おくすり.com



★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
バスピン10mgとは、非ベンゾジアゼピン系となる抗不安剤であり、全般性不安障害などの治療にも用いられている医薬品です。
特にわけもなく不安な状態が長く続いたり、活発に行動することが億劫になったりする状態を全般性不安障害と呼び、こういった精神疾患をお持ちの方の治療にとても優れた効果を発揮します。
仕事のストレスなどが原因で、こういった精神疾患を抱えることが多くなった昨今において、こちらの医薬品は大変多くの方が利用しています。
また、こちらは先発医薬品のバスパーと同じ成分で作られたジェネリック医薬品となりますので、値段がとてもお安くなっており、継続的に治療が必要となるうつ病の治療においては、大変お得に利用していくことのできる商品となっています。

20180302214108.gif 
★効果・効能
効果効能としては、セロトニン5-HT1A受容体における部分作用による抗不安作用が、セロトニン5-HT1A受容体の継続的活性をもたらし、セロトニンの放出を促して濃度を維持するという働きを持っています。
これと同時に脳内におけるドパミンおよびノルアドレナリンなどの物質を増幅し、神経伝達を活性化させるため気分を明るくして不安な気持ちを緩和させるという仕組みです。

用法 
★用法
バスピン10mgは抗うつ薬として使用することもできます。
有効成分はブスピロンとなっており、成分量には5mgと10mgがあるので自分に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。
使用方法は、まず一週間という期間を定めて1日1回20mgを服用するようにし、服用をやめても症状が改善されないようであれば1錠ずつ薬を増やしていくようにします。
1日の最大服用量は45mgとなっており、24週間以上続けて使用しないようにしましょう。
また、服用を忘れた場合はそのままにしておき、医師からの指示がない限り服用量を変えないように注意が必要となっています。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
バスピン10mgは、非ベンゾジアゼピン系の抗不安剤で抗不安剤だけでなく抗うつ薬としても使用されています。
主成分はブスピロンで、GABA受容体に作用し、神経を落ち着けさせたり、不安や緊張をほぐす効果があります。
バスピン10mgの副作用としては、目眩や吐き気、疲労、下痢、味覚の変化、口の渇き、経血量の変化などがあげられます。
眠気や集中力の低下が副作用として現れる場合があるため車の運転などは控えるようにします


sss 

バスピン10mg
関連記事