おくすり.com



★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
レメロン15mgとは、精神的な症状を緩和する目的で用いられているお薬で、四環系抗うつ薬NaSSAと呼ばれるミルタザピンを主成分とする睡眠導入剤、抗うつ剤です。
NaSSAは脳内のノルアドレナリンとセロトニンの量を増やすことでうつ病の症状を改善させる新しい薬です。
脳内のノルアドレナリンが増えると意欲を高め、セロトニンが増えると不安感が無くなり気分が楽になります。
特にセロトニン増加で気分が楽になる効果は、睡眠障害などで十分な睡眠がとれない人に睡眠導入剤として処方されることもあります。
もし継続的に使用する場合には、薬価が安いジェネリック医薬品をお勧めします。

20180302214108.gif 
★効果・効能
レメロン15mgは、有効成分ミルタザピンを含有する四環系抗うつ薬で、その効果効能はうつ病やうつ状態などの症状を改善する作用がある上に、その鎮静効果から不安を和らげ、睡眠導入剤なしでも睡眠を促す作用もあります。
抗うつ剤は効果が出るまでに時間が掛かる傾向にありますが、この種の治療薬は三環系抗うつ薬やSSRI、SNRIと比較すると即効性があり服用開始から4日程で効果が現れます。
ただし、構造上は四環系抗うつ薬ですが添付文書ではNaSSAに分類されています。

用法 
★用法
これらの使用方法としましては、専門医の処方によって用いられるようになっているのですが、所定の用法、用量に従って、主に就寝前に服用するようになっています。
通常、成人には1日1回15mgを初期用量とし、就寝前に服用します。
年齢や症状に応じて増量が可能ですが、1週間以上の間隔をあけて1日用量として15mgずつ行い、最大量は1日45mgまでとなります。
眠気を伴う内容となっておりますので、自動車の運転や高所作業などは避けるように注意が出ています。
それぞれの方の状態に応じた形で、詳しくはお近くの専門医にご相談してください

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

レメロン15mgは睡眠導入剤としても使われるNaSSAまたは四環系抗うつ薬の一種です。
成分にミルタザピンを含んでいます。
四環系抗うつ薬は従来のメカニズムとは違った区分わけがされており、特徴として即効性があり副作用も従来の三環系の抗うつ薬と比べると軽減されていることで人気となっています。
ただし、副作用が少なくなったといってもなくなっているわけではありません。
主な副作用としては、主に眠気や口の渇き、倦怠感などといった副作用があります。
ただし、睡眠導入剤として用いられる通りレメロン15mgの使用方法としては寝る前の1回服用ですむメリットがあり、服用することで眠れるようにできるので不眠解消に効果がある点で非常に人気にもなっています。

sss 

レメロン15mg
関連記事