おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
ディオバン40mgとは、主成分をバルサルタンとした医薬品です。
1日1回の服用で済むというメリットがあり、ARBと言われているタイプのお薬です。
主成分であるバルサルタンは、体内で産生されるアンジオテンシンII受容体に結合し、血圧を上げる作用を示すアンジオテンシンIIの血管を収縮させる作用を阻害し、血流を良くして高血圧症の血圧を下げます。
高血圧や心不全、糖尿病性腎症などの治療に用いられます。

20180302214108.gif 
★効果・効能

ディオバン40mgは、バルサルタンとも呼ばれ、高血圧や心不全、糖尿病性腎症などに用いられる薬です。
1日1回の服用で済むというメリットがあり、ARBと言われているタイプのお薬です。
この薬の効果効能は、アンジオテンシンという体内物質を抑える作用と言われており、これによって体の血管が広がり、血圧が下がるという仕組みの効果が期待できます。
主に高血圧で、糖尿病性腎症や、心不全については、予防の為に用いられます。
飲み合わせや食べ合わせに気をつけなければいけないお薬なので、使用をする際には注意が必要です。
また、アレルギーや他の持病がある場合には、医師と相談をした上で服用をするのが無難な薬でもあります。
用法 
★用法
ディオバン40mgはバルサルタンを主成分とした高血圧の治療薬です。
血圧の高めな方が適正血圧を保てるようにするためのお薬ですが、病状にもよりますが糖尿病性腎症や心不全への効果へも期待されています。
ディオバンの使用方法に関しては通常、成人は40〜80mgを1日1回服用しますが、年齢および症状に応じて服用量が増減し、最大1日160mgまでが服用量の上限とされています。
このお薬は、腎臓や心臓への負担を軽減されています。
高血圧症でお悩みの方であり、糖尿病や心不全に対しても心配の方には適していることも多いので、医師と治療方針や薬物の選択について相談されるとよいでしょう。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

ディオバン40mgは、主成分がバルサルタンの高血圧症の治療に用いられるお薬です。
体内で産生されるアンジオテンシンII受容体に結合し、血圧を上げる作用を示すアンジオテンシンIIの血管を収縮させる作用を阻害し、血流を良くして高血圧症の血圧を下げます。
主な副作用としては、めまい、動悸、頭痛、腹痛、空咳、吐き気、倦怠感、発疹、低血圧、そう痒(かゆみ)、光線過敏症などが報告されています。
このような症状が現れた時は、医師もしくは薬剤師に相談をしてください。
また、稀な重篤な副作用として、顔面や唇、咽頭や舌の腫れ、食欲不振、黄疸、手足のむくみ、意識消失、手足の麻痺などはその初期症状の恐れがあります。
このような症状が現れた時は、すぐに服用をやめて医師の診断を受けてください。

sss 

ディオバン40mg
関連記事