おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
タナトリル10mgとは、主成分としてイミダプリル塩酸塩が配合されています。
通常、高血圧症や糖尿病による腎症の治療に用いられます。
血圧を上げるアンジオテンシンIIという体内物質の生成を抑制し血圧を下げる作用があることから、一般的に高血圧症の治療に使われています。
この他、症状によっては心不全や糖尿病性腎症にも効果を発揮します。
なお、長期臨床試験により予後効果が良いと証明されている成分となっています。

20180302214108.gif 
★効果・効能
タナトリル10mgの主成分であるイミダプリルは血圧を下げる効果効能があります。
体内で血圧をあげるアンジオテンシンIIという物質の生成を抑えるより、体の血管が広がり、また水分や電解質が調整されて血圧が下がります。
心臓や腎臓の負担を軽くする効果もあります。
この薬は主に高血圧症の治療に使用されています。
病状煮も寄りますが、心不全などの心臓病、または腎硬化症や糖尿病性腎症などの腎臓病にも有効です。
血圧を適切にたもつことは将来おこるかもしれません脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことに繋がります。
タナトリル10mgは基本に血糖、尿酸、脂質などに影響しません。
年齢を問わず広く使用することができます。
心不全や腎不全、糖尿病性腎症においても、有効性が示されています。

用法 
★用法
イミダプリル塩酸塩を主成分とする内服薬です。
服用する時は、原則として食後に服用します。
その際は、効果が変化する可能性があるため噛んだり潰したりせず、十分な水と一緒に飲みます。
服用回数や量に関しては、自分の判断で勝手に変更したりせず、医師の指導のとおりにきちんと使用方法を守ることが大切です。
また、タナトリル10mgは他の薬との飲み合わせによって副作用が起きる危険性があります。
別の降圧剤や利尿剤を服用している方は特に注意が必要です。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
タナトリル10mgは血圧を下げるお薬で、主に高血圧症の患者さんに使用されます。
副作用としてもっとも起こりやすいことは咳。咳はあまり心配はいりませんが、激しかったりつらかったりする場合は医師に相談するようにしてください。
また、重い副作用として血管浮腫(顔や舌、のどなどが腫れて、ものが飲み込みづらくなったりする病気)や急性腎不全が起きる場合があります。
特に血管浮腫に似た症状を感じた場合は、大事をとって医療機関へ受診することをお勧めします。
もともと腎臓の悪い人は高カリウム症(手足のしびれや脈の乱れ等が現れる病気)にも注意するようにしましょう。
この薬を処方されている間は定期的に受診するようにしましょう。
症状にあった薬が処方され、正しく使用している中で重い副作用が起きることは滅多にありません。
安心して決められたとおりに使用するようにしてください。


sss 

タナトリル10mg
関連記事