタのジェネリック医薬品であるデュゼラ60mgとなります。
デュゼラ60mgに含まれているデュロキセチンと呼ばれる成分が、うつ病に効果効能を示します。
また、デュロキセチンについては、糖尿病にも最適の成分となっています。
このようにデュゼラ60mgは、多くの病気に活用されている優れた医薬品なので、積極的に活用することが大事です。
用法 
★用法
自身がうつ病を患ったとしても焦らずに対応するためには、病気に関する基礎的な知識を身につけておくことが大切です。
うつ病を発症してしまった際においては、SNRIと呼ばれる抗うつ薬を使用して治療をするのが、一般的となっています。
SNRIに属するデュゼラ60mgの使用方法は、通常成人は1日1回朝食後、40mgを目途に経口投与します。
1日20mgから開始し、1週間以上の間隔を開けて1日量として20mgずつ増量し、最大で1日60mgまで増量可能です。
薬剤の配合濃度に合わせてピルカッターなどを用いて分割されると良いでしょう。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

病気に関しては、早期に治療を施せば、比較的容易に完治させることができますので、この事を理解しておくことが重要となっています。
うつ病を発症した際においては、SNRIの一種である、デュゼラ60mgを活用することが大切です。
サインバルタのジェネリック医薬品であるデュゼラ60mgには、デュロキセチンという成分が配合されていますので、短期間でうつ病を治療することができます。
デュゼラ60mgを服用する際においての注意事項は、副作用です。
副作用の症状としては、吐き気や頭痛など様々なものが挙げられますが、大抵の場合はそれほど悪くならないと言われています。

sss 

デュゼラ60mg
関連記事