おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
ニューロタン100mgとは、血圧を下げる効果があり、主に高血圧症や高血圧および蛋白尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症の治療に用いられます。
ニューロタンの主成分であるロサルタンは、アンジオテンシンIIという血圧を上げる体内物質を抑える働きがあります。
また、蛋白尿を減らすなど腎臓を保護し、腎機能の悪化を抑える働きもあります。

20180302214108.gif 
★効果・効能
ニューロタン100mgはロサルタンカリウムを主成分としており、服用した際の効果効能としては、血圧を上げるアンジオテンシンIIという体内物質を抑制する効果があり、その結果として体内の血管を広げる効果を示します。
また、水分や電解質の調整をおこなうことで血圧の低下も促進すると共に、心臓や腎臓に対する負担も軽減することができます。
主な使用用途としては高血圧症の治療薬として用いられることが多いですが心不全などの心臓病や、糖尿病性腎症や腎硬化症などの腎臓病にも効果が期待できると考えられています。
ニューロタンを服用した際に起こりうる副作用には倦怠感や頭痛などが報告されており、それらの症状が発症した場合には服用を止め、速やかに医師や薬剤師に相談または診察を受ける必要があります。

用法 
★用法
ニューロタンはロサルタンカリウムを主成分とする内服薬です。
ニューロタン100mg、50mg、25mgが製品として販売されています。
使用方法ですが、通常、成人ならロサルタンカリウムとして25mg〜50mgを1日1回内服しますが、病状によって適宜1日100mgまで増やすことができます。
血圧上昇に関与するアンジオテンシンIIという体内の物質を抑える働きをし、高血圧の治療薬として用いられます。
またII型糖尿病の蛋白尿と高血圧を伴う糖尿病性腎症の治療薬として使用される場合もあります。
この場合も血圧値をみながら病状によって1日100mgまで増量することができます。
この他、心不全にも有効とされ、血圧を適正に保つことで、生活習慣病の予防となります。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

主な副作用として、めまい・頭痛・吐き気・嘔吐・ほてり・高カリウム血症・低血圧・無力症などが報告されています。
重い副作用はありませんが、薬が効きすぎると血圧が下がりすぎて強いめまいや立ちくらみを起こすこともありますので、高齢の方や血液透析中・利尿薬やほかの薬と併用するときなどは注意が必要です。

sss 

ニューロタン100mg
関連記事