おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
ブロプレス12mgとは、カンデサルタンという物資が主成分の薬です。
主に高血圧などの治療に用いられます。
末梢血管の抵抗を下げて血圧を下げるのが特徴です。
この薬は持続性に大変優れ、1日1回の服用で済みます。
一般的な高血圧症の場合、ブロプレス12mgが1日の最高量とされており、少量の服用から始めて様子を見ながら少しずつ量を増やします。

20180302214108.gif 
★効果・効能
高血圧が様々な病気のリスクになることはよく知られています。
血圧を下げるには降圧薬と呼ばれるものが一般的に使われますが、カンデサルタン成分を配合したブロプレス12mgもそうした薬の一つです。
この薬の大きな効果効能は、やはり血圧を下げることです。
体の血管を広げて血流の抵抗を抑え、血圧を下げていきます。
飲み始めは血圧が下がることにより、めまいなどの症状が出ることもあるので少量の服用から始めていきます。
体の状態に応じて、ブロプレス12mgまで増量することが出来、長期にわたる治療でも心強い味方となります。
血圧は糖尿病性腎症や心不全とも関わりが深いですが、ブロプレス12mgはそうした病気の治療でも使われることがあります。
血圧を下げることによって、臓器の負担を多少なりとも軽くすることが出来るのです。

用法 
★用法
主に高血圧症の治療に使用されるのがブロプレス12mgです。
血圧を下げる効果を持ちます。
この薬は糖尿病性腎症や中程度までの心不全の治療でも使われることがあります。
こういった病気の場合には、各臓器の状態に目を配ることが大切になり、より少量での服用となります。
カンデサルタン成分配合のこの薬の効き目は大変良く、まれに血圧が下がり過ぎてしまうことがあります。
そのために、通常は少しの量から飲み始め、問題がなければブロプレス12mgまで増量することが出来ます。
副作用などは少ないとされる薬ですが、使用方法にはいくつか注意が必要で、きちんと決められた量を守ることが求められます。
飲み忘れたとしても、決して2回分を一度に飲むなどしてはならず、医師や薬剤師の指示に従うことが大切になるのです。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

カンデサルタンという成分が配合され、血圧を下げる効果を持つのがブロプレス12mgです。
2mg程度から服用を始めるのが普通で、定期的な血液検査などを参考に徐々に12mgまで量を増やしていくことが出来ます。
このブロプレス錠は他の降圧薬に比べると咳などの副作用がないことで知られています。
ですが、人によっては効き目が現れすぎて血圧が下がり過ぎてしまい、めまいや立ちくらみなどの症状が出ることもあります。
ですので、日頃車の運転や機械の操作などをする人にとっては少し注意する必要のある薬です。
ブロプレス錠は持続性に優れており、1日に1回の服用で済む薬ですが、決められた量を守ること、自己判断で薬をやめないこと、などいくつか服用上の注意が必要です。

sss 

ブロプレス12mg
関連記事